【試合】前評判・結果・戦評

G大阪FWパトリック、今季7点目…意地の“おしゃれ”ヒール弾に反響 「ビューティフルゴール!」

記事の内容

G大阪は鳥栖戦で1-1のドロー 後半32分にFWパトリックが同点弾を挙げる

ガンバ大阪は29日、J1リーグ第31節サガン鳥栖戦で1-1の引き分けに終わった。前半から何度も決定機を作るなか、先制点を奪われたが、後半32分にチームの得点源であるブラジル人FWパトリックが意地のヒールシュートで同点弾挙げた。

試合は序盤から動く。前半11分、自陣でパスカットされるミスから鳥栖のユース所属18歳FW相良竜之介に先制点を奪われた。その後G大阪は何度かチャンスを作り出すものの、相手GK朴一圭の好セーブにも阻まれなかなかゴールは割れず。0-1で前半を折り返した。

後半になっても6得点のパトリック、FW宇佐美貴史を中心にG大阪は反撃する。すると、同32分、途中出場のFW渡邉千真から右サイドをDF髙尾瑠がDFの裏を飛び出し、中央のパトリックへパス。走り込んだパトリックはヒールで決めてようやく同点に追いついた。

この日、パトリックが放ったシュートは6本。得点源として今季7点目を挙げた背番号18のゴールについて、DAZN公式ツイッターは「ついにこじ開けた!! パトリックストライカーの意地 右からのクロスをヒールで流し込み、待望の同点ゴールをもたらした」と紹介している。パトリックのゴールを速報したクラブの公式ツイッターでもファンから「尽くGKに止められてたけどやってくれた!!!!」「おしゃれ!」「ビューティフルゴール!!」と称賛のコメントが寄せられた。

前節の川崎フロンターレ戦では惨敗を喫し、目の前で優勝を遂げられたG大阪。頼れるFWの一発で勝ち点1を掴み取り、2位をキープしている。

Football ZONE web編集部

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

昨日は勝ちたかった。
失点シーンの矢島は完全に不用意だったし、高尾と東口は責められない。
前半もしくは後半の早い時間帯に追いつけてれば勝ち越せた気がするけど、攻撃戦術「パトリック」ってのは少し物足りなさが感じられるが、山本、井手口、小野瀬がいない中盤ではああなってしまうのかな。
昨日の試合は改めて攻撃において山本の存在感が感じられる試合でした。

 

2:名無しさん@さかまと!

パトリックて本当に努力の人だと思うわ。
足もとて才能だとおもってたけど、パトリックみてるとちがうんだなあと思った。

 

3:名無しさん@さかまと!

昨日はショックと怒りでむしゃくしゃしてたけど、まだ何も得てはないけど、失ってもない!パト、ナイスゴール!

 

4:名無しさん@さかまと!

欲をいえばヘディングでの好機でもう1点とってほしかった

 

5:名無しさん@さかまと!

ナイスゴールパトリック!

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.