特集・コラム・インタビュー

自由奔放だったオシムさん 道の駅を見つけると大人買い&「数独」渡すと集中しておとなしく

記事の内容

日本代表監督を務めたイビチャ・オシムさんが5月1日、オーストリア・グラーツで亡くなった。享年80。2006年に惨敗したドイツW杯後、日本代表の監督に就任し、07年に脳梗塞を発症し、退任するまで日本サッカーの強化に尽力した世界的な名指導者だった。

 そんなオシムさんが日本代表監督を務めていた当時、日本サッカー協会のスタッフは自由奔放な指揮官に困惑していたという。Jリーグの視察で地方都市に車で出向いた際のこと。途中で道の駅を見つけると「ちょっと止まれ」と言うと、地方物産を物色し、屋台でつまみ食いした上でご当地野菜や魚を〝大人買い〟。試合開始に間に合わなくなると伝えても「まだ大丈夫だろ」と商品を吟味し続けた。

 結局、スタジアムへの到着は試合開始ギリギリになることが多く、同行したスタッフは「オシム監督が試合に遅刻とか書かれなくて良かった。キチンと送り届けるのがスタッフの仕事だから」と話すように毎試合、ドキドキだったそうだ。視察を終えて、オシムさんとの別れ際には「ほら」と自らが買い込んだ商品をおすそ分けしてくれるなど、スタッフへの配慮も欠かさなかったという。

 そんな気配りを見せる一方で、頑固な面もあった。初めての日本代表メンバー発表の記者会見では通常23人のメンバーを選ぶところ、わずか13人しか選出せず「選べなかった」と開き直り、試合に向けてテレビ局のインタビューを受けた際に「ファンへひと言」と問われると「何でそんなことを言う必要があるんだ?」と難色。テレビ局は番宣用のコメントを求めており、同行した協会スタッフも困惑し「オシムさん、お願いします」と頭を下げたが、最後まで拒否したそうだ。

 エピソードには事欠かないように、当時のスタッフは「選手よりも手がかかる」オシムさんに振り回されることも多かった。そんな指揮官がサッカー以外に熱中したのは「数独」だ。3×3のブロックに区切られた9×9の枠内に1~9の数字を縦、横で重ならないように入れていくパズルゲームだが、移動中や待機中などに文句を言いがちなオシムさんに渡すと「集中して解くのでおとなしくなる」という。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb6fcdebeb860e7ff4bb1b04341468763b549d01

 

1:名無しさん@さかまと!

オシムさんは哲学者のような人だったから変わっていたのかも?でもそれが良かった。
選手に考えさせるサッカーをさせようとしていた。就任期間が短かったため選手にその考えが根付いたとは言えないが短い期間でも彼に日本代表監督やってもらえて本当に良かった。
ただ惜しむらくは代表監督全うしていたら日本代表がどのように変わったか見てみたかった。

 

2:名無しさん@さかまと!

亡くなった今では改めて愛すべき人柄だった。わがままで困らせても自分本位ではなかったので周囲からも理解され、尊敬されていたのだろう。もっと長く日本にいてくれたらと思わずにはいられないが、それも運命。彼が残してくれた遺産は色々な形で継承されていくのだろう。

 

3:名無しさん@さかまと!

道の駅に寄るようになったのは
ジェフの監督時代に千葉県内の、
とある道の駅に立ち寄ってからのようですね。
そこのお店の方と仲が良くなり
オシムさんはちょくちょく行くようになったと
他の記事で知りました。

 

4:名無しさん@さかまと!

これぐらいの頑固さがなければ、あのサッカーやあの代表選出はできないだろうな。巨大スポンサーやらお偉いさんやらからの圧力も相当だろうから。

 

5:名無しさん@さかまと!

日本での生活を楽しんでくれていたのならよかった

 

6:名無しさん@さかまと!

屁理屈ジジイの話を聞くのが好きだった
思い上がったマスコミをよくブッ倒してくれた
爽快だった
屁理屈が聞けなくなるのは寂しいな

 

7:名無しさん@さかまと!

老人のように頑固で
子供のようにかわいくて
ホントに人間臭さい人だったのですね
周りのひとも、振り回されながらも、ほっとけなくて
皆オシムさんが好きだったんだな

 

8:名無しさん@さかまと!

ヨーロッパで監督をするにはこれぐらいの変人でないといけないのかもね。

 


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.