特集・コラム・インタビュー

元通訳が明かす、「オシム監督」が遺した日本のサッカーが目指すべき道

記事の内容

 5月1日、80歳で亡くなった名将イビチャ・オシム氏。彼がサッカー日本代表監督に就任して以降、日本サッカー協会アドバイザーを退任するまで(2006年7月~2008年12月)、傍らで専任通訳を務めたのが、国際ジャーナリストの千田善氏(63)だ。東大卒業後、旧ユーゴスラビアのベオグラード大学政治学部大学院に留学した千田氏の専門は、国際政治、民族紛争、異文化コミュニケーションなど多岐にわたる。自身も元サッカー選手で、サッカーへの造詣も深い。今回、改めてオシム監督との思い出を語ってもらった。

「日本だから来たんだ」

 元々、オシムさんは日本という国に興味を持っていました。実際、ジェフ(ジェフユナイテッド市原)の監督に就任するにあたって、「日本だから来たんだ」と言っていました。1964年の東京オリンピックに、旧ユーゴスラビア代表として来日した際の記憶が、いい思い出として残っていたようです。

 選手村からマラソンコースを辿るサイクリングに出かけたとき、当時は畑が広がっていた現在の「味の素スタジアム」のあたりでひと休みしていたら、おばあさんがやってきて梨を食べさせてくれた、と。初めて食べた西洋梨とは違う日本の梨の味や、突然、見知らぬ人から受けた親切が、とても印象深かったそうです。

 オシムさんは異文化への好奇心が旺盛な方でした。それは、多民族のひしめくサラエボで育った過去が強く影響していたのではと思います。母親からは「自分と異なる文化へのリスペクトを持て」と言われて育ったとも。

 旧ユーゴスラビア出身の方の中には、魚が苦手な方もいますが、オシムさんはそうではありませんでした。むしろ、自分でアジなどを買ってきて、三枚におろしてしまうほどの魚好きで、もちろん、お刺身もいけます。納豆以外はあらゆる日本食が好物でした。

 コーチ会議では、「ただ大量の水を運べばいいわけではない。おいしい水でなければいけない。泉から湧いたばかりの、冷たい水だ。日本にもワサビを栽培する泉があるだろう。ああいうところの水だ」と言い出し、スタッフたちを驚かせたこともありました。どうして「ワサビ田」のことまで知っているのか、と。

サッカーと数学の二刀流

「ワサビ田」の例にかぎらず、オシムさんは常にエスプリに富んだ発言が溢れ出てくる方でした。サッカー監督であったのと同時に、ヨーロッパの一流知識人でもあったんです。母語だけではなく、フランスで8年間プレーした経験からフランス語を、オーストリアで監督を9年間務めたことでドイツ語を流暢に操ることができます。英語もある程度はいける。そのため、八重洲ブックセンターでフランスの国際情勢を報じる月刊紙「ル・モンド・ディプロマティーク」、ドイツの週刊誌「デア・シュピーゲル」などを買ってお届けするのも私の仕事でした。

 オシムさんは18歳から20代前半にかけて、地元サラエボのプロクラブのトップチームでプレーする一方、サラエボ大学の理数学部数学科で学んでいました。いまで言う二刀流ですね。担当教授からは研究職に進むことを勧められたそうですが、大学3年生の頃からサッカー選手としての出場給が増え、ユーゴスラビア代表として東京オリンピックに出場したことをきっかけに、悩んだ末、大学を中退しています。サッカーのプロになっていなければ、数学者になっていたことでしょう。

嫌いだった2つの日本語

 日本語についても、人前で話すことはしませんでしたが、それなりに理解をしていたと思います。何について、どのような文脈で話されているかくらいは、だいたい把握できていた。なかでも嫌いな日本語があって、それは「切り替え」と「しょうがない」という単語でした。

 よくミスをしたり上手くいかなかったりした時に、「しょうがないから切り替えて、次にいこう」なんて言うじゃないですか。これがダメなんです。オシムさんは、「失敗そのものはきちんと認めなくてはいけない。しかし、なぜ失敗をしたのか、その原因をきちんと考えて、次に同じ失敗をしないようにならなくてはいけない」という考え方でした。だからこそ、「切り替え」と「しょうがない」という2つの日本語には鋭く反応して、「そうではない」と言い返すんです。

 いまでもオシムさんが日本で愛されている理由は、発言がサッカーという枠を超えて、優れた日本社会論になっていたからです。それは単に苦言を呈する、という種類のものではありませんでした。厳しい発言であったとしても、本質は、もっと自信を持てと我々を励ましてくれるものでした。

日本人の良さを活かしたサッカー

 オシムさんが就任する前、日本代表は06年のドイツW杯で惨敗し、日本におけるサッカーを取り巻く空気は暗いものになっていました。極端な言い方をすれば、そもそも日本人にはサッカーは向いていないんじゃないか、というくらいの重い雰囲気がありました。

 しかし、オシムさんは「そうじゃないんだ」と言ってくれた。日本人には俊敏性や組織力などの優れた資質があるのだから、もっと自信を持ちなさいと、励ましてくれたんです。ただし、それと同時に、指示を待つだけではいけない、もっと責任を持って自分で判断をしていかなくてはいけないと、弱点も指摘してくれていた。

 そして、一番の功績は、当時の空気を変えただけではなく、いまに繋がる、日本人の良さを活かしたサッカーとは何なのかを考え、日本ならではのスタイルの確立を目指すという、強化の方向性を示してくれたことでしょう。

 現在のサッカー協会は、オシムさんの監督時代に強化スタッフとして影響を受けた人たちが中枢を担っています。それは、現在のトップの田嶋幸三会長が、オシムさんが監督に就任した際の技術委員長だったことからも明らかです。いま、サッカー協会は「Japan’sWay」という標語のもとに、日本人らしさを目指すことを強化の方針として挙げていますが、これなどは明らかにオシムさんの影響によって生まれたと言えるでしょう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5356de9b53b71443eace53b5904a14885654b37c

 

1:名無しさん@さかまと!

今はオシムさんの時代とはずいぶん変わっているからな。
多くの代表選手が、遠路はるばる長時間移動をして合流。2、3日で試合…
正直コンビネーションどころではないよ。
知名度より国内の強豪チーム出身者をベースとして(さらにシステムもそれらしくして)くみ上げるのが、現在の代表選手の状況では正解。

 

2:名無しさん@さかまと!

オシム監督は日本人らしさを活かすために日本人らしさを捨てることも求めた。
今の日本代表は確かに日本人らしいチームになってはいるが、そこが終着点になってしまっている。
オシム監督はしきりにリスクを冒せと言っていた。
日本人はリスクを嫌うところがある。
しかしリスクを冒した時にこそ日本人本来の良さが活きる。

 

3:名無しさん@さかまと!

つくづくオシムさんの目指した日本サッカーの最終形を見たかった。
今の日本サッカー代表にどれだけ魅力的なのか。
金の儲けの匂いが強い。Japan’sWayなどはどこへやら。
代表戦が地上波でやらない現実。T氏の独裁が有る限り衰退の路は避けられない。
錬金ばかり也。体質改善が優先すべき。

 

4:名無しさん@さかまと!

よくスポーツ見ていて敗戦すると「切り替えてー」との言葉を耳にするが、「敗戦理由をしっかり分析して同じ過ちは繰り返さないように次に備えます」がオシムさんの正解なんですね。

 

5:名無しさん@さかまと!

失敗の原因を突き詰めないと成長しないのはどんな仕事でも同じだね

 

6:名無しさん@さかまと!

実力、実績、そして人間性、みんなから慕われる全てを持った方。

 

7:名無しさん@さかまと!

Japan’sWayの追求
受け継がれているだろうか?
天国のオシム氏が悲しまないよう、改めて考えてもらいたいなあ…

 

8:名無しさん@さかまと!

オシムサッカーの理解の先が現代表のサッカーであるわけがない

 

10:名無しさん@さかまと!

確かにオシムさんの発言はサッカーのことを言っているようでも、社会や文化についてのコメントにも聞こえる部分があった。
その教養や知識のバックボーンに納得した。

 


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.