未分類

【朗報】柏FWオルンガ「Jリーグを広めるために努力したい」

柏FWオルンガをFIFAが特集 「驚異的な活躍を見せている」と絶賛


J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガが国際サッカー連盟(FIFA)の取材に応じ、「Jリーグを広めるために一層努力したい」と日本で戦う決意を新たにしつつ、成功の要因についても語っている。

 現在26歳のオルンガは2018年夏にスペインのジローナから柏レイソルに加入し、1年目はリーグ戦10試合3ゴールの結果を残した。2年目はリーグ戦30試合に出場すると、得点ランキング2位の27ゴールと叩き出し、チームをJ2優勝&J1昇格へ導いた。

 ケニア人初のJリーガーとなったオルンガの特集を組んだFIFAは、「柏では2019年11月24日の京都サンガF.C.戦で13-1の勝利を収め、8ゴールを挙げたパフォーマンスが物語るように、オルンガは驚異的な活躍を見せている」と絶賛している。

 オルンガの活躍で記憶に新しいのは、昨季J2リーグの最終節・京都戦の爆発ぶりだろう。圧倒的な存在感を放ったオルンガは前半だけでハットトリックを達成し、後半にも5ゴールを重ねて、Jリーグ記録となる1試合8ゴールの金字塔を打ち立てた。オルンガも「正直なところ、あの試合で8ゴールも決められるとは思っていなかったよ。ハットトリックすることが目標だったからね」と振り返っている。

 オルンガにとってJリーグ挑戦の意味は大きいという。「今ではケニアの誰もがJリーグのことを聞くと、僕のことを思い浮かべるようになっている。アフリカ大陸にJリーグを広めるために一層努力したいし、それは日本サッカーの成長にとっても素晴らしいことだ」と使命感を抱いており、さらなる活躍を期している。

「柏のキング」たる所以、コロナ騒動に直面も成長に貪欲「改善するのに良い時期」

 柏のエースとして今季もフル稼働が期待されるオルンガは、今季J1開幕節の北海道コンサドーレ札幌戦でも2ゴールをマークするなど相手に脅威を与え、4-2の勝利に貢献している。

 幸先の良いスタートを切ったオルンガだが、新型コロナウイルスの影響で開幕節後にシーズンは中断。Jリーグが再開に向けて協議を進めており、様々なプランが浮上しているが、いまだ目途は立っていない。選手にとってもどかしい時期が続くものの、オルンガは「ピッチの上では完璧にできない部分を改善するのに良い時期なのかもしれない」と前を向く。

 FIFAが「柏のキング」と称する所以がここにある。貪欲に成長を求めながら異文化に適応し、ピッチで自らの能力を存分に披露する姿は、まさにストライカーの名にふさわしい。オルンガは成功法則について持論を展開し、「成功の要因は、すべて失ったと感じたとしても、とにかく集中し続けることだ。1日の終わりに、何か偉大なことを成し遂げることができると信じること」と力を込めた。

 1試合8ゴールのJリーグ新記録を打ち立てたケニア代表FWは、どんな状況に直面しても成長を求め、ピッチ上で自分のプレーを表現する日に向けて静かに牙を研いでいる。

Football ZONE web編集部

元記事:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00258305-soccermzw-socc

この記事に対する反応

 

ここまでJリーグ、そしてレイソルに対して強い気持ちをもってくれるのは本当にありがたい
アフリカ、日本での知名度はもちろんだし、ヨーロッパでも注目が集まってると思うから、J1でもぜひ活躍してJリーグを盛り上げてほしい

 

 

プレーはもちろん凄いけど
人間性が良くて好きです
今年も大暴れしてくれることを楽しみにしてます

 

 

クリス、オルンガをはじめとした昨年J2で戦ってくれた選手にはずっとレイソルにいてほしい。
早く再開して、このチームがこの後どこまでいけるのか見たいな。

 

 

他の選手との身体能力を含めた能力の違いに、元G大阪のエムボマを思い出す。

 

 

嬉しいね、日本てより柏の環境だろうね。

 

 

早く再開しないかなぁ。
またオルンガのゴールでチャント歌いたいよ。

RSS フットボールアンテナ

-未分類
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.