特集・コラム・インタビュー

“飲水タイムなし”という決断…広島・城福監督「連続したサッカーを見せたい」試合前に横浜FMと合意

記事の内容

[3.7 J1第2節 横浜FM3-3広島 日産ス]

 3-3の打ち合いとなった横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島の一戦では、水分補給用の飲水タイムが取られなかった。試合後、広島の城福浩監督が「サッカーを長くしたいという思いがあった」と両チームで事前協議があったことを明かした。

 Jリーグでは新型コロナウイルスの影響を受けた昨季の中断明け以降、前後半の20~25分ごろにそれぞれ1分間の飲水タイムを設けている。感染拡大防止のためピッチ脇の給水ボトルの数が制限されている中、選手たちが十分な水分補給をできるよう配慮した措置だ。

 一方、飲水タイムの導入によるデメリットもある。中断のたびに試合の流れが止まってしまい、サッカーの魅力が損なわれるという問題だ。そのためJリーグでは今季から、気温や湿度によって算出されるWBGT値が一定基準以下の環境に限り、両チームの合意があれば飲水タイムを設けないことが可能となっている。

 7日に行われたJ1第2節の横浜FM対広島戦では、この規則どおり、両チームの事前協議で飲水タイムを取らなかった。城福監督は「われわれもマリノスも給水タイムがいらないと考えた。アクチュアルプレーイングタイムを長くしたい、サッカーを長くしたいという思いがあって、給水タイムを取らなかった。連続したプレー、連続したサッカーを見せたい思いが一致した」と意図を明かした。

 試合は広島が前半27分までに2点を先取し、3-1でハーフタイムを迎えたが、後半は横浜FMが2点を奪い返して3-3の引き分けで終了。両チームともにシュート数二桁を記録した打ち合いの裏には、サッカーの魅力を高めるための配慮もあったようだ。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

今の季節だと飲水タイムなくても
大丈夫そうだけど
暑くなってきたら必ず設けてもらいたい
飲水タイムによって怪我が少なくなったり
痙攣が少なくなればいい試合になると思う

 

2:名無しさん@さかまと!

条件を満たして両チー厶合意なら問題ないと思う。しかしサンフレは純粋なサイドバックがいないので4バックが合っていない。
1失点目は荒木・野上の距離間が中途半端だった。3バックに戻しジュニオールサントスを1トップにした方が良いと思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

監督の思いは分かるけど、そこに選手の合意はあったのかな?
基本的には、選手の為にあるものだから。

 

4:名無しさん@さかまと!

飲水タイムがあった方が選手のパフォーマンスが落ちにくくなると思うので、個人的には飲水タイムはアリだと思う。
観客も一緒に飲水出来て一休み出来るし。

 

5:名無しさん@さかまと!

これは選手の意見を尊重すべき。後半終了間際に露骨な時間稼ぎしながら、連続したサッカーとは矛盾してるわ。

 

6:名無しさん@さかまと!

オフサイドディレイなどVARに取られる時間に比べれば大した時間じゃないと思うが。

 

7:名無しさん@さかまと!

監督がどう考えるのかは自由だけど、試合をやるのは選手だからね。まずは選手の体調を一番に考えて欲しい。

 

8:名無しさん@さかまと!

コロナウィルスも普通のウィルスと同じ方法で防げると仮に考えた時にこまめに水分を摂ることが大変有効になるから飲水タイムを行っていると思っていました。
医学的な予防法も積極的に取り入れているからJリーグって凄いなと思っていたのですが違ったのですね。

 

9:名無しさん@さかまと!

これを美談にしてはあかんと思う
何のために飲水タイムを導入しているか。
感染対策や選手の体調を考慮して導入しているのなら、その対策が万全にできていたのか
そこまで調べて書いて欲しい

 

10:名無しさん@さかまと!

バスケのチャージドタイムアウトみたいなのあっても良いと思うけどね。
45分をフルで走り回るのは辛いだろ
パフォーマンスUPと怪我防止にも良いと思うけど

 

11:名無しさん@さかまと!

交代枠5や飲水タイムはコロナで始まった事だけど継続してってもいいんじゃないかな
交代枠5は積極的な交代が出来て見てるほうとしては面白いし飲水タイムも合意があれば別だけど基本的にはあった方がいいと思うし

 

12:名無しさん@さかまと!

導入当初は「何が飲水タイムやねん」って思ってたけど、試合を重ねるにつれてその重要性がわかってきて、今では新しいサッカーを観ているようで楽しいです。

 

13:名無しさん@さかまと!

連続して攻められてはどうしようもない。
守り切るなら5バックに切り替えてもいいんじゃない。
でも今日のメンバーでは荒木を替えたから
DFいなかったしね。
監督は的確に選手に指示だしてるんですかね。

 

14:名無しさん@さかまと!

プレイタイム伸ばしたいとか言っておきながら同点の場面で大迫は何であんなにチンタラゴールキック蹴ってたんだ?
チームが勝ってないのにあんなプレーする選手がいるうちは優勝は絶対ないよ。

 

15:名無しさん@さかまと!

まぁ、城福さんの場合、飲水タイムで戦術修正するとかそう言うのないもんね。
それなら、相手からその機会を奪うのがいいのだろう。
ま、理には適ってるわ。

 

16:名無しさん@さかまと!

意味がわからない。
飲水タイムの設定は、間接接触によるコロナの感染を防ぐ目的が大きく、夏場の脱水を防ぐためにも有益という、選手の健康を守るためのものだったと思う。
選手の健康を守るために必要でなくなったという判断でなくすのならわからないでもないけど、試合のエンターテイメント性の観点からなくそうというのは、当初の導入目的を無視した判断ではないだろうか?
選手の健康は守れるのか?

 

17:名無しさん@さかまと!

各国リーグで自己裁量とかあってもいいけどさ、極力サッカー主要国リーグやW杯の試合運営に準じるのが良くない?

 

18:名無しさん@さかまと!

飲水タイムいいけどね。選手も水分をしっかりとったり、怪我の状態ネット確認したりできるし。あと、監督の指示を確認できて、なんか、良い制度だなと思った。ポジションによっては、うまく水飲めてない事もあるだろうし。監督のエゴに見えてしまう。選手は大丈夫と回答してしまうだろうから。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.