特集・コラム・インタビュー

【朗報】スペインのユース1部に新たな日本人選手が参戦

記事の内容

レアル中井も戦うカテゴリー、クラブ史上初の日本人選手として正式契約

スペインのユース(U-19)1部リーグのディビシオン・デ・オノール・フベニールに新たな日本人選手が参戦する。FC市川ガナーズ出身の18歳MF間瀬秀晟(ませ・しゅうせい)が、同リーグのバスケス・クルトゥラル(Vázquez cultural)と正式契約を結んだ。

 埼玉県出身の間瀬はこれまでFCプラウド(U-12、15/東京都)、そしてFC市川ガナーズ(U-15、18/千葉県)に在籍。2010年の南アフリカ・ワールドカップを制したスペイン代表チームに憧れ、もともと海外挑戦の気持ちは強かったという。「チャンスがあるなら、チャレンジするのはできるだけ早いほうがいいと思いました」と話す間瀬は、高校卒業を待たずに海を渡る決断を下した。

 新天地はバスケス・クルトゥラルというマルベージャに本拠地を置くクラブに決まった。ジブラルタルやスペインでプロ選手としてプレー経験のある鶴見昌平の仲介で、同クラブのテストを兼ねた2週間の練習に参加したのは昨年夏。新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっていた最中のことだった。

 間瀬のプレーはすぐに認められ、練習参加初日で早々に合格をもらったという。その後は、コロナ禍での混乱でスペインサッカー連盟の選手登録手続きに時間を要したが、2021年1月に晴れて正式契約を結んだ。間瀬はクラブ史上初の日本人選手となった。

 ドリブルに持ち味がある間瀬は、サイドや攻撃的MFとしてのプレーを得意としているが、練習では攻撃だけでなく守備でのセカンドボールへの反応も光った。バスケス・クルトゥラルを指揮するカルロス・グスマン監督は、日本からやってきた新戦力について「まずは早くチームに慣れてもらうこと。日本よりもプレー速度が速いのでそこに慣れる必要がある。様々なポジションでプレーできるので、とても重宝する選手。相手陣内では彼の技術の高さ、1対1の強さを存分に発揮してほしい」と複数ポジションでの起用を示唆し、期待を寄せている。

 間瀬がプレーするディビシオン・デ・オノール・フベニールは、スペインユースカテゴリの1部リーグに相当。1歳年下の中井卓大(レアル・マドリード)が飛び級でプレーしていることでも知られる。リーグ戦は州ごとに分かれて行われ、バスケス・クルトゥラルはアンダルシア州のリーグで戦っている。

半年間の“アピール期間”は「ワクワク」

 このバスケス・クルトゥラルはトップチームを持たず、ユース年代を卒業する選手たちは、ここから次なるクラブへと旅立っていく。グスマン監督曰く「まずはユースのトップリーグに残り続けるということ。そして、選手たちがより良いチームにできるよう、プロで活躍できる選手として育てること」が、クラブのフィロソフィー(哲学)となる。

 今年7月に19歳の誕生日を迎える間瀬にとっては、残されたアピール期間は今季終了までの約半年間のみ。コロナの影響による加入の遅れがあったが、間瀬は「ワクワクしかない。リミットがあるこの状況を逆に楽しんでいます」と前向きな姿勢をとっている。

 当面の目標は、結果を残して今夏にトップクラブのU-23チームへステップアップすること。欧州挑戦は時期尚早だと反対の声もあったなかで選んだ茨の道だ。間瀬は背中を押してくれた人々の期待に応えたいと、抱負を語っている。

「最初の2週間のテスト参加の時は言葉も全く分からず、緊張もしていましたが、ここ最近はスペイン語も少しずつ理解できるようになり、チームメートともコミュニケーションを取れるようになってきました。認められてきたのか、ボールもよく回ってくるようになりました。

 まずは(FC市川)ガナーズ、そして南里(雅也)コーチなどお世話になった方々に恩返ししたいという気持ちが一番です。いつかスペイン1部リーグでプレーできる選手になれるよう頑張っていきたいです」

 間瀬は現地時間1月31日に行われたCDティロ・ピチョン(3-3)戦でデビューを飾った。コロナ禍で挑戦する若き侍が、大きな一歩を踏み出した。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

プレー見たことあります。
市川ガナーズで一人だけダントツ上手くて
こんなに上手くてもJユースに入れなかったのかな?って思ってたので
やっぱり誰が見ても上手かったんだな。と分かってうれしいです。

 

2:名無しさん@さかまと!

名前検索したら2014年の全日本少年サッカー大会の東京都予選で優秀選手に選ばれてて、先月の高校サッカー選手権で得点王になった青森山田の安斎の名前もあった
これからどっちが有名になるか楽しみ

 

3:名無しさん@さかまと!

日本の育成年代のクラブチームももっと移籍しやすい環境にすることを進めて欲しい。
コーチの戦術・人間性、チームメイトとの相性、保護者の雰囲気など、子供だからこその問題含めて、その子がのびのびサッカーに打ち込める環境に移れるシステムを作るべき。
そうすることで指導者のレベルも上がる。地域の子が自動的に入ってきて、それに胡坐をかき古い理論の押し付けや怒鳴るだけの指導者を早く無くして欲しい。

 

4:名無しさん@さかまと!

若い才能がヨーロッパで揉まれる。良いね。フベニールは大半のチームが育成組織のトップチームとしている(Bチームはプロ扱いとしているチームが大半だから。)。ここでの活躍が認められればプロになれる。簡単な話ではないが、頑張って欲しい。
ところで、この子は間瀬さんの息子さんかな?あのオシム監督の通訳だった方。 「間瀬」ってザラにいる名字ではないからさ。ちょっと気になった。

 

5:名無しさん@さかまと!

日本もナイジェリアやセネガルみたいに海外クラブ直営のクラブを作って育成年代明けの移籍を容易にすれば良いと思うんだよね

 

6:名無しさん@さかまと!

>練習では攻撃だけでなく守備でのセカンドボールへの反応も光った。

こういうとこ大事よね。

 

7:名無しさん@さかまと!

サッカー日本代表がここ数年停滞してる感が否めないし、久保くん筆頭に若い子たちには是非頑張ってもらいたい

 

8:名無しさん@さかまと!

何とか爪痕を残して欲しい。
自分の18歳の時を考えたら凄すぎる。

 

9:名無しさん@さかまと!

全然誰かも知らん子やけど期待してるでぇ。

 

10:名無しさん@さかまと!

久保がどれだけ凄いかが、わかるな!

 

11:名無しさん@さかまと!

こういう雑草魂というか
ユースでお高くとまってるよりよっぽど将来性感じる

 

12:名無しさん@さかまと!

どんどん若い選手は出て行っていいと思う。
失敗したら日本に戻れば良いし。
若くから出て行くビジョンがある事で、語学の勉強もする必要が発生して良い方向になると思う。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.