特集・コラム・インタビュー

【朗報】日本人GK黄金時代到来の前兆。 19歳が欧州ユース最高峰の舞台に立つ!!

記事の内容

「日本でも、5年後くらいには身長190cmオーバーのGKが多くなっているんじゃないですかね」

 40歳でJ1のピッチに立つ南雄太(横浜FC)は言う。昨シーズンは、横浜FCのJ1昇格の原動力となり、今シーズンも第12節の清水エスパルス戦で勝利の殊勲者になった。20年以上、トップレベルのGKを続けてきた男の証言である。

「単純に、でかいとパワーは出ますよね。(ドイツ代表でバイエルンに所属するマヌエル・)ノイアー(193cm)を見てもわかると思いますけど、体勢が悪くても、ふつうは(ボールがラインを越えて)いっちゃうところで、ボールをかき出せますから。あれは、パワー以外にない。

 今までの日本では、身長180~185cmで、俊敏で動けるGKが多かったんです。でも、GKはどんどん大型化している。シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/197cm)なんていい例ですね。自分はひとつ前の時代でよかったなと思いますよ。ユース年代には、ハーフで、伸びていきそうな選手がたくさんいますから。これからは彼らの時代なのかもしれません」

 それは、啓示的な響きを伴う。

 8月25日、U-22日本代表のGK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)は、UEFAユースリーグ(ユース年代のチャンピオンズリーグ)決勝を戦っている。

 U-19ベンフィカは、英雄ラウル・ゴンサレス監督が率いるU-19レアル・マドリードを相手に堂々と渡り合った。2点を先行されたが、1点を返し、再び突き放されたものの、その後、また1点を返した。終盤には、準決勝でアヤックスを3-0で打ち負かした攻撃力を見せる。PKを奪い取り、シュートがバーを叩くなど猛攻を続けたが、あと一歩及ばず、2-3で敗れた。

 雌雄を決する一戦で、父がナイジェリア人で母が日本人という小久保は、ポテンシャルの高さを示している。

 身長193cmと大柄だが、機敏に動くことができる。シューターに対して詰め寄るスピードは秀抜だ。クロスに対しては猛禽類のように高く跳んでボールをとらえ、大きくはじき出した。

 最初の2失点に関しては、ノーチャンスだった。ひとつは完全にニアで合わされ、もうひとつはオウンゴール。ただし3失点目は、グラウンダーのクロスに対して飛び出したが、ディフェンスと見合う形でボールがすり抜け、ファーサイドで撃ち抜かれた。

いずれにせよ、日本人GKがユース年代の欧州最強を決める舞台に立つというのは、画期的な出来事と言えるだろう。

 ベンフィカは、欧州で最高レベルの育成組織を誇っている。ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)、ベルナルド・シウバ、ジョアン・カンセロ(ともにマンチェスター・シティ)、ネウソン・セメド(バルセロナ)など、過去10年だけでも、多くの有力選手をビッグクラブへ送り出してきた。それによって得た利益総額は、なんと4億ユーロ(約480億円)とも言われる。

 GKでは、ブラジル代表エデルソンが代表的だろう。16歳の時にブラジルから発掘し、3部リーグ、2部リーグ、1部リーグ下位のクラブにレンタルしながら、じっくり育て上げた。そしてベンフィカのトップチームでデビューさせた後、4000万ユーロ(約48億円)でマンチェスター・シティへ売却。今や世界有数のGKと言える。

 小久保も、柏レイソルの下部組織でカテゴリーを上げていった。ユース年代の国際大会での活躍が見初められて、2019年1月、18歳でベンフィカに入団している。

 はたして、エデルソンに続くことはできるのか?

 欧州でプレーする日本人GKには他にも、フランス人とのハーフのGK山口瑠伊(22歳/188cm)がいる。FC東京の下部組織で育った後、フランスで2年、スペインで4年目。2019-20シーズンは、2部のエストレマドゥーラでトップデビューを飾っている。2020-21シーズンは、2部B(実質3部)のレクレアティボ・ウエルバでプレーする予定だという。  そしてJリーグでも、今シーズンはGKで目覚ましい変革が起きつつある。大迫敬介(21歳、サンフレッチェ広島/187cm)、波多野豪(22歳、FC東京/198cm)、梅田透吾(20歳、清水エスパルス/184cm)、沖悠哉(21歳、鹿島アントラーズ/184cm)、山田大樹(18歳、鹿島アントラーズ/190cm)、谷晃生(19歳、湘南ベルマーレ/190cm)など、若手GKが次々に出場機会を得つつある。GKはたったひとつのポジションで、日本では"聖域"として扱われがちだったが、群雄割拠となることによって競争力が上がってきた。

 はたして、時代を突き破るような日本人GKは出てくるのか。

「自分の場合、身体的にはそれほど恵まれていなかったので、どこで勝負するか、というのは考え抜いてきました。コーチングだったり、ステップを変えたり。そうやって考えてプレーすることで、身についたものもあるんです」

 40歳でトップGKを続ける南は言う。その積み上げを怠ったら、どんなにポテンシャルの高いGKであっても、成長は見込めないのだろう。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f473b9fde73caddd74cc1d58bc6756f29b22eab8

 

1:名無しさん@さかまと!

これだけ人材が欧州に行ったんだから監督や指導者の成功がたくさん出てくれば。過去最高のワールドカップ成績を目指せるはず。森保辞めてくれー

 

2:名無しさん@さかまと!

南は高1で選手権優勝してWYにも高校生で飛び級選出、J1でも高卒即スタメン獲った唯一のGK
そんな選手が40歳超えてもなお現役って凄い
ディドのGK最年長出場記録を更新してほしい

 

3:名無しさん@さかまと!

世界に名門クラブのユースが集まるアルカスカップて最優秀キーパーに選ばれただけに、トップで中村選手とレギュラー争いかと思いましたが、ベンフィカとは驚きでした。
レギュラーでプレーして、いつかはCL出場できるといいですね。

 

4:名無しさん@さかまと!

デカいからパワーがあるんじゃなくてその体格を活かせるフィジカルと技術がある。
日本にだってこれまで190前後のGKはいたと思うけどコーチの指導力不足やフィジカルトレーニングが出来てなかったと思う。

 

5:名無しさん@さかまと!

興国の監督が言っていたが若い選手は、試合に出てこそ成長する。とにかく、J2でも大学でも試合に出れる環境でやる。J1で燻っていてもJ2、J3へレンタルされて真剣勝負の場で磨いて欲しい!

 

6:名無しさん@さかまと!

若手が台頭しつつある。しかし、超保守的な森保は若手の起用に超消極的。現状ロシアW杯から上積みがない。本当に勿体ない。

 

7:名無しさん@さかまと!

日本代表は監督人事からも、やる気があるのか分からない。
冷静に判断せずに協会に都合の良い人を選出してるだけ。
これだけ負け続けて、タイトルを逃し続けても後任探しすらしない協会では厳しい。
恐らく、カタール後も森保続投が濃厚なのではないかと思う。
人材が揃っても日本代表監督がレベルが低ければ厳しい。

 

8:名無しさん@さかまと!

とりあえず、韓国人GKに頼る悪い癖はやめて欲しい。今の若い世代の選手たちの活躍によって若い日本人GKに対する偏見は多少無くなったかもしれないけど、韓国代表クラスのGKがゴロゴロいるのはおかしいでしょ
スーパーセーブ連発してリーグのレベル飛躍的に上げるならまだしも

 

9:名無しさん@さかまと!

GKは野球のキャッチャー以上に特殊なポジションだしな。
どうしても日本人の身体能力や文化的にGKは穴になりやすかったけど、思ってたより早く解決できそうで安心だ。

 

10:名無しさん@さかまと!

W杯の度に、こんなメンバー二度と揃わない!って思うけど、軽く超えてくる。粒揃いになってくる。あとは、スーパースターの出現。誰になるか。

 

11:名無しさん@さかまと!

wユース準優勝キーパーですから胸張ってください。最後はのちに黄金期の礎となるメンバーを擁したスペインに負けたけどあの大会は痺れました。
まだまだ応援してますよ。

 

12:名無しさん@さかまと!

選手育ってきてるのに取りまとめる監督が森保じゃな…
日本人監督が4年かけてゼロベースから作るのは時期尚早に思う。
頼むから辞めてくれ…

 

13:名無しさん@さかまと!

黄金世代の豊作な中盤から、SB豊作の時代になり、今回はGKか。もう少し分散してほしいのは贅沢な悩みか笑

 

14:名無しさん@さかまと!

GKの存在がどれ程大きいかに気づくのが日本は遅すぎた。

 

15:名無しさん@さかまと!

まぁ、キーパーやってるのがもったいないぐらいの選手じゃないとキーパーは務まらない。

 

16:名無しさん@さかまと!

柏ユース育ちは海外率が一番高いんじゃないか?

 

17:名無しさん@さかまと!

ベガルタの小畑裕馬くんも応援してあげてね

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.