特集・コラム・インタビュー

ドイツ代表GKノイアーが車内に忘れた財布を拾ったタクシー運転手さん、下心アリアリで届けに行くも、お礼がショボくてマジギレwwww

記事の内容

「バカにしている!」ノイアーの財布を拾ったタクシー運転手が“お礼”に憤慨!「俺には4人も子供がいるっていうのに」

 ドイツ代表のスーパースター、マヌエル・ノイアーがとんだトラブルに巻き込まれている。そのバイエルン主将に対して「バカにしている!」と憤慨するのはタクシー運転手だ。

 ドイツ紙『ビルト』のウェブ版(21日付け)による事の顛末はこうだ。

 ある日のシフト後、タクシー運転手は車内を清掃していた。すると見知らぬ財布を発見。中身を見てみると、ノイアーの名前と住所が記載されたIDカードが。すぐに忘れ物と気付いた運転手は、そのスーパースターを降ろしたエリア(ミュンヘンの高級住宅街)へと向かった。しかし、すんなりと会うには至らず……。

 ここで諦めなかった運転手は、ノイアーが保有している不動産がある地区(そこから54キロほど離れた場所)へと出発。しかし、そこでもスーパースターを見つけられずにいたが、通行人から「ノイアーの代理人が近くに住んでいる」という情報を得る。それを頼りに代理人と接触し、財布とその中身であるIDカード、Visaプラチナカード、マスターカード(ブラック)、現金800ユーロ、そして自身の連絡先を手渡したという。
 
 それから約2週間が過ぎ、タクシー運転手の元にノイアーからの“お礼”が届く。それが本人の直筆サイン入りユニホームだったようで……。納得がいかない運転手は、バイエルンのクラブハウスに向かうも取り次いでもらえなかったという。

 ビルトによると、タクシー運転手がノイアーの財布を送り届けるために要した費用は400ユーロ(約5万6000円)ほど。親切心だけでポンっと支払える額ではないだろう。実際、下心が働いていた様子の運転手は『ビルト』でこう訴えている。

「このお礼はバカにしている! 俺には4人も子供がいるっていうのに。ユニホームじゃ、何もできない」

 おそらく全く予期していない難癖をつけられてしまったノイアーは現在、バイエルンのプレシーズンツアー(アウディ・サマーツアー)でアメリカを訪問中。ドイツ帰国後、改めて“太っ腹”なところを見せるのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/461d32a6729391c14b1ede435f6edb638e072685

 

1:名無しさん@さかまと!

タクシーの運転手の下心がみえみえ。高額チップを貰おうと思っていたんだろう。

 

2:名無しさん@さかまと!

財布を拾って、本人に届けることは、もちろん素晴らしいことだと思うが、その謝礼に対して、期待しすぎるのは、人としてどうかと思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

サイン入りユニフォームを貰っただけでもかなりラッキーだと思った方がいい

 

4:名無しさん@さかまと!

仕事中においての拾得物なのだから、日本なら会社管理

 

5:名無しさん@さかまと!

何を言っているのか、意味がわからない…

 

6:名無しさん@さかまと!

下心を1ミリも持つなとは言わないけど、それを強制するのは違うよ

 

7:名無しさん@さかまと!

落とし物が有名人のものではなくても、同じように持ち主に渡すために奮闘したのだろうか?

 

8:名無しさん@さかまと!

お礼が少ない!と騒ぐより、サッカーのスーパースターの財布を拾って返却したら、サイン入りユニフォームを貰った!とアピールする方が賢かった。

 

9:名無しさん@さかまと!

ファンでなければサイン付きユニフォームなどいらないでしょうしノイアー、もしくは周りの方々はセンスがない

 

10:名無しさん@さかまと!

要は盗みたい気持ちを抑えて頑張って届けたから相応の 謝礼が欲しいという事でしょ。

 


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.