特集・コラム・インタビュー

なぜ五輪世代のU-24代表に鳥栖の高校2年MF中野伸哉が“飛び級”抜擢されたのか?

記事の内容

 開幕まで4ヵ月あまりに迫った東京五輪へ向けて、MF久保建英(ヘタフェ)をはじめとするヨーロッパ組や、昨シーズンからブレーク中のMF三笘薫(川崎フロンターレ)らを含めたフルメンバーでの活動を、約1年4ヵ月ぶりに再開させるU-24日本代表に17歳の高校2年生が大抜擢された。

 日本サッカー協会(JFA)は19日、U-24アルゼンチン代表との国際親善試合(26日・東京スタジアム、29日・北九州スタジアム)に臨む、東京五輪世代となるU-24日本代表メンバー23人を発表。サガン鳥栖U-18に所属するDF中野伸哉(佐賀・龍谷高2年)が、本来の対象世代となるU-18代表だけでなくU-20代表をも飛び越えて初めて招集された。

 2003年8月17日生まれの中野は昨シーズンに続いて、下部組織に所属したままトップチームの公式戦に出場できる2種登録選手として鳥栖に同行。17歳6ヵ月10日で迎えた2月27日の湘南ベルマーレとの開幕戦で先発フル出場を果たし、MF稲本潤一(現SC相模原)がガンバ大阪時代の1997シーズンにマークした、17歳6ヵ月25日のJ1最年少開幕戦先発記録を24年ぶりに塗り替えた。

 浦和レッズとの第2節以降も3バックの左ストッパーとして、中野はすべてのリーグ戦で先発。第5節までを4勝1分けと無敗で、なおかつすべて無失点で封じ、川崎、名古屋グランパスに次ぐ3位につけている鳥栖の開幕ダッシュに大きく貢献してきたパフォーマンスが評価された。

 日程が重複するフル代表の活動に専念する森保一監督に代わって、U-24代表の指揮を執る横内昭展監督(フル代表コーチ)は、JFAの反町康治技術委員長とともに臨んだオンライン形式でのメンバー発表会見で、東京五輪本大会を見すえた陣容に中野を加えた理由をこう説明した。
「昨シーズンからJリーグの試合に出ていて、今シーズンに入っても好調の鳥栖のディフェンスラインの一角として、すべての試合に出ている。アシストなどの活躍も目立つところだと思うし、私たちも視察をするなかで、今回ここに入って来られるメンバーの一人ということで選出しました」

 横内監督が言及したアシストを、中野は5-0で快勝した10日のベガルタ仙台戦で2つマークしている。最初は前半39分。守護神・朴一圭のロングフィードを、慌てて間合いを詰めてきた仙台の右サイドバック、蜂須賀孝治の動きを冷静に見極めながら利き足の左足でワンタッチ。これが蜂須賀の後方に広がっていたスペースへのスルーパスとなり、MF小屋松知哉の3点目を生み出した。

 圧巻は後半11分。タイミングよく左タッチライン際を駆け上がり、小屋松からのパスを呼び込んだ直後に再びワンタッチでクロスを一閃。これがファーサイドへ走り込み、最後はジャンプしたMF樋口雄太の頭へピンポイントで通って4点目を導いた。ゴールには結びつかなかったものの、前半アディショナルタイムにも左サイドを攻め上がって絶妙のクロスを前線へ供給している。

 身体が成長途上の中野は身長167cm体重49kgと細身で、特に体重は今シーズンのJリーグ登録選手のなかで最軽量となる。しかし、対戦相手との体格差を補ってあまりある能力の高さは、鳥栖を率いる金明輝監督が湘南との開幕戦後に残した言葉が端的に物語っている。
「相手が蹴ってくることがわかっていたので、スピードや走力で負けない選手を配置した。今日の3バックのなかでは、中野選手が一番よかったと思っている」

 スピードやスタミナだけではない。仙台戦で何度も見せた左足による正確無比なテクニック。4バックの左サイドバックを主戦場としながら、3バックの左ストッパーにも完璧に対応できるインテリジェンスの高さ。そして現状に決して満足しない、飽くなき向上心も中野の急成長を支えている。
 胸中に秘める負けん気の強さを象徴するかのように、駅前不動産スタジアムに浦和を迎える、今月6日のホーム開幕戦を前にした中野はこんな言葉を残していた。

「17歳だからと、なめられたら終わりだと思っている。そこは負けずにやっていきたい」

 左利きの選手は、特に最終ラインにおいて常に重宝がられる。U-24代表も例外ではなく、今回の招集メンバーでは、中野の他には町田浩樹(鹿島アントラーズ)しかいない。ただ、身長190cm体重80kgの町田の主戦場はセンターバックで、左利きの左サイドバック探しは懸案事項でもあった。
 森保監督のもとでU-20代表として船出した2017年12月から、最終ラインは3バックが採用されてきた。ただ、昨年末に千葉県内で国内組だけで実施された合宿では4バックも導入され、横内監督もアルゼンチン戦へ向けて「どちらも考えている」と併用プランを明かしている。2つのシステムに対応できる中野は、左利きというストロングポイントを介してまさにうってつけの存在となる。

 今シーズンの鳥栖には8人を数える、中野の先輩にあたるアカデミー出身選手が在籍している。そのなかの19歳コンビ、DF大畑歩夢とMF本田風智は同時期にトレーニングキャンプを行う、U-20日本代表候補に名前を連ねた。鳥栖の中盤で代役のきかない存在感を放つ、同じく19歳の松岡大起も17日の柏レイソル戦で右肩を故障していなければ、U-24代表に招集されていた可能性が高い。

 中野を含めた、今シーズンの鳥栖を象徴する若い力は、J1に初めて昇格した2012シーズンから育成型クラブとしての将来像を描いていた竹原稔前社長のもと、アカデミーを継続的に強化してきた先行投資の賜物と言っていい。同じ環境で育ってきた選手たちが身近に大勢いる状況がチーム内の競争意識を駆りたて、お互いに切磋琢磨しながらさらに輝きを放つ好循環を生み出している。

 前所属チームがサガン鳥栖U-15となる佐賀市出身の中野は、13歳だった2017年5月にU-15代表に抜擢され、16歳で出場した2019年のFIFA・U-17ワールドカップでも全4試合に出場。常に同世代よりも上のカテゴリーで受ける刺激を、心技体を成長させる糧に変えてきた。

 2024年の次回パリ五輪の中心世代として期待されていたなかで、いわゆる“飛び級”で自国開催の東京五輪の舞台に、最大で6歳年上の選手たちとともに立つ挑戦権を得た。クラブを通して発表された短いコメントのなかには、未知の世界を経験するだけにとどまらない決意と覚悟とが凝縮されている。
「選出されたことで満足せず、いいものを吸収し、遠慮せず自分のプレーをしっかりと発揮して頑張ってきます」

 日本が10度出場してきた五輪サッカー競技の歴史における最年少は、2004年アテネ大会のFW平山相太(当時・筑波大1年)の19歳2ヵ月となる。東京五輪の開幕時でも17歳11ヵ月の中野が18人の代表枠に食い込めば史上初の高校生五輪代表になるとともに、平山がもつ最年少記録を大幅に更新する。歴史を塗り替える挑戦が、南米代表の座を射止めている強豪アルゼンチンとの2連戦から幕を開ける。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

純粋に佐賀市出身ってのがうれしいな
龍谷か懐かしい
プロ野球は何人かいたけど、サッカーは他校含めてまれだよね
育成だから高校は関係ないんだろうけど
ずっと応援しよう
でもこれで鎌田みたいに海外にいずれ行きそうだね
頑張れー!

 

2:名無しさん@さかまと!

高校2年生って。世界で活躍している上の世代で選ばれて、良い刺激を受けて、更に成長して欲しいです。

 

3:名無しさん@さかまと!

彼は他の同世代のエリートが、選手権や高宮杯という育成年代のリーグに出ている中、日本のトップリーグにレギュラーとして出ているのだから当然の選出だよ。

 

4:名無しさん@さかまと!

彼はレベルが違う。湘南戦の無双ぶりはかなり成長を感じた。また明輝さんが実力を認め使う。彼はまだ伸びる。

 

5:名無しさん@さかまと!

サイドバックは超早熟で出てきてそのまま忘れ去られるような選手も多い。
でも長友の後が全くいない日本においてひょっとしたら化けまくる逸材なのかもと期待したい選手です。

 

6:名無しさん@さかまと!

中野選手おめでとうございます。
期待しかありません。
松岡は、怪我がなかったら。。。
鳥栖U18出身の田川(F東京)とのホットラインが見たいですね。
U20の本田、大畑もしかり、鳥栖アカデミーの成功が素晴らしい。

 

7:名無しさん@さかまと!

地方クラブの成功例だよな
しっかり育てて高く売ってまた育てる
変に都会にいかなくても代表戦士になれるって成功例として素晴らしいケース

 

8:名無しさん@さかまと!

それだけの逸材で、彼を超える選手がいなかったってこと。トップリーグで十分以上にやれてるから選ばれるでしょ!
いい経験、競争になると思うし、個人としてもスキルアップできるよう頑張ってほしいです。
何より怪我に気をつけてください!

 

9:名無しさん@さかまと!

若い世代が飛び級で代表に入るということは、競争が激化するという事でいい事だし、今のJは全体的なレベルも更に上がり、
イニエスタや、代表に呼ばれた選手など入り混じり、更に若くして海外にも行く。
ジョホーバルの歓喜の頃とはレベルも何倍も上がっている割には、世間が冷めていっているのが気になるなあ。

 

10:名無しさん@さかまと!

普通なら今頃鳥栖U-18でユースの
サニックスカップに出場してるはずなのに、
明日J1の試合に出場して
U-24の代表行くなんて経験値違いすぎる

 

11:名無しさん@さかまと!

実力。Jリーグでも相手を軽くかわして余裕をもってゴール前に正確なセンタリングを上げている。
サガン鳥栖にとっては選ばれてほしくないかもしれなかったが、鎌田のように世界で活躍できる能力を秘めている。

 

12:名無しさん@さかまと!

動き出しに迷いがなくてプレー的確でフィジカルもアジリティもあるすごいのが出てきたね。
もうjのレベル凌駕してるかんじがあるしヨーロッパいっても活躍できるわ

 

13:名無しさん@さかまと!

鳥栖には中野君以外にも見ていて楽しみな若い選手がたくさんいるので、中野君がその魅力を知らしめてほしい

 

14:名無しさん@さかまと!

ガンバにも高校生ぐらいで頑張ってる子がいるな。若い世代から選ばれることは良いことだね。

 

15:名無しさん@さかまと!

JFAはA代表でももっと若手を参加させ、レベルを上げてほしい所
次代が育てばもっとサッカーに興味を持ってくれる人達が増えると思う

 

16:名無しさん@さかまと!

体重の軽さに驚きました。
体格が良くなくとも、サッカー選手で活躍できることを体現されてますね。

 

17:名無しさん@さかまと!

体格やスピード感が違うアルゼンチンの選手相手にどれだけ食らい付いていけるかが期待。
仮に東京五輪メンバーに選ばれなかったとしても、パリは選ばれるだろうし、むしろ富安のようにフル代表で欠かせない存在になってると思う。

 

18:名無しさん@さかまと!

試合出れるかわからないけど、海外組と接触するだけでも相当経験値上げそう
久保も代表に自分より年下がいるとは予想外だろな

 

19:名無しさん@さかまと!

高校生のディフェンダーであの家長とのマッチアップで負けないという選手は他にいないだろう。

 

20:名無しさん@さかまと!

このまま順調に育ってほしい。
日本の星ですね。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, , ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.