特集・コラム・インタビュー

17歳でU-24日本代表招集の中野伸哉、海外挑戦希望明言「1年後に海外に行って、2~3年後にはA代表に」

記事の内容

目標はリヴァプールDF

U-24日本代表DF中野伸哉が、U-24アルゼンチン代表戦に向けたリモート取材に応じた。

3月のインターナショナルウィークでは東京オリンピックの本番を想定し、強豪U-24アルゼンチン代表との連戦に臨んでいるU-24日本代表。26日の第1戦では0-1で敗れており、29日の第2戦でリベンジを狙っている。

そんな中、今季サガン鳥栖でJリーグ開幕から6試合連続でスタメンに名を連ねるなど印象的な活躍を見せ、17歳でU-24日本代表に招集された中野伸哉がリモート取材に応じた。今回の合宿では最年少だが、「一番下というのもあって、みんなから可愛がられる存在です。U-24に初めてきて、レベルがみんな高くて、とてもやりやすいです」と印象を語った。

なお第1戦は90分間をベンチで見守ったが、「アルゼンチンの選手は個の能力が高い。日本も決定機は作れていたので、次の試合にその反省を生かしていきたいです」と語り、その上で自身の武器は「攻撃になったらどんどんオーバーラップして、アシストだったり、そういうところを武器にしたい」と言及。高校生初のオリンピック出場の可能性について問われると、「プレッシャーはないです」と明言した。

また、年齢の近い久保建英(19歳)との関係については「建英君から話しかけられて、その時に『敬語じゃなくていいよ』って。『俺も先輩に敬語じゃないから』って言われました。建英君だったり、海外でやっている選手を身近で見られたのは良いことです。僕も早く海外でやりたいと思います」と海外挑戦を視野に入れていることを明かしている。

また、海外組からの刺激については「海外組の選手はみんな練習から意識が高くて、プレー1つひとつのレベルが本当に高くて刺激を受けています」と言及。コロナ禍でコミュニケーションが難しい状況だが、「最初は(林)大地君が来ずに僕1人だったので、大地君が選ばれて心強いです。こっちに大地君が来てから色々紹介してくれて、馴染むのは早かったと思います」とサガン鳥栖チームメイトの存在への感謝も語っている。

東京オリンピック開催決定の際はまだ小学生だった中野伸哉だが、当時の心境について「全然意識していなくて、パリ世代で行ければいいかなと思って。でもこういう状況でJリーグで出させてもらって、U-24に呼んでもらって、そこから東京五輪を意識するようになりました」と回答。その上で「守備に行く、ボールを取りに行くところだったりは負けていない」と自身の強みを語った。

そして、今後の展望として「今年しっかりJリーグで活躍して、来年だったりに海外移籍して、そこでも活躍してA代表に選ばれたい」とし、「具体的には1年後に海外に行って、2~3年後にはA代表に入って活躍したい。僕が目指す海外の選手はリヴァプールの(アンドリュー)ロバートソン選手です」と、目標の選手はプレミアリーグで今季も5アシストと大活躍のスコットランド代表DFの名前を挙げている。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

中野は将来的に代表に定着してほしい選手。インテンシティーの高い試合でどんどん経験を積ませて下さい。

 

2:名無しさん@さかまと!

正直初めて知ったけど、ロボが憧れだなんてうれしいじゃないか。
ロボは降格クラブからの引き抜きで大活躍だし、見てるクラブは見てるから、頑張ってほしいね。

 

3:名無しさん@さかまと!

地方の小さいクラブの宿命だけどちょっと寂しいね。
せめて鳥栖は育てて海外に高値で売るビジネスモデルをしっかり確立させて欲しい。

 

4:名無しさん@さかまと!

ますます鳥栖が注目浴びるだろう。

 

5:名無しさん@さかまと!

J1デビューした時も最初はミスもあって未熟な部分があったけど、いつの間にか当たり前のようにプレーしてた。今ではJリーグでも指折りの左サイドバックだよ。
多分適応力は間違いなく凄いんだと思う。
だからこの選手が欧州に行ったとして、どのレベルまで適応できるのか、楽しみで仕方ない。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.