特集・コラム・インタビュー

【朗報】ポルト元コーチ「ナカジマの決断には根拠があり、それがクラブ内で理解されたのだろう」

記事の内容

「彼の決断には根拠があり、それが理解された」

 現地時間8月31日、ポルトガル1部のポルトの公式SNSに突然登場し、現地のファンを騒然とさせた中島翔哉。新型コロナウイルスなどの影響で約3か月近くチームから離れていた”10番”の復帰について、現地メディア『Notícias ao Minuto』が報じている。

 中島は昨シーズン、ポルトガル・リーグが3月に新型コロナウイルスの影響で中断されて以降、公の場に姿を見せていなかった。5月には一度チームのトレーニングに参加したが、6月にリーグ戦が再開され、ポルトが2年ぶりのリーグ制覇を決めた試合や、リーグカップを制した際もその姿はなかった。

 完全に“蚊帳の外”となっていたが、8月24日に始動したプレシーズンのトレーニングに、31日から参加したようだ。これについては現地サポーターやメディアも騒然となったが、『Notícias ao Minuto』によれば、今後はテストマッチなどにも通常通り参加する予定だという。

 同メディアは、元ポルトでアシスタント・コーチを務めたルイ・キンタ氏の中島についてのコメントを紹介。「ナカジマの決断には根拠があり、それがクラブ内で理解されたのだと思う」と、内部事情についての見解を述べている。

「何が起こったかは、彼らにとって終わったことであり、過去を振り返って解決策が浮かぶものではないだろう。ナカジマについてポルトは、第二のスタートを与えることは明白だ。それゆえに、彼はあらゆる要求に応えなければならない。少なくとも、責任者たちはナカジマがポルトにとって非常に重要なことができると信じているようだしね。そして、すべての選手が、来シーズンのセルジオ・コンセイソン(監督)の有効な駒となるだろう。ナカジマも例外ではない」 

 公式HPのレポートによれば、中島は31日以降もトップチームのトレーニングに参加している。ポルトガル・リーグの新シーズンは9月19日に開幕予定で、ポルトはブラガとの対戦が決まった。

 果たしてそのスカッドに中島は加わるのか。”10番”の不在に長く口を閉ざしてきたS・コンセイソン監督の判断にも注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

引用元

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.