特集・コラム・インタビュー

昨季の二の舞か、それとも...。 今季の名古屋グランパスは本当に強いのか

記事の内容

あの時、名古屋グランパスは変わった

 本当は強いのか、弱いのか。名古屋グランパスは、それを判断するのが実に難しいチームだ。

 今季開幕前、名古屋の評価は決して高いものではなかった。

 昨季の順位は13位。しかも、J1参入プレーオフに回った16位の湘南ベルマーレとはわずかに勝ち点差1しかなかったのだから、当然と言えば当然だ。

 とはいえ、そんな昨季も序盤戦では、上位争いに加わっていた。

 J1開幕から3連勝でスタートすると、第12節終了時点では7勝2敗3分けと大きく勝ち越し。一昨季のJ1得点王、FWジョーをはじめ、FWマテウス、MFガブリエル・シャビエル、MFジョアン・シミッチら、ブラジル人選手も軒並み好調で、一時は首位にも立つなど、優勝にも手が届きそうな勢いがあった。

 ところが、第13節での黒星を端緒に、第21節までの9試合は6敗3分けと急失速。第22節でようやく10試合ぶりの勝利を手にしたものの、その後も悪い流れが変わることはなかった。

 第26節を最後に風間八宏前監督が解任され、今季も引き続き指揮を執るマッシモ・フィッカデンティ監督に代わってもなお、さして状況は改善されず、第13節以降の22試合は2勝13敗7分け。強力助っ人の活躍もいつしか影を潜め、開幕当初の強さがまるでウソのように、名古屋は急坂を転げ落ちていった。

翻(ひるがえ)って、今季である。

 開幕戦を引き分けた名古屋は、中断明けの第2節から4勝1分けと、絶好の再スタートを切った。

 第7節終了時点では、勝ち点14の3位。同19で首位の川崎フロンターレ、同16で2位のガンバ大阪には及ばなかったが、名古屋の試合消化が1試合少ないことを考えれば(新型コロナウィルス感染の検査で名古屋に陽性者が出たため、第7節のサンフレッチェ広島戦が中止となった)、トップ2とほぼ肩を並べる成績だった。

ところが、第8節以降は1勝2敗と黒星が先行。しかも、勝つときは6-2と大勝する一方で、2敗はいずれも0-1。極端に振り幅が大きいスコアは少なからず不安を高め、順位のうえでは5位(第10節終了現在)につけてはいるものの、昨季を想起させる状況となっている。

 名古屋がピッチ上で展開するサッカーは、よくも悪くも常識的だ。基本的にはリアクションではなく、アクション――自分たちでボールを保持し、主体的にゲームを進めようとはしているが、それほどのこだわりがあるわけではない。負けている試合では、躊躇なくパワープレーも用いる。

 すでにJリーグでの経験も豊富なイタリア人監督が、まずは守備のバランスを重視していることは、試合のなかからうかがえる。事実、失点は少なく、1試合平均1点以下。その点では、昨季のように突如成績が急降下することはないのかもしれない。

 だが、常識的なサッカーは、裏を返せば、今季の名古屋は強い、と確信を与えてくれるインパクトもない。

 0-1で敗れた第10節FC東京戦にしても、試合後、フィッカデンティ監督は、引いて守るだけの相手へ、ファールを見逃すレフリーへ、さらには水を撒きすぎてぬかるんだピッチへ、次々に(あくまでも本人の主観に基づく)不満を並べていた。

 惜敗直後のことだけに、気持ちはわかる。しかしながら、客観的に試合を見れば、決してFC東京がなりふり構わず守りを固めていたわけではなく、無得点の主たる要因は、名古屋の攻撃の単調さにあった(その点については、指揮官も「ボールを動かすスピードが遅かった」と認めている)。

 名古屋は、ブラジル人選手を中心に比較的個人能力の高い選手を擁しており、いわば、個々の"アドリブ"で得点できる部分がある。これまで全試合に先発出場している選手が7人もいることからもわかるように、メンバーを固定することでコンビネーションの練度を高めたいという狙いもあるのかもしれない。

だが、メンバーを固定することで高められる練度には限界がある。FC東京戦で見られた単調さは、その一端を示したものだろう。

 それどころか、これから過密日程での試合が続くなかでは、メンバーを固定することのメリットよりも、そのデメリット、すなわち、疲労の蓄積によるパフォーマンス低下のほうが膨らんでいく危険性すらある。

 はたして名古屋は、独走態勢に入りつつある川崎の対抗馬になりうるのか。いや、それ以前に、このまま2位グループにとどまり続けることができるのか。

 昨季のことを思い出すにつけ、それすらも心もとなく感じられる。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b8826da1acff8a6cde54ab6cd80296d6c379891d

 

1:名無しさん@さかまと!

別にいきなり優勝争いは望んでいない。
地に足のついた運営でしっかり土台を作って積み重ねで強くなって欲しい。

 

2:名無しさん@さかまと!

レフリーへの不満については、客観的に見たら負け惜しみ感があるのはわかる。
ただ、この記事には肝心な内容がないため、誤った内容しか伝わらない。ゴミ箱からはゴミしか出てこないのと同じこと。
この記事では、FC東京が5勝しているうちの4勝が荒木主審であること。
それと、今回の試合のカードの提示の裁量…
特に、波多野のスライディングにはカードを提示しなかったのに、成瀬には提示したことや、細かいところで、FC東京のファールを見逃ししているといった不公平なジャッジが報道されないからだ。
特に、データ面を見ると勝っている試合の大半を荒木主審が占めている。
この記者はこれを偶然と言えるのか。
もう一度精査してもらいたい。

 

3:名無しさん@さかまと!

確かに今節の名古屋は動きが重く勝てる雰囲気は無かった。
しかし、荒木主審の件は別の話でしっかりと調査、処分はされるべきだと思う。

 

4:名無しさん@さかまと!

間サッカーなら、失点後ずるずると失点を重ねていた
踏ん張れる分、今の方がいい
優れた個というが、中谷にしても丸山にしても吉田にしても、前チームでやや干されていたところだったから、絶対的な個ではない
選手層がやや薄く、ターンオーバーなども難しいが、成瀬、石田らも育ってきた
試合の中でしか育たないものもあるから、降格もないから積極的に使ってほしいというのはファンの思いでしょう
荒木氏については主観というが、試合見た人なら半分以上は両チーム間の基準に違和感を覚えたはず
加えて荒木氏が吹くと東京の勝率がね、という
何もなくてもゲスの勘繰りをしたくなるのも肯ける

 

5:名無しさん@さかまと!

確かに攻撃に関しては個に頼っている部分はあると思うし、メンバー固定化によるデメリットがこれから益々顕在化する恐れもある。
ただ、柏戦や東京戦の敗戦は逆に突出した個にやられた感じで、チームとして崩された感じはしなかった。(浦和戦の失点もそうだったし)
そこが崩れ出すと止まらなかった去年との違いで、強烈なストライカーが不在の中位~下位相手にそう易々と後れをとるイメージはできない。
優勝を目指すなら確かに厳しいが、ACLを目標とするならば決して無理なチャレンジとは思わない。

 

6:名無しさん@さかまと!

この記者名古屋が嫌いか?
言わんとしてることは解らんでも無いが。
常識的なサッカーって?
記者の言うその常識的なサッカーと言うものは何なのか?
説明してほしいね。

 

7:名無しさん@さかまと!

グラサポですが
今回は、FC東京、長谷川監督の対策が功を奏した試合だったと言うことでしょう。ディエゴ・オリベイラを守備を意識させたサイドで使い名古屋のストロングポイントを無効化させたことは、さすがだと思います。
FC東京の勝利を称えるにしても、主審のジャッジは酷かった。あんなジャッジをしていたら主審の疑惑を疑うのも仕方ないかと思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

FC東京戦は支配率から考えてもグランパスの戦いではなかった。
グランパスは持たされてしまったゲームになっていた。
前節の浦和での大量得点が狂ったかも知れない。
オフェンスとディフェンスのバランスが若干動いてしまった。
昨年は風間サッカー攻撃すれば点は取られない負けない・・・
他のチームは作戦を考え見破られた、持たされてカウンターでゴール!
風間は変えなかった・・・変えたつもりだったかも知れないが変わらなかった。。。守備無視の攻撃サッカーとは今のサッカーは違う。
実力的には5位前後のチームだと思う!
善戦してる。

 

9:名無しさん@さかまと!

結果しか見ずに書いてる記事の典型。
昨季とは違い、各々タスクがはっきしていて、組織として守れているので、負けているときも大崩れはしてないことには触れられていない。
協力なストライカーや選手層には不安があるので怪我人やハードスケジュールだとボロが出るのは仕方ないし、だからこそサポーターも高望みはしていないが、残留争いをするようなサッカーはしていないはず。
実際に今期の名古屋の試合をみていて、監督として無策だった前監督のときと同じようになるように思えるなら、サッカーライター失格

 

10:名無しさん@さかまと!

着実に成果は上げて来ている!!
ミスジャッジに流されたからねー!(名古屋に限った事では無いが!!)
今の名古屋は大崩れはしていない!それは0-1で負けたというので分かる!
優勝はイルカだろうから2位以下は一緒となれば3位までに入ればいいんでない??
それよりは来季の構成、層を上げる意味では成瀬たち若手が増えるのはいい事だ!!

 

11:名無しさん@さかまと!

去年の名古屋はジョーの負傷から得点力不足が露呈され先制されると苦戦していた
そのジョーが居なくなり攻撃陣はDFの裏を狙う意識が統一されている
攻守の要の阿部や米本不在でも結果を出しているだけに阿部や米本が復帰すれば交代カードの厚みが出る

 

12:名無しさん@さかまと!

優勝争いに絡めるとは最初から考えてない。
このチームは1回勝ち方を忘れると長いので、連敗してからが、監督の力が試される。
連敗しないのがいいけど。

 

13:名無しさん@さかまと!

阿部ちゃんが戻ってきたら逆に1-0で勝ちを拾っていくようになると思う。
名古屋の定位置、7〜9位に今季まず戻って、来季はそこからACL出場権を狙う。
来季は更に補強をして選手層を厚くすること。センターバック、サイドバック、ボランチ、トップ下、センターフォワードを各一名補強が必要。ユースからトップに上げて埋めるもよし、未知の強力助っ人外国人を獲得するもよし。
昨季の二の舞には絶対にならないように、総力戦でお願いします。

 

14:名無しさん@さかまと!

記事ではこれから去年のような連敗が始まるかもしれないと言う論調だが、去年は怪我人が数人出てから連敗が始まった。
今年はすでに阿部、米本が怪我で欠場が続いていて、宮原が開幕から欠場している状態。
去年で言えば連敗の真っ只中の状態で2敗しかしてないことになる。
そしてこの3人が復帰すれば、選手層も一気に厚くなる。
去年のように怪我人が復帰しても勝てないというイメージも今年は無いと思う。
結論として、去年よりチームが良くなっていることは間違いないと思う。
またフロントが暴走して無理やり攻撃サッカーに変更させようとしない限りは、今後も堅調な成績を続けられるだろう。

 

15:名無しさん@さかまと!

FC 東京戦。審判がひどすぎた。成瀬の退場は分かるししょうがない。ただ明らか東京の時はファールとらないよね。カウンターの時後ろから倒してカードかと思ったがノーファール。そんなプレーばっかり。もしこれがわざとじゃなかったらはっきりいってこの主審はひどいよプロレベルではない。確かに直接得点に絡むような判定ではないが、こちらのセットプレーが相手のカウンターになったらそら勝てない。

 

16:名無しさん@さかまと!

確かに個人の技術や運動量をベースにした戦い方なので、主力の疲労や離脱による影響が大きいことは否定できないでしょうね。
ただハマるかハマらないかが極端だった前体制に比べて、分析を強化して相手なりに戦っている印象もあるので、ここ2年のような波の大きいシーズンにはならないのかなと期待しています。

 

17:名無しさん@さかまと!

シーズン前は選手が過剰か?と思いきや、怪我やコロナの影響でABチームどころか1チームを回すことが限界と考えると負けが続いてもおかしく無い状況です。
阿部、米本、宮原、アーリア、渡邉を試合で観たいし、オジェソクもグランパスでどんなプレーをするのか楽しみです。
昨年のような連敗は考えにくいかな?と思います。

 

18:名無しさん@さかまと!

メンバー固定したいマッシモにターンオーバーさせる良い薬になったと思うしかない。試合間隔が空いていれば100%のサッカーして欲しいのはもちろんだが今期みたいに過密スケジュールならメンバー変えても常に80%くらいになれるチームの方が向いているというのが分かったという事で。藤井、石田、渡辺といった若手に復帰する宮原阿部も交えてローテーションだな。

 

19:名無しさん@さかまと!

他の方も言われてるように「常識的なサッカー」の「定義」を示した上で記事書かないとダメなんじゃない?
そして連敗してるわけではないからこういうネガティブな記事書かれてもなと思う。

 

20:名無しさん@さかまと!

>しかも、勝つときは6-2と大勝する一方で、2敗はいずれも0-1。極端に振り幅が大きいスコアは少なからず不安を高め
振り幅が大きいのは、名古屋自身ではなく浦和が原因な件(笑)

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.