特集・コラム・インタビュー

無敗のグランパス、開幕4連勝へ 神戸相手でも変幻自在の布陣「固定したらいけないという考えに至った」

記事の内容

 名古屋グランパスは13日、クラブ記録に並ぶ開幕4連勝を懸けて神戸戦に臨む。マッシモ・フィッカデンティ監督(53)は好調なチーム状況にありながら、柔軟に選手の組み合わせを変えながら戦っていく考えを強調。結果と進化を貪欲に追い求める変幻自在の布陣で2007年以来、14年ぶりの“快挙”を達成する。チームは12日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 「勝っている時は変えない」が勝負の鉄則だろうと、関係はない。次戦で勝てば、1996、2007年のクラブ記録に並ぶ開幕4連勝。負けじと2勝1分けと好調な神戸との一戦を前にフィッカデンティ監督は“変えて”勝つ決意を口にした。

 「(1トップの)山崎でさえ、(そこにとどまらず)動いてスペースを広く使っている。そう考えると、連係や組み合わせなどを固定したらいけないという考えに至った。相手に合わせて『今回はこれでいく』と決めた取り組み方が実際、結果に結びついている」

 選手の起用を固定しがちだった昨季との違いは、開幕3試合でも見てとれた。前線は全ての試合で先発の組み合わせを変更。直前の負傷で実現しなかったが、前節・柏戦には今季未先発のFW斎藤を軸に置いた攻撃プランがあったことも試合後明かした。守備においてもDF木本をクローザーで起用するなど交代枠の活用に積極的だ。

 試合の状況を見た柔軟な選手起用の一方で昨季から不変なのが、1度奪ったリードは絶対に失わないという手堅い試合運びだ。開幕3連勝は全て1点差。指揮官も「危機管理のアンテナをすごく張ってくれている」と評した。

 昨季途中に三浦監督へ交代した神戸については「縦に速いサッカーに大きく切り替えている」と分析をする。今季初の中2日で迎える神戸戦。“変幻”布陣で11年ぶりのタイトルに向けた種を蒔きながら、開幕連勝街道を突っ走っていく。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

イニエスタが居ないから今日は長澤が先発かな。米本は休ませながら使わないと怪我しちゃうからね。
神戸のディフェンスラインから考えるとやまさきではなく曜一朗TOPでTOP下シャビエルかと思います。

 

2:名無しさん@さかまと!

ノエビアの滑る芝は苦手です。
現在4連敗中なのは気になるところ。

 

3:名無しさん@さかまと!

このアウェー序盤のヤマかも。

 

4:名無しさん@さかまと!

変えて勝つ・・・いいと思います!

 

5:名無しさん@さかまと!

トップ下シャビエルも見たいです。

 

6:名無しさん@さかまと!

今後のケガや過密日程を考えて、木本、長澤、森下、斎藤のスタメンも試して欲しい。
替えが効かない選手っていうことも理解できますが、せっかく獲得したので、本番で早い段階で試して欲しい。
あと新外国人ユンケル契約に至ると良いですね

 

7:名無しさん@さかまと!

固定したらいけないというけど、今日もマテウス、稲垣、丸山、中谷、吉田豊、ランゲラックはスタメンでフル出場でしょう。
今日もとにかく結果を出す事が大事。内容どうこうはチームが常勝軍団になってから。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.