【試合】前評判・結果・戦評

室屋が練習試合でハノーファーデビュー…原口とともにスタメン出場、両SBでプレー

記事の内容

 DF室屋成とMF原口元気が所属するハノーファー(ドイツ2部)は、21日にユルディンゲン(ドイツ3部)との練習試合を行い、4-3で勝利した。

 室屋は先日、FC東京からハノーファーへと完全移籍を果たし、2023年6月30日までの3年契約を締結。ユルディンゲン戦がハノーファーでの初の実戦となった。

 練習試合は115分間の特別仕様で行われ、室屋は原口とともにスタメン出場。室屋は右サイドバック、原口はセントラルMFでのスタートとなった。ハノーファーは3分に先制を許すと、14分に室屋がロングボールの処理を誤った場面からピンチを迎えてしまうが、ここはGKミヒャエル・エッサーのセーブに救われる。22分に追いついたハノーファーは28分に逆転し、42分には3点目を獲得する。

 ハノーファーは59分、ボールを持ちすぎたGKエッサーのミスから2失点目を献上。1点差で突入した2度目のブレイクで、室屋は一度ベンチに下がった。ユルディンゲンは直接FKでのゴールから試合を振り出しに戻したが、ハノーファーは67分に勝ち越し弾を獲得。90分、3度目のブレイク後から室屋は再びピッチに投入され、今度は左サイドバックとしてプレーした。
 
 ハノーファーは公式サイトのマッチレポートで、「室屋成にとっては良いデビュー戦だった。毎分、彼はより良い戦い方を模索し続け、右サイドでは多くの攻撃的な姿勢を見せていた」と室屋のデビュー戦を評価した。なお、同クラブはYouTubeの公式チャンネル上にて、ユルディンゲン戦のフルマッチ映像を公開している。

 ブンデスリーガ2部は9月18日~21日に開幕を迎え、ハノーファーは19日にカールスルーエと対戦する。

SOCCER KING

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ea20b96b57675122ecdad474cf519e997e58ffcf

 

1:名無しさん@さかまと!

FC東京は、SB室屋のドイツ移籍で出来た穴を、長友(ガラタサライ)を呼び戻すことで埋めて欲しいです。
長友の欧州・A代表での十分な実績・経験、そして誰ともコミュニケーションがとれるその明るい性格が、必ずやチームに良い影響を及ぼすでしょう。

 

2:名無しさん@さかまと!

サイドバックいいね。
ザンブロッタも途中からサイドバックやったぐらいやし、全然チャンスあると思う

 

3:名無しさん@さかまと!

ウーム。こりゃ代表でも長友の跡は原口が継ぐだな
外回るだけじゃなくて、インナーラップから中央入ってドンとか
形になったらいいよね。今までないパターン
きちんとDFとしての守備覚えてもらいたい

 

4:名無しさん@さかまと!

いつのまに…

 

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.