特集・コラム・インタビュー

日本代表MF守田「誰が抜けてもあのクラブは勝つ」古巣川崎の“強さ”に太鼓判

記事の内容

名古屋に快勝した川崎について守田が公式ツイッターで言及

 J1で首位を走る川崎フロンターレは29日、上位対決となるリーグ第22節で2位名古屋グランパスと対戦し、4-0で快勝した。12試合3失点と堅守を誇る相手に対し、開始3分でU-24日本代表MF旗手怜央が先制点を挙げるなど、前半だけで3点のリードを奪う猛攻を見せた。これにポルトガル1部サンタ・クララの日本代表MF守田英正が「誰が抜けてもあのクラブは勝つよ」とその強さに太鼓判を押している。

 開幕12戦無敗(10勝2分)でリーグ最多の30得点を誇る王者・川崎と、最少失点の名古屋が激突した一戦。“最強の矛と盾”の対戦とも言われたゲームは、前半3分にあっさりとゲームが動いた。川崎のMF三笘薫が左サイドからカットイン。ゴール前へ斜めのパスを入れ、FWレアンドロ・ダミアンがポストプレーで落とすと、MF旗手怜央が反応し、ペナルティーエリア中央で右足を振り抜いてネットを揺らし、先制に成功した。

 川崎の勢いは止まらず、前半10分、MF家長昭博が左サイドから高精度のクロスをゴール前に供給。L・ダミアンが打点の高いヘディングシュートを放ち、あっと言う間に追加点を挙げる。さらに前半23分、MF田中碧がコーナーキックを蹴り込み、ニアサイドでMFジョアン・シミッチが後方にフリック。これにL・ダミアンが反応し、ゴール前で押し込んでリードを3点に広げた。

 後半には途中出場のFW遠野大弥がダメ押し弾。開幕12試合で3失点だった名古屋相手に、4得点する圧倒的な力を発揮した。

 古巣の快進撃に守田が反応。自身の公式ツイッターで「誰が抜けてもあのクラブは勝つよ。練習を見にいけばわかる。たぶんね」と、その強さに太鼓判を押した。ファンからも「この言葉は重い!」「すげえチーム愛」「この発言にはグッときた」「全盛期の鹿島を感じた」「説得力しかないですね」と大きな反響を呼んでいる。

 無敗で突き進む王者・川崎。守田の言葉をチームはプレーで証明している。

https://twitter.com/mrt_510/status/1387679946500239361

 

1:名無しさん@さかまと!

三笘が抜けたら旗手、旗手が抜けたら遠野、田中が抜けても大島という日本一のお手本を筆頭に
塚川、小塚、橘田、松井らが続く。SBには佐々木、田邉、イサカ、神谷らが次に控えている。
次世代の融合で上手く循環していける未来は見えていると思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

川崎というお手本のようなクラブがあるんだから他のクラブも追い付け追い越せで頑張ってほしい。Jリーグのレベルを上げるチャンス

 

3:名無しさん@さかまと!

これよほどのことがない限り、あと3年は川崎がぶっちぎりで優勝しそう……
どう考えてもJ史上最強でしょう。
相手チームからしたら、引き分けで実質勝ちで、
0-2くらいの負けでも賞賛されるレベルで強いチームなんて過去なかったし…

 

4:名無しさん@さかまと!

フロントが優秀なんだろうな。 このまま、ずっと強豪クラブでいてほしい

 

5:名無しさん@さかまと!

今いるメンバーも凄いし、控えも凄い。
大島選手、小塚選手とか楽しみなタレントもいる。レンタルで宮代選手もいる。
内定者もいる。ユースもいる。長年で築き上げた素晴らしいチームだと思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

どのリーグ戦より紅白試合の方がレベル高そう。

 

7:名無しさん@さかまと!

止める、蹴るの基礎を徹底させたのが風間八宏前監督。
その重要さに気付きクラブの育成方針の柱に据えて(風間さんに)下部組織の指導者にも指導法を教えてもらい、
その指導を受けた選手が育ち形となって表れてきてる。
名古屋は、どこまで風間さんの指導が血肉になっていたのか…。
それよりはセレッソが基礎の重要性に気付いて風間さんを招聘したから、その指導を受けた選手が出てくるはずの数年が楽しみ。

 

8:名無しさん@さかまと!

逆に言えば、4年間と少しの期間に通算で95勝もしている鬼木の後任には相当のプレッシャーがかかる。

 

9:名無しさん@さかまと!

3年前位は小林悠のチームって感じだったのにめっちゃ変わってより強くなってる印象
ポジション無くなりかけてる小林悠、、
フロンターレレベル高いなー

 

10:名無しさん@さかまと!

神奈川県に、最も強いクラブと最も弱いチームの2つがある。

 

11:名無しさん@さかまと!

もちろんクラブと代表は違うけど、今回の一戦でますます鬼木さんに代表監督やってもらいたくなった。

 

12:名無しさん@さかまと!

体格からして、カテゴリーが違う気がした。
川崎はJ1より上でやって欲しい。

 

13:名無しさん@さかまと!

他チームが同じ練習していても、この完成度にはならない気がする。

 

14:名無しさん@さかまと!

練習もそうだと思うがスカウトのレベルが違う。

 

15:名無しさん@さかまと!

昨日の闘いはホントに川崎の凄さをマジマジと感じさせる1戦だった。
小林悠・大島僚太が居なくてもあの強さ。選手層もこの吸うねで厚みが出てきている。

 

16:名無しさん@さかまと!

他サポだが、今の川崎は真の常勝軍団になっているよ。
メディアもそろそろ「常勝軍団」という頭文字を昔のイメージで語るのではなく、今の川崎につけるべきだと思うよ。
だが、その強さは認めるが、他サポとしてはこのままでは面白くない。
自分の応援するチーム含め、他チームにも奮起してもらいたいよ。

 

17:名無しさん@さかまと!

大島が代表合宿で欧州組と練習した際に、強くなったが上手くなっていない欧州組を見て、
技術を磨くなら川崎が上と判断したように、守田自身もサンタ・クララに移籍してそこは強く実感しているのだと思う。
技術を重視するか、フィジカルを重視するかが川崎の若手選手の移籍にも大きく影響を与えるポイントだと思う。

 

18:名無しさん@さかまと!

他サポだけどコロナ収束したら川崎の練習見学に行きたい。
他のチームと入団時の質は変わらないのに、同じ数の試合、年数過ごしてる他クラブの選手と成長スピードが違いすぎる。
川崎に入団する選手は確かにレベル高いけど、大学ナンバーワンってほどではない。それでも、すぐに川崎にフィットして成長していってる
一方、大学ナンバーワンで他チームに入っても出場機会すら満足に得られずにカテゴリーを下げていって終わる選手もいる。
他チームも情けないからってくだらないこと言ってないで川崎から学んでいかないといつまで経っても追いつけないよ

 

19:名無しさん@さかまと!

小林悠がベンチになってしまうチームはすげ
数年は川崎の黄金期かも
ぜひともJを代表してACLとって欲しい

 

20:名無しさん@さかまと!

去年までは「はいはいACL取ってからドヤってね」みたいな風潮を感じたけど
今年は少し違う空気を感じる。「いやホントにACLとってきてほしい」みたいな
変わってきた要因を考えると、勝利を積み重ねることと奢らず上を目指す姿勢を示し続けてきたこと、なのかな
今年ACLでしょっぱい戦いしたらまた言われる気がするし
マジで今年は勝ってほしいと願ってます


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.