特集・コラム・インタビュー

日本代表に14失点のモンゴル、指揮官は「とにかく1点でも入れたかった」

記事の内容

選手たちの姿勢を評価

日本代表は30日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でモンゴル代表と対戦し、14-0で大勝した。試合後、モンゴルを指揮するラスティスラブ・ボジク監督が会見でコメントした。

予選4連勝で首位の日本が、勝ち点3で最下位のモンゴルと対戦。韓国代表戦からスタメンを2選手入れ替えて試合に臨んだ日本は、南野拓実のW杯予選5試合連続弾を皮切りに、守田英正、途中出場の稲垣祥と古橋亨梧らの代表初ゴール、大迫のハットトリックなどで大量14ゴールを奪取。日本のW杯アジア予選最多得点記録を樹立し、グループ首位通過に王手をかけた。

試合後、ボジク監督は「こういう結果の試合を分析するのは難しい」と気落ちしつつも、「私たちは諦めなかった。得点をしようというモチベーションは高かった。この試合はとにかく1点でも入れたかったのですが、その差が非常に大きかったです」と、自力の差がありながらも最後まで力を尽くした選手たちの姿勢を評価した。

「ただ、日本も非常にモチベーションが高く、もっと得点を挙げようとしていました。それは一人一人がW杯に向けてポジションを得たいという、意欲があったからだと思います」

「日本の選手が1点でも多く取ろうとする中で、差がついてしまいました。結果は悪いかもしれませんが、この試合は色々な側面から見ることができるので、結果だけにこだわりたくはないと思います」

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

そう。モンゴルが攻め気を失わず、日本がボールを下げたときに、しっかりラインを上げて対応してくれたから、この結果になった
大量失点は、前に出る意思の裏返し。結果は散々だったかもしれないが、フェアで、勇敢だった

 

2:名無しさん@さかまと!

この監督は戦術面は置いといて、精神面は本当にすごいと思う。
日本がすでに10点入れていた状況でもベンチに座り込むことなく鼓舞していた。こんな監督応援したくなりますね。

 

3:名無しさん@さかまと!

一次予選からの勝ち上がりだから
この結果も致し方ないでしょう。
でも、最後までふてくされることもなく
試合を進めてくれました、ありがとうございます。

 

4:名無しさん@さかまと!

この試合双方ともレッドもイエローもゼロでした。この点はもう少し評価されてもいいと思う、特にモンゴル側に対して。

 

5:名無しさん@さかまと!

最後までラフプレーもせず攻守に一生懸命戦ってたのは凄い好感持てました
ほんとモンゴルサッカー発展してほしいですね、応援してます

 

6:名無しさん@さかまと!

モンゴルはリスペクトするよ
あの状況で最後まで戦うのはメンタルが強くないと出来ないよ
日本が逆の立場だったら…と思う

 

7:名無しさん@さかまと!

本だって最初に予選に参加した頃は似たようなもんだったんじゃない?
年月を重ねてドーハの悲劇を経験してやっとたどり着いたんだから諦めないで欲しい。
前への気持ちを忘れないモンゴルの選手たちなら出来ます。

 

8:名無しさん@さかまと!

日本代表は最後まで手抜きせずに攻め続けた。
モンゴル代表も最後まで諦めず攻め続けた。
結果以上にサッカーの本質が見れた好試合。

 

9:名無しさん@さかまと!

正直チーム力はかなりの差だったと思うので、この差は致し方なかったかなと…
その中でモンゴルのGKは時折良い反応をしていましたよね
アジアの底上げにも、こういった選手にJリーグのアジア枠などを使って、チャンスを上げられたらなぁと思いました

 

10:名無しさん@さかまと!

嬉しいコメントをしてくれる冷静かつ熱い監督ですね。
日本の中でも競争があるから緩めない、アピールする、ってわかってるけどなかなか相手が言えないよ

 

11:名無しさん@さかまと!

日本も昔はモンゴル的立場だった時期があったはず。世界に学び頑張ったから今がある。
モンゴルだっていつになるかわからないが越されるときが来るかも知れない。
その時にこの試合のようにお互い力を発揮し、レッドカードやイエローカードなく
どっちが勝っても気持ちよく終われる関係であって欲しいと願います。
この対モンゴル試合のような物を親善試合といえるのであって、
決して韓国との試合みたいな物を言うべきではないと思う。

 

12:名無しさん@さかまと!

モンゴルのゴールキーパー良かったと思う。選手全員よく走るのとか、守備の時の重心の低さと粘り強さは国民性かな?
育成頑張ったら南米のパラグアイみたいなチームになっていきそう。ちょっと楽しみ。

 

13:名無しさん@さかまと!

モンゴル立派です
悪質なファールが一才なかった
スライディングしながら足をたたみ相手を傷つけないいようにしていた
最後までディフェンスライン上げて闘ってた
GKは特に最後まで、ふてくされることなく
ゴールマウス守り続けてました
ずる賢いプレーは必要ですが、それはまだ先、今は懸命にプレーしてください
日本もまだまだ途上です
改めて、ありがとう
素晴らしいチームです
朝青龍さん母国チームを誉めて挙げて下さい

 

14:名無しさん@さかまと!

日本も30年前まではほんと韓国レベルにも勝てなかったし、今でもブラジルやメキシコには勝てない。
それでもヨーロッパの1部リーグで活躍する選手がめちゃくちゃ増えて、ワールドカップ出場は当たり前になって、
もう少しでベスト16の壁が破れそうなところまで来れたわけだから、経験の積み重ねだよね、結局は。

 

15:名無しさん@さかまと!

最後まで腐らずラフプレーも無く臨んでくれたことに敬意を表します。

 

16:名無しさん@さかまと!

差があるということは、伸びしろもあるということ。
戦術面での差は、こういう強いチームとの試合を何度も見て、
どういう意図を持って各選手が連動して動いているのか、完コピするつもりで分析すれば参考になると思う。

 

17:名無しさん@さかまと!

最後まで相手を舐めたプレーをしなかった日本代表はプロフェッショナルだった
最後まで心折られず試合を棄てず試合を壊さなかったモンゴル代表もまたプロフェッショナルだった
こういった試合は大抵、強者側弱者側どちらかのモチベーションが崩れ、試合も壊れてしまうもの
なのにこの試合は最後まで互いが集中を切らさず、試合や相手へのリスペクトも失わず、珍しいほど素晴らしい試合になっていた
両チームに拍手を送りたいです

 

18:名無しさん@さかまと!

これが中東の国が相手だったら、前半の時点で試合を投げてラフプレーの連発だっただろうな。
日本も大差がついても相手をからかうようなプレーはせず、淡々とだけど常に最善のプレーを続けていたから、
過去の代表の試合のような大味でグダグダな展開にはならず、最後まで引き締まった試合になった。
90分あの内容を続けたことが日本にとっては最大の収穫で、日本サッカーの成長の証だと思う。

 

19:名無しさん@さかまと!

クリーンな試合をしてくれて感謝するしかない、日本から指導者を派遣して強くなってほしい、
そして数年後いい戦い出来るチームになってほしい

 

20:名無しさん@さかまと!

モンゴルの選手たちは、どれだけ点差がつこうとも最後の笛まで懸命にゴールを目指していて、その姿にとても胸打たれた。
何よりも真剣かつ全力ながらも危険なラフプレーがほぼ無く、カードを一枚も貰わない紳士的なプレイが素晴らしい。
日本代表はとても良い対戦相手と試合ができたと思う。
一サポーターとして心から敬意を表したい。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.