特集・コラム・インタビュー

宮市亮、チーム再始動もフル参加できず…新監督「まだ100%ではない」

記事の内容

MF宮市亮が所属するザンクト・パウリは2日、新シーズンに向けて再始動した。だが、宮市は負傷の影響で練習にフル参加できなかったようだ。クラブ公式サイトが同日に伝えた。

 宮市は、2019-20シーズンのブンデスリーガ2部で第28節までチームの主力として全試合に出場。だが、新型コロナウイルスの影響でイレギュラーな中断を強いられると、リーグ再開後に内転筋を負傷して5試合を欠場していた。シーズン終了前に日本に帰国していたが、7月末にハンブルクに戻り、チームの再始動前からオフ返上でトレーニングを行っていた。

 今夏に就任したティモ・シュルツ新監督は2日の会見で「練習にフル参加できていないのは2選手だけだ」と明かし、ドイツ人FWクリストファー・ブフトマンとともに宮市について言及。「昨季終盤を欠場したリョウ・ミヤイチは、まだ100パーセントに戻っていない。だが、今後数週間でトレーニングの負荷を上げることができると楽観視している」とコメント。完全合流にはもう少し時間がかるようだが、新シーズン開幕は視野に入っているようだ。

 2日に練習を再開したザンクト・パウリは、9月中旬の2020-21シーズン開幕に向けて、5試合のテストマッチを行う予定。8月25日~9月2日は国内でトレーニングキャンプを行う。

SOCCER KING

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/64e5f833fe653dcb400e5bf3e6277d64346b0469

 

1:名無しさん@さかまと!

よかったあ、膝は重傷じゃなかったんだな。
マジで心配した。

 

2:名無しさん@さかまと!

期待してるゼ。
リョウ。

 

3:名無しさん@さかまと!

宮市の速さを、サイドバックで生かせないのかな?
日本代表で、久保と宮市で右サイドを見てみたい。

 

4:名無しさん@さかまと!

可哀想だけどずっと怪我してるイメージ。結果も出してない。
基礎能力が高くて期待値が高かったからヨーロッパサッカーの投資対象にされてる。
秘密のまま終わりそうな兵器

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.