特集・コラム・インタビュー

【悲報】日本代表のエース三笘薫さん、とうとう森保監督への本音をブチ撒けてしまう「攻撃の戦術が全くないし、結果を出しても序列が変わらない」

752: 2022/06/15(水) 08:02:56.27

ポイチさあ、三笘に言われとるぞ
これじゃ監督の仕事殆どやってないと同じじゃん

記事の内容

仕掛ければ抜けるが…三笘薫が感じたジレンマ「フィールド内での対応力に頼ってしまっている」

[6.14 キリン杯決勝 日本0-3チュニジア パナスタ]

仕掛ければおおかた突破できる能力がある。途中出場で相手が疲れて自分がフレッシュな状態ならばその確率はより上がる。だから「途中で出ると仕掛けたくなる」――。

1点を追う後半15分からピッチに立ったMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)は、左サイドで再三再四のドリブル突破を見せたが、得点を生み出すことはできなかった。複数に囲まれればその都度CKを得てチャンスを広げたが、今の日本にセットプレーからの得点の匂いはない。それどころか、後半アディショナルタイムには前掛かりになってカウンターからとどめの3失点目を食らった。

試合終了から約1時間後、オンラインでの取材エリアにやってきた三笘は、既にある程度の整理がついている様子だった。突破はできても得点に至らなかった理由を尋ねられると、「シンプルに最後の質と、もう少しゆっくりやって人数を掛けながら攻めること、チームとしてゆさぶりをかけながら攻撃することが必要だったと思う」と振り返った。

三笘の指摘通り、日本は1点のビハインドとなってからは攻めがより単調になった。三笘自身は「自分が途中で出ると仕掛けたくなる」と客観視しつつ、「チームとしてもバリエーションが少ないし、シュートの数も少ない。ミドルシュートで相手を引き出すことも必要。チームとして攻撃の組み立てのところで共通意識がないと、自分は毎回仕掛けて取られてカウンターされるようになる」と言う。

三笘がA代表デビューを果たしたのは、日本がまさかの黒星発進となり、崖っぷちに立たされていたアジア最終予選第6戦のオマーン戦。「最終予選では前日に入って試合になり、コンディションを優先していたし、(戦術や狙いなどを)チームとして落とし込む雰囲気がなかった」という。

約2週間の代表活動だった今回はまとまった時間があったが、「狙いの細かさが全然足りていない」(三笘)と感じている。「まだフィールド内での対応力に頼ってしまっている。いろいろな人たちで議論しながらやっていく必要があると思うので、僕自身もコーチやスタッフといろいろな話をしながらやっていきたい」。自覚と責任感をにじませながらそう言った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/84506ec49969993e03ad8da50382a1603ba2390e

 

755: 2022/06/15(水) 08:06:57.46
>>752

三苫は攻撃の組み立てに共通意識がないと嘆いてるけど
これって監督批判なんだよね

 

758: 2022/06/15(水) 08:07:10.10
>>752

4年前の代表と協会が即興力重視に舵切ったのだから、三笘の対応力の無さが悪い

 

759: 2022/06/15(水) 08:09:09.02
>>752

さすが日本代表のエースだわ
他の選手やキャプテンと違って意識高いな
解任されないならもう話し合いに行くしかないんだよ

 

762: 2022/06/15(水) 08:11:49.47
>>752

??「イライラするところが好きじゃない」

 

761: 2022/06/15(水) 08:10:42.57
西野も森保も自分が何もしなくても選手が全部やってくれるチームを目指してるんだから
森保が何もしないって批判は筋違い
森保は元から選手に全部任せると言ってる
とりあえず前半は右サイドの伊東の個人技頼み
後半は左サイドに三笘入れて三笘の個人技頼み
後は選手がなんとかする
森保に何かしてもらおうなんて甘えだろ

 

765: 2022/06/15(水) 08:13:02.62
>>761

選手に任せるくせに足を引っ張る長友とか吉田、好き勝手やってチームが混乱する堂安、久保を入れるからなあ

 

769: 2022/06/15(水) 08:15:50.34
>>765

監督が一番戦術理解低いからどうしようもない

 

記事の内容

持ち前のキレキレドリブルでアピールも…三笘薫「序列は変わっていない。結果を出しても…」

 日本代表は6月の4試合を2勝2敗で終えた。パラグアイ(4-1)とガーナ(4-1)には勝利したものの、FIFAランキング1位のブラジルには0-1で敗れ、キリンカップの決勝ではチュニジアに0-3と惨敗を喫した。

 この4試合すべてで起用された三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ/川崎フロンターレU-18出身)は、パラグアイ戦とガーナ戦で1得点ずつを挙げた。

 パラグアイ戦では原口元気(1.FCウニオン・ベルリン/浦和レッドダイヤモンズユース出身)からのパスを受けると、軽く浮かせた技ありシュートでネットを揺らした。ガーナ戦では左サイドからのシュート性のクロスが直接ゴールに収まった。また得点以外でも、持ち前の突破力を活かして再三チャンスを演出した。少なからずアピールしたと言える。

 今年に入ってから国際Aマッチ7試合・4得点。チームをワールドカップ出場に導くオーストラリア戦での衝撃2ゴールをはじめ、決定的な仕事を連発し、いまやそのドリブルは日本の大きな武器になっている。

 しかし、三笘は「序列は特には変わっていないと思う」という。

 「ブラジル戦、決勝戦(チュニジア戦)はベンチだった。連戦も考慮されていると思いますけど、結果を出してもそういうところに入り込めていない現状があると思います。もっともっと個人として、フルで出た時に存在感を出していかないといけないと自分でも感じています。今日のような相手(チュニジア)に対して結果を出さないと価値はないかなと思います」

 そんな三笘は、ビハインド時に攻撃の仕方について問われた際に、個人とチームの課題に言及している。

 「そこが難しくて、自分が途中で出た時には仕掛けたいという気持ちを強く持っている。相手が複数人かけていてもそこをいくのか、上手く周りを使いながらチームとして人数をかけていくのか、その判断のところは自分自身の課題ではある。チームとしてもバリエーションが少ないですし、シュートの数自体もあまり打てていない状況。

 ミドルシュートで相手を引き出すところだったり、チームとしての組み立て方を作っていかない、毎試合こういうふうな流れになる。そして自分はいくだけになってカウンターを受けるのは、本大会ではやってはいけない。チームとしてどう攻めていくのかは決まり事ではないですけど、いろんなものを持たないといけない」

 改めて課題が浮き彫りになった6月の4連戦。ここから三笘はワールドカップのメンバー入りへ向けてどんな成長を遂げるのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4abe82402238512d80091a9573fb838cb98c83de

 

 

763: 2022/06/15(水) 08:11:56.60
三笘は自分は選ばれないと思ってるからポロッちゃったね
実際この発言で田嶋に睨まれて落とされるの確定だろう
自分は選ばれると思ってるやつはだんまりだよ

 

771: 2022/06/15(水) 08:16:45.24
シュミットダニエルは外されるからいいとして、スポンサー枠かしらんけど南野はスタメンで使い続けないといけないのは辛い
スタートから三笘だったらよかったのに

 

910: 2022/06/15(水) 10:05:24.47
名将鬼木の元でやってたんだからそりゃ三笘も森保に不満よな

引用元: ・移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14764


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.