特集・コラム・インタビュー

2人で48ゴールに関与した“ウンダブ&三笘”がプレミアへ 得点力不足に悩むブライトンの救世主となるか

記事の内容

プレミアにサプライズを起こすことはできるか

莫大な放映権料の流入で、中堅クラブも豊富な資金を持つようになったプレミアリーグ。そのためBIG6にも対抗できる戦力を保有するクラブが多くなっている。例えばブライトンやウルブズがそうだ。彼らは堅守を武器としており、昨季の失点数44点と43点はリーグで上から6番目と5番目の数字である。しかし得点数は42点、38点と少なく、彼らが堅守そのままに攻撃を改善できれば、EL圏内を争えるクラブになる。

それでいえば来季のブライトンは攻撃面で大きな変化がある。それはベルギーのロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズからやってくるFWデニス・ウンダブと三笘薫のことである。

ドイツの3部であるTSVハフェルゼでキャリアをスタートさせ、その後2020年にユニオンへやってきたウンダブ。ベルギーでは2季連続で得点を量産しており、昨季は25ゴール9アシストを記録。昇格年度ながらレギュラーシーズンでは1位、決勝ラウンドでは2位の好成績で終えたチームをストライカーとして支えた。冬の移籍市場でブライトンに引き抜かれており後半戦はベルギーに残ったが、22-23シーズンからプレミアリーグで戦うことになる。

ウンダブに期待するのは得点面だ。昨季のブライトンはチーム内得点王がレアンドロ・トロサールの8点で、二桁得点を取った選手がいなかった。そこでウンダブが得点源になれればチームとしては勝ち点を拾いやすくなるだろう。

三笘はおそらくウイングバックでの起用になるが、彼のドリブルがどこまでプレミアに通用するのか注目だ。日本代表ではガーナやパラグアイ相手であれば敵なしだったが、エデル・ミリトンと対峙したブラジル代表戦では完璧に抑えられてしまった。プレミアにはカイル・ウォーカーをはじめ守備を強みとする選手が多く揃っており、彼ら相手にどれだけ違いを作れるかが大事になる。

ベルギーで計48ゴールに関与した2人を来季からトップチームに加えるブライトン。いきなり通用するとは思わないが、彼らのポテンシャルは高く、ウンダブと三笘の活躍でブライトンがより多くの勝ち点を掴めることを期待したい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/272f030bb4111a135873d8a91c2fd3a19ee38e5f

 

1:名無しさん@さかまと!

ブライトンはククレジャにマンチェスター・シティ移籍の可能性が浮上しています。 ククレジャはヘタフェ時代に久保建英とプレーしています。
バルセロナのカンテラーノで、次は三笘薫と一緒にプレーしているところが見たいと個人的には考えていますが、マーケットが閉まるまでは何が起こるか分かりません。
ククレジャが移籍した場合、サイドアタッカーとして三笘への期待は高まるかもしれません。

 

2:名無しさん@さかまと!

日本代表だと三笘にボール預けて、行ってこい!!って戦術だからSBも三笘だけを見てればよかったし3人で囲めば抜かれることはほとんどなかったと思うけど、
さすがにブライトンなら、周りのサポートも来ると思うし、周りを使いながらドリブルでも突破できてってなるとかなり驚異になると思うから、まずは試合に出たら結果が残すことが大事。

 

3:名無しさん@さかまと!

純粋にフィジカルが足りて無い。
うまいだけの選手は腐るほどプレミアにもいる。
三笘以上の選手なんて上げ出したらキリがないくらいに。
周りのサポートもククレジャはそれこそ攻撃にも全力で参加していたけど居なくなると本当に前線は孤立状態になる事が多いチーム。
堅守のチームで速攻をするならある程度個人で持っていかなきゃいけないが当たりに弱ければなんの役にも立たないってことになるのがプレミアなのでまずフィジカル面で大きく成長して暴れて欲しいですね。
得点どうこうよりビッグクラブ相手にもDFをてんてこまいにしたり爪痕残せればこれからのステップアップにはプレミアはもってこいだと思う。

 

4:名無しさん@さかまと!

川崎で活躍できたのはSB登里がサイドの司令塔的な役を担っていて最適なタイミングでフォローしたりパス出していたから三苫のドリブルが活きる。
代表でもこれが出来ないから活きない。 一人でいってこい戦術ってウイイレじゃないんだから、
それが出来るんなら守備させないで残しておけば常に決定的なチャンスつくれるじゃん。

 

5:名無しさん@さかまと!

周りのサポートが来るかどうかはチーム力ではなく、相手チームとのチカラの差や戦術が関係してくる。
ブライトでは日本代表より厳しくなると推測するのが当然だと思うのだが。

 

6:名無しさん@さかまと!

エデル・ミリトンと対峙したブラジル代表戦では完璧に抑えられてしまった。
という記述あるが、あの場面で三苫選手がカウンターを受けないように、状況を見てから、チャレンジできたことへの評価がないのがよくわからない。
ドリブル突破する際に後ろのリスクを考慮できてるかできてないかはかなり重要じゃないか。
状況見てプレーしてるんだから、抜ければ一攫千金、失敗すればバックアップがある。
このシーン見て、個人的にはかなり良い選手だとむしろ思った。

 

7:名無しさん@さかまと!

ククレジャと三苫は利き足が違うからなんとも言えないけど、ウイングバックでの三苫よりも中で勝負する三苫が見たい。
サイドでも仕掛けられるけれど。 なんにせよ、プレミアで活躍する日本人をもっと見たい。

 

8:名無しさん@さかまと!

苦戦するだろうね。 更に多分あまり活躍は出来ないだろう。 ベルギーとは格段にレベルが違う。
プレミアのスピード、フィジカルについていくのが精一杯では? 勿論期待はしたいが上手くいくイメージがわかない。
ドリブラーだからそれが通用しなくなったらどうなるのだろうか。

 

9:名無しさん@さかまと!

プレミアから南野選手が去って寂しくなるって思ってたら今度は三笘選手。
代表よりやり易いかもですね、周りのサポートにも期待持てるしドリブルだけでなくもっと色々できる選手だと思うし、ただプレミアは激しいからWC前に怪我はしないようにお願いします。

 

10:名無しさん@さかまと!

>日本代表ではガーナやパラグアイ相手であれば敵なしだったが、エデル・ミリトンと対峙したブラジル代表戦では完璧に抑えられてしまった。プレミアにはカイル・ウォーカーをはじめ守備を強みとする選手が多く揃っており、彼ら相手にどれだけ違いを作れるかが大事になる。

まさに、この点だよね。 大注目。 ブレイクして欲しい。

 

11:名無しさん@さかまと!

これは1番楽しみだな!三苫のドリブルがプレミアでどこまで通用するか!一年目はかなり良い線いけると思うんだよな、研究も大してされてないだろうし。勝負は2年目以降!研究された中でも活躍できたら良いなぁ

 

12:名無しさん@さかまと!

ミリトンに完全に抑えられたって…確かに抜け切れなかったけど、一方的に攻めこまれた展開で個人技で相手守備人を押し込む事が出来たし、コーナーキックを取れたのは大きいと思う。 プレミアでは最初は苦労するだろうが期待しかない。

 

13:名無しさん@さかまと!

これでククレジャが残ってくれたらめっちゃ面白そうなんやけどな。 個人技でどこまで通用するかってのも興味あるけど、ここにトロサールあたりとも上手いこと絡めれば、今季のブライトンでのサッカーは楽しそう。 三笘は両方できることが強みやからね。 どんな選手でもプレミアで独力一本じゃ当然無理だから。

 

14:名無しさん@さかまと!

ククレジャ残ってくれたらブライトンとしてはどんな補強よりも価値がある。 でも三笘としては昨シーズン8割を占めた352のシステムでとんでもない選手とポジション争いすることになる。

 

15:名無しさん@さかまと!

ブライトンはシステム的にウイングバックというほどウイングバックじゃないとおもう。片方がサイドバック寄りで、もう片方がサイドハーフ的にしたいんだと思う。

 

16:名無しさん@さかまと!

ボールコントロールがかなりうまく、足もそこそこ速い。足に吸い付くようなドリブルから、任意のタイミングでシュートなりパスなり選択できる。プレミアも昔みたいなぶちかましディフェンスはなくなってるし、十分通用する...と期待したい。

 

17:名無しさん@さかまと!

頭いいから、システムの中で選択肢としてドリブルがある感じに見える。 連携での崩しや起点のが楽しみ。 いまのままだとカットインはまだまだだと思うけど成長に期待はしたい。

 

18:名無しさん@さかまと!

日本代表では三苫の個人での突破がメインだけど、通常クラブレベルではサポートも付くし囮の動きで敵を引き付けるを味方もいる。前線が上手くハマれば三苫は活きてくると思うけど。

 

19:名無しさん@さかまと!

ウイングバックだと守備は不安だし、スーパーサブ的な役割になると思う。 プレミアのDFは力ずくでも止めてくるだろうからそんなに甘くはないと思うけど、変に焦って身体を重くしないでほしい

 

20:名無しさん@さかまと!

勘違いしてる記事が多いけど三笘は抜けなきゃ抜けないでシンプルに味方使ってワンツーなりキャンセル出来る頭の良い選手だからね
相手を抜かなくてもピン止め出来るだけで味方が上がる時間が出来るから、めちゃくちゃありがたい存在。


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.