【試合】前評判・結果・戦評

恐るべし、三笘。中村のトラップミスをまるで待っていたかのような動き出しは極上だった

記事の内容

勝負の分かれ目となった川崎の3点目

 4月11日に行なわた多摩川クラシコは、川崎がFC東京に勝利という結果に終わった。4-2というスコア以上の差を見せつけての、いわば横綱相撲だった。「打ち合う」(長谷川監督)スタンスで挑んだFC東京をスコアで上回り、さらに内容でも圧倒したわけだから、そう表現するのが妥当だろう。

 勝負の分かれ目となったのは、川崎の3点目だろう。59分、FC東京に1点を返されて2-1となりながらも、その2分後に三笘が追加点を決めて再び突き放したゴールである。

 そのゴールを振り返ればまず、川崎の右サイドバック・山根が敵陣にドリブルで持ち込んだボールを逆サイドの三笘めがけてフィード。これに反応したFC東京の中村拓がトラップミスすると、それを見逃さなかった三笘がこぼれ球をかっさい、そのままエリア内に進入して右足で蹴り込んだ。

 ここで見逃せなかったのが、中村拓のトラップミスをまるで待っていたかのような三笘の動き出し。中村拓の身体の向き、視線を計算したうえでの絶妙なポジショニング、ボール奪取だったと推測するが、いずれにしてもボール奪う直前からゴールまでのアクションは完璧だった。

 このゴールでFC東京が大きなダメージを負ったことは、失点直後にピッチに倒れ込んだCB岡崎の姿からも想像に難くなかった。やっとの思いで1点差に詰め寄ったのに、その2分後に再び突き放されたのだから、そこで心が折れたとしても不思議はないだろう。
 
 それにしても、三笘、恐るべし、である。もちろん味方のフォローがあるからあれだけ輝けるのだろうが、変幻自在のドリブルだけでなく、2点目のきっかけとなったL・ダミアンへの縦パスなど局面に応じたプレーの選択がとにかく素晴らしかった。単純に上手いだけでなく、判断力、戦術的インテリジェンスも備えていなければあれほどのパフォーマンスは披露できないはずだ。

 ドリブルとパスの使い分けが巧みで、こぼれ球への反応も秀逸。多摩川クラシコでのゴールはそんな三笘の持ち味が凝縮された一撃とも言えた。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

現地観戦しましたが、川崎は三笘選手に限らず、全員の判断が早い。そして、その素早い判断を可能にする技術もある。
ACLでゴリゴリ来るチームを、どれだけいなせるか、楽しみにしたいと思います。

 

2:名無しさん@さかまと!

中村拓海は余所のチームからも完全に狙われてる。それでもボランチやセンターバックがカバーして何とかなっていたけど、川崎や三笘のレベルだと、それを許してくれない。
そういう選手を使わなきゃいけないチームと最後に小林悠が出てくるチームの違いが如実に出た試合でした。

 

3:名無しさん@さかまと!

三笘は勿論 凄いけど、ここ数年の川崎の強さとチームとしての完成度の高さは歴代のJのチャンピオンチームの中でも抜きん出てるんじゃない??
全盛期の磐田や鹿島と比べても上かもしれん。
観てて面白いし負ける姿が想像しにくい。

 

4:名無しさん@さかまと!

明らかにあのアルゼンチン戦後から冷静さを持ち合わせた熱意を感じる。
正直なところ、今の俺ならアルゼンチンにも通用するって自信持ってたんだろう。
でもそれを見事に砕かれた。今のままではいけない。足りない。そう思ったのでしょう。
前よりもシュートが増えてるし、少し強引にでも打ちにいってる。守備のチェックもサボらず早い。
彼にさらに火がついたらいよいよJでは止められる人がいなくなるかもしれない。そうなって欲しい。
そして海外で活躍して日本のエースになって欲しい。頑張れ!三笘!!

 

5:名無しさん@さかまと!

うちのブラジル人両サイドもJ屈指だけど、三苫、家長の方が上だった。
日本人選手にあれだけやられるのは悔しいけど、素晴らしい事でもあると思う。
川崎さんは偉くなってしまって、寂しい限りだ。

 

6:名無しさん@さかまと!

外側からトラップを読み切って内側に走りこんでのインターセプト、見事だったな
別に読みが外れたところでまずいわけでもないしいいトライだわ

 

7:名無しさん@さかまと!

つめるべきところはつめる。さぼらない。ということを本当に「さぼらず」やり続けている結果だと思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

ドリブルは警戒されてるから
それ以外のところで勝負してる感じはあるね。
そのおかげでプレーの幅が広がってるね。
さらに選手として完璧に近づいている

 

9:名無しさん@さかまと!

私はJリーグを観戦するようになって5年目に入りましたが、観ていてこれほどワクワクする選手は、三笘選手が初めてです。

 

10:名無しさん@さかまと!

取り消されたけど、その前のゴールの動きも秀逸だった。家長にも言えるが、バイタルエリアでの落ち着きは新人離れしてる。
ミスをゴールに繋げる技術がある。素晴らしい。

 

11:名無しさん@さかまと!

川崎はよく出来たチームだよ。ほんとに。
ポゼッション取るときはとるし、引いてからのカウンターもある。
正直ギアチェンジしてからの速攻のスピードがJでずば抜けて早いわけではないし、
それは三苫のトップスピードが必ずしも早い訳ではないことからも証左だけど、
緩急を活かすことでテンポアップが早く感じると思う。

 

12:名無しさん@さかまと!

中村拓海はまだまだ発展途上だし、そもそも
サイドバックが手薄で使わざるを得ないから何とも。
それに勝負所は先制点の部分で決まってましたよ。
ああいったミスで失点して流れを悪くして敗戦では優勝は夢のまた夢。
今回の事でもう一段上に行って欲しい。

 

13:名無しさん@さかまと!

あのプレーは、憲剛がいつも狙っていたプレー。DNAが受け継がれています。

 

14:名無しさん@さかまと!

とりあえずACLでフィジカル的な部分をチェックしたい。
その後は欧州でやはりみたい。

 

15:名無しさん@さかまと!

中村は穴でしょ。3点目の前プレーでも頭越されてたし。それを今の川崎が狙わない筈ない。

 

16:名無しさん@さかまと!

全てのプレーがえぐかった。
オフサイドになったやつとか。

 

17:名無しさん@さかまと!

すでに得失点差20の川崎、今年はどこまで伸びるかな。

 

18:名無しさん@さかまと!

予測力は確かに頭一つ抜けている

 

19:名無しさん@さかまと!

あの場面、相手のカラダの向きからトラップが流れるのを予測しての動きと決めきれる度胸がスゴイ。
クレバーなゴールでした。目の前で見てたけど何が起こったんだかって思いました。

 

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.