移籍・契約関連情報

ハノーファー移籍の室屋。幼馴染の南野にかけられたひと言とは?

記事の内容

今回の移籍を南野は喜んでくれた

 2020年8月14日、FC東京からハノーファー(ドイツ2部)への完全移籍が決まった室屋成がオンラインで囲み取材に応じた。正式オファーがきたのは1週間ちょっと前で、そこからFC東京の強化部、長谷川健太監督と話して、ヨーロッパに新天地を求める決意を固めた。

 コロナ禍の状況下で「いろんなものに挑戦しなければいけない」という思いが膨れたこともあり、オファーが届いた際は迷いがなかった。「素直に行きたいと思った」室屋はメディカルチェックで問題なければ正式契約となり、同じ日本代表でプレーする原口元気のチームメイトになる。

 決して、Jリーグでやりきったから移籍するわけではない。「Jリーグで成長できないなんてまったく思わないし、そこは選手個々の考え方」とコメントした室屋が今回移籍を決めたのは、「単純にひとりのサッカー選手として、経験したことがないような環境の中でプレーしてみたいという感情があった」からだ。

 幼馴染の南野拓実(リバプール)とは移籍が決まりそうなタイミングで話したそうで、今回の欧州行きを喜んでくれた彼からは「これで(位置的に)近くなるな」と言われている。
 
 ハノーファーでの目標のひとつに「1部昇格」があるが、その先については現時点で考えていない。「今の自分に何ができるか、異国の地でどこまで通じるか」。そういうことを確かめたうえで、先の道筋は見えてくるという。

 かねてから海外での生活時代に興味があった室屋は「日本にはない考え方とか風景とか、環境、そういったものを経験したい思いが強い」ともいう。ちなみに、妻子持ちの室屋はまずひとりで行って、家を見つけて、環境に慣れてから家族を合流させる予定だ。

 「(年齢的に)遅くも早くもない移籍」で室屋(26歳)は、ここから飛躍を遂げられるだろうか。負けず嫌いなスタンスをヨーロッパでも貫いて、世界が認めるフットボーラーに成り上がってもらいたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/bb43346bbff01672322e5e946349841fe3d68a9e

 

1:名無しさん@さかまと!

良い移籍だと思う。昇格って明確な目標があるし、原口がいるのもめちゃくちゃ大きいんじゃないか
主力として1部昇格出来ればさらに道が広がって良い経験出来るだろうし、単純に楽しそうで羨ましいわ

 

2:名無しさん@さかまと!

日本選手が海外で切磋琢磨出来るのは本当に光栄な事ですね。今はまだ5大リーグでの日本市場は小さいですが、発展の兆しが見えてきた様で楽しみです。

 

3:名無しさん@さかまと!

オリンの時に大学生ながら大活躍してたころからほんとに着々と良い選手になっていったな
いつ海外行くのかと思ってたけどついにか。
合った例えかわからんけど日本のベジェリンって感じ。楽しみ。

 

4:名無しさん@さかまと!

26歳は一般的には遅いタイミング。即戦力としての活躍が求められるね。

 

5:名無しさん@さかまと!

「年齢的に遅くも早くもない移籍」って、26なら遅い方だろ。移籍の動機は自由だけど、「海外生活したかった」はちょっと心配。「後はない」くらいの気持ちで挑まないと活躍は厳しいよ。


-移籍・契約関連情報
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.