【試合】前評判・結果・戦評

【動画あり】プレミア第30節 プレミア初先発の南野拓実、攻守で奮闘も前半のみで無念の交代!  4試合0得点

1: 2020/06/22(月) 05:57:30.84

リバプールは宿敵の堅守に苦戦して――

移籍後リーグ戦初先発を飾った日本代表FW

現地時間6月17日、プレミアリーグは第30節が開催され、リバプールが敵地でエバートンと対戦した。

両軍にとってのプレミアリーグの再開戦で、いきなり実現した「マージーサイド・ダービー」。勝てば、30年ぶりのトップリーグ制覇に王手をかけられるリバプールは、注目の日本代表FWの南野拓実を、打撲のために温存したサラーに代わって右ウイングで先発起用した。

試合は序盤戦こそ相手の出方を伺う時間が続いたものの、試合に2010年8月の対戦を最後に、ダービーでは18戦負けなしのアウェーチームがボールを支配する。

持ち味の激しく、鋭いフォアチェックを展開したリバプールは、ショートカウンターからチャンスを創出。9分にはプレミア初先発を飾った南野がミドルシュートで相手ゴールを脅かした。一方のエバートンは、指揮官のアンチェロッティらしい守備的な戦いを選択。危なげなく時間を浪費していった。

その後、スコアレスで迎えた後半にリバプールが動く。攻守で奮闘していた南野を下げてチェンバレンを投入したのだ。この交代策が功を奏して、51分にはケイタ、57分にはファン・ダイクと相手ゴールに迫ったが、いずれもゴールネットを揺らすには至らない。

なおも、リバプールはワンサイドゲーム気味に試合を推し進めたが、自陣中央にしっかりとブロックを構築したエバートンの堅牢は打ち破れず……。その後も何度か相手ゴールに迫ったものの、結局、レッズは最後まで得点を挙げられずにスコアレスドローで決着となった。

相手の戦術的な堅守を破れなかったものの、敵地で貴重な勝点1を積み上げたリバプール。注目の優勝の行方は次節以降に持ち越しとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f21c0ef50fb819a4c2ac8a0a5641efadf2229eeb
6/22(月) 4:51配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075494
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
得点ランキング

南野拓実好プレー集

2: 2020/06/22(月) 05:58:33.18
両チームとも枠外シュートばかりの塩試合だった

 

3: 2020/06/22(月) 06:01:34.43
南野はウイングじゃねえぞクロップ
おまえ香川をサイドで使ってたファーガソンに同じ事言ってただろ

 

4: 2020/06/22(月) 06:05:09.58
次、中2日だっけ

 

7: 2020/06/22(月) 06:06:35.34
練習試合では得点したのにね

 

8: 2020/06/22(月) 06:09:22.12
後半ぜんぜん動けなくなってエヴァートンにやられっぱなしになったな
南野がいた前半の方がプレスがかかってていい内容だった
ケイタがようやく見せ場を作ったのをみると時間がかかるんだろうなあ
次節も出番はあるだろ

 

9: 2020/06/22(月) 06:09:38.76

南野の適正は真ん中だからやっぱフィルミーノから

ポジション奪うしか生き残りの道はない

 

引用元: ・【サッカー】プレミア第30節 プレミア初先発の南野拓実、攻守で奮闘も前半のみで無念の交代!  4試合0得点 [砂漠のマスカレード★]

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.