移籍・契約関連情報

メッシがバルセロナ残留表明も海外メディアは「移籍騒動は終わりではない」の見解

記事の内容

去就が注目されていたスーパースター、リオネル・メッシ(33)が4日、バルセロナに残留することを正式に表明した。サッカー専門メディア「Goal.com」の動画インタビューに「バルサから出たいと言ったのは事実だが、人生を共にした愛するクラブと法廷で争うことはできない。バルセロナに残るつもり。ここで最善を尽くすのが正直な気持ちだ」などとコメントしたもの。
 メッシは、8月25日に退団する意思を伝えたが、バルセロナ側が契約解除には7億ユーロ(約880億円)の違約金が必要なことを訴え、スペインのリーグ側もバルセロナの主張を支持していた。プレミアリーグの強豪、マンチャスター・シティが獲得に名乗りを上げる中、メッシの代理人を務める父親のホルヘ氏が、この2日間、バルセロナのジョゼップ・バルトメウ会長と会談を持ったが、両者の話し合いは平行線に終わった。ホルヘ氏は残留の可能性を示唆したが、一方で違約金の無効を訴える書簡をスペイン・リーグに対して送付していた。だが、最終的には法廷闘争となる状況を避けられなかったためプレーヤーとしての空白を作る最悪のシナリオを回避するため残留を決意した。

 海外メディアも次々とメッシ残留のニュースを速報で伝えたが、決して円満決着ではなく、騒動は続き、新たなる火種のスタートと見る向きが少なくなかった。

 英のデイリーメール紙は、『幸せでなく、離れたかった……。法廷論争に踏み入れないようにクラブに残るだろう』というメッシのコメントを見出しに取り、「メッシがマンチェスター・シティへの移籍へ向けた戦いをついにあきらめ“今のところは“バルセロナへの残留決意を固める」と報道した。
 同メディアが注目したのは、メッシがインタビューの中でバルトメウ会長に示した不信感だ。
 メッシは、「この1年間、バルトメウ会長に退団の意思をずっと伝え、”シーズン終了後に決めればいい”と言っていたのに約束が守られなかった」と批判したが、同紙は「メッシは、また一度、役員と非難の的となっているバルトメウ会長への批判を強めた」と伝えた。

 BBCスポーツは、メッシがバルセロナに残ることを決断したコメントを紹介しつつ、記事の中でスペインのサッカー記者、アンディ・ウエスト氏の「メッシはバルセロナに残ることになったが、この騒動は終わりからほど遠い」とする見解を記した。

 記事は、クラブとメッシの関係について触れ、「彼のインタビューで注目すべき点はバルトメウ会長に対する厳しい評価だ」と指摘。その上で、「バルセロナがメッシを来年夏にフリーで移籍する状態にしておくのだろうかという大きな疑問が残り続ける。もしそうであれば彼は1月に他チームとの交渉することが許され、このトピックは次の数週間でニュースの見出しを占めるに違いないだろう」と続けた。

 メッシの契約は来年6月に満了となり、移籍金の発生しない状況での移籍が可能となり、その6カ月前の来年1月からは他クラブと交渉をスタートできる。

 記事は、また「この問題の間に立つ1人の男は、最近、監督に就任したロナルド・クーマンになる。彼は、チャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンに2-8と恥ずかしい敗戦を喫して完全に機能不全となったクラブの中でチームのキャプテンでキープレーヤー(のメッシ)を復帰させる任務を背負っている」と指摘。

「ロナルドの成功を祈る。この哀れなストーリーは、まだ書かれるべき出来事がいくつかあり、さらに醜いものになるかもしれない」と、皮肉を込めて、新体制のバルセロナで、今後も騒動の火種が尾を引く可能性を示した。

 メッシはインタビュー内で、「最近はクラブ内ではハッピーではなかった」とチームで浮いた存在になっていたことも明らかにしており、今回は、バルセロナ残留を決めたが、年明けには、退団騒動が再燃する可能性は高い。

 ESPNはバルセロナ側とメッシ側の主張やメッシの声明内容を伝えた上で、「ESPNに話した複数の情報筋によると、マンチャスター・シティが、このバロンドール6度受賞者(のメッシ)と契約する最有力チームだった。マンチャスター・シティでプレーした後に、ニューヨーク・シティFCに加わるという契約を結ぶ計画に取り組んでいた」と紹介。
「だが、長期化する厳しい膠着状態に直面する中で彼が考えを改めた後、これらの契約は今保留されることになった」とも記した。
 今後も巨大な資金力を持つ「シティ・フットボール・グループ」がメッシの移籍先の最有力候補として注目を集め続けることになりそうだ。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

いやしかしコロナで日程遅れようが契約は契約なんだから守らなくちゃとか言われてたけど、蓋開けてみれば昨シーズン頭から退団意思は会長に伝えてたのに「シーズンが終わったら話し合おう」とはぐらかされてシーズン終わって公式に伝えたら契約解除できるのは6月までだから契約は守ってねってパワハラじゃん。

 

2:名無しさん@さかまと!

「この問題の間に立つ1人の男は、最近、監督に就任したロナルド・キーマンになる。」
名前から重要な存在になってて草

 

3:名無しさん@さかまと!

シティのダビドシルバと同じで「今シーズンを最後に移籍します」って事前に意思を伝えていたわけか。でも表立っては会長がむしろ否定し続けていたと。メッシはどういう気持ちになっていたのか。「契約的に移籍出来るけど残ってくれると思ってます」ってニュアンスだったらまた違うけど、どうだったかな。いずれにしろ今に至るまで不信感を募らせていった。こうなったなら契約を延長させないと、移籍金も獲得できないし、現状会長が在任中にメッシを移籍させたっていう汚名を逃れることと、メッシが移籍しやすくなる以外何もない。ようするにクラブにプラスになることが無い。奇跡的にこの1年でチームがまとまってCL獲るなんて事になれば違うだろうけど。次期会長は大変だと思う。いきなり大きな仕事をしなければいけなくなる。

 

4:名無しさん@さかまと!

メッシのクラブに対する愛情のお陰で一先ずおさまったけど
根本的な問題は解決してないから間違いなく今年も同じような事になるよね
メッシの為にもクラブの為にもメッシを移籍させてあげるのが良かったんじゃないかな?
今年も去年と同じような結果になったらバルサ復活出来ない位に崩壊しかねない

 

5:名無しさん@さかまと!

クラブのビジョンを示せるかどうかで来年出て行くかどうか決まると言う事かな。バルトメウよ君には無理だ。ペップのティキタカやMSNを追いかけてそれっぽい選手を集めてダメなら放出を繰り返す。そういう事ではない。

 

6:名無しさん@さかまと!

どっちみちバルサを出る予定なら違約金大幅に下げても今年出したほうがこの会長的にいいんじゃないの?フリーで移籍させるほうが痛いと思うけど。
あるとは思えないけど、その間に何か引き留める策でもあれば話は別だけどね

 

7:名無しさん@さかまと!

現時点でバルサを出て行く方法が法廷で争うしかないならとりあえず残りますってのがメッシの本音なわけだから何も変わらないなら間違いなくフリーで出て行くだろうね。言ってみればメッシ退団は一時保留なだけで何も解決してない。

 

8:名無しさん@さかまと!

バルサにとってもメッシにとっても今シーズンは辛いだろうなー!
バルトメウにとってもロナルドにとっても地獄の1年が始まる。

 

9:名無しさん@さかまと!

予想外れちゃった。
でもメッシは勝ち負けは兎も角、ドロドロの法廷闘争でミソつけて選手として貴重な時間を無駄にしなくて済んだ。クラブもそれプラス最後の一年で商売出来るのだから。

 

10:名無しさん@さかまと!

バルトメウはメッシを放出した会長というレッテルを貼られたくないから、一月にも放出しないでしょう。クラブの財政なんかより自分の身の方が大事ですから。
あーストレス

 

11:名無しさん@さかまと!

メッシがプレイ出来る環境であればいい。世界No.1プレイヤーを飼い殺しにするようなクラブだったら辞任解任更迭してくれ!

 

12:名無しさん@さかまと!

上層部の対応次第で来年はバルサ居ない確率高いですね。

 

13:名無しさん@さかまと!

チームで浮いた存在というのが
メッシにとって辛そう

 

14:名無しさん@さかまと!

残留したはいいけどフリーで移籍できるまで干されたりしないかしら?心配

 

15:名無しさん@さかまと!

今の体制では来年出ていくのを止めるのは無理だろうね

 

16:名無しさん@さかまと!

世界最高過去最高の選手がフリーか。
リーガかCLで優勝せんとメッシはいなくなる。

 

17:名無しさん@さかまと!

まさか契約延長なんてしないよね? したらドン引きなんだけど。

 

18:名無しさん@さかまと!

来年世界最高の選手と史上最悪の会長がいなくなるんか

 

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.