移籍・契約関連情報

フリーでの退団可能ならCFGとメッシが超大型契約を締結か

記事の内容

FCバルセロナとレオ・メッシがポーカーゲームを続ける中、マンチェスター・シティはアルゼンチンのスターとの契約を模索している。

彼らはバルサと選手間の争いが決着するのを静観しているが、この争いががすぐに終わるのか、あるいは何年も待つことになるのかは定かではない。

しかし『ESPN』はマンチェスター・シティがすでにメッシと交渉の席に着いていると報じている。ただし、それはメッシがバルサを自由に出て行くことを条件とした場合の話である。

同メディアは、マンチェスター・シティら世界中にクラブを保有するシティ・フットボール・グループ(CFG)がメッシとの大型契約を成立させるという。契約期間は2025年6月30日までの5年間で、メッシはマンチェスター・シティで最初の3年間をプレーすることになり、2023-2024シーズンからは、MLSのニューヨーク・シティでプレーすることになるようだ。

報酬は、契約金、基本給、ボーナス、肖像権料などが含まれ、1億ユーロ(約126億円)程で、5年総額7億5000万ユーロ(約943億円)まで膨れ上がる超大型契約となる見込みと指摘している。

このオペレーションは順調に進んでいるようだが、問題はメッシがフリーでバルサを退団することが前提での話ということだ。現在バルサとメッシは完全に意見が衝突している状態であり、ラ・リーガも7億ユーロの違約金を支払わない限り選手登録を抹消することはないとしている。

SPORT

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/4a149439cade671c2e48bea506200e9603badc4b

 

1:名無しさん@さかまと!

ボスマンの訴訟のときにはサッカー界のルール上は問題なくても、EU圏の全選手に当てはまる「労働法」の観点から訴えが認められて、外国人枠撤廃という歴史的な革命に至った。
今回も、クラブとラ・リーガはサッカー内の条項を盾にするのに対し、メッシ側はもっと大枠の労働法にある定めから切り崩すのではと予想している。

 

2:名無しさん@さかまと!

5年分の収入全てを違約金に支払う位なら1年間飼殺し受ける方を選ぶだろう。嫌嫌プレーしても怪我しそうだしな。年俸2倍でシティに1年レンタルするのが落としどころかな。

 

3:名無しさん@さかまと!

よくわからんけど、CASで裁判したらどのくらい期間がかかるんだろう?
やっぱり今年1年棒に振らなければならないんだろうか?
メッシのために、そしてサッカー界のためにもそれだけは避けてほしい。

 

4:名無しさん@さかまと!

毎日色んな移籍先が飛び交っているけど、どれも信憑性がね。
いつか決まるんだから、決まるまで待つしかない。

 

5:名無しさん@さかまと!

下手に裁判沙汰になってメッシが勝訴しようものなら
”バルサの所属じゃなかったのにメッシの自由を奪った”とかで
訴訟をおこされたらとんでもない額になりそうだけど…
(それに加担したリーガも…)

 

6:名無しさん@さかまと!

もういい加減バルサ折れろ。
どんだけメッシに世話なったんや
こんだけ貢献してきた選手に対して
最後も揉めるだけ揉めるんか。
原因はバルサ側やで

 

7:名無しさん@さかまと!

バルサにとって、やる気のない高給取りを一年飼殺してフリーで出て行かれるのが一番最悪の形だろ。

 

8:名無しさん@さかまと!

移籍金の半分くらい減額か高額なレンタル料金で決着するかもな、1年時間使って得するのは獲得するクラブだけでバルサもメッシもなにもプラスはないからな。

 

9:名無しさん@さかまと!

年俸126億円、5年総額926億円、更にスポンサーやCM収入を含めたら、一体いくらになるのやら!
貰えるメッシも凄いが、払える方も凄い。

 

10:名無しさん@さかまと!

神戸の話しよりは最も現実味あるよね。
シティ行ったとして、今のシティと噛み合うのかなぁ??

 

11:名無しさん@さかまと!

他チームでプレーするメッシを観たい

 

12:名無しさん@さかまと!

メッシに自由にサッカーしてもらいたい

 

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.