移籍・契約関連情報

食野、来季所属未定も「違うシーズンで五輪頑張る」

記事の内容

マンチェスター・シティから期限付き移籍していたスコットランド1部ハーツを
今月で退団したFW食野亮太郎(22)が25日、オンラインで取材に応じた。
来季の所属先は現時点で決まっておらず、地元大阪で自主トレに励んでいる。

食野は近況について
「(5月に)リーグ戦の打ち切りが決まって、1度休んで次のチームに向けて体を作っている段階。
 この先のことは見えていない。筋力アップとかベースアップの練習をしている」と説明した。

今季は19試合3得点を記録したが、監督交代などがあり、1月以降は出番が減った。
最下位のハーツは来季2部降格も決まった。
1月にU-23日本代表で臨んだアジア選手権に食野が出場し、
代表からハーツに戻ってから流れが変わっていた。

監督が交代し、新たな戦術を確認する合宿やミーティングに参加できなかった。
「僕がいない間にミーティングもあって、後半戦に出遅れたことは否めない。
 監督が代わって、サッカーもガラっと変わっていた。
 前はつないで、僕みたいな選手は使ってくれたが、
 縦に速いサッカーになって適応するまでに時間かかった。 
 アジア選手権に行ったのは後悔していないが、早く順応できればよかった」

フィジカル勝負の環境で苦戦もした。
171センチと小柄な食野は、同様にサイズの小さい選手の体の使い方などを参考にし、成長してきた。
すべてをプラスにとらえている。

レンジャーズのジェラード監督(元イングランド代表MF)からは、
食野が直接対戦でゴールを決めるなどし、名前を覚えてもらい、握手まで求められたという。

来季の所属先については
「せっかく1年やったので(フィジカルで勝負するチームで)積み重ねたい思いはあるが、
 自分の(技術などの)特長を生かしたいのも正直ある。リーグにはこだわってはいない」。

1年延期の東京オリンピック(五輪)へは
「人それぞれ違うし、残念だが、むしろ今年が五輪だったが、
 一番近いタイミングで試合勘がなかったので、違うシーズンで五輪へ頑張ろうと思う」と意気込んだ。

19年8月にガンバ大阪からマンチェスターCへ完全移籍して1年。
本当の勝負となるシーズンへ、準備を整えている。

【横田和幸】

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a8cd6c1c116f534b1c40608105c4f4eb7970b9c7

 

1:名無しさん@さかまと!

食野、中村、前田あたりが来季は所属先を探す形になりそうだね。
3人共来季はオリンピックあるから早めに移籍先決めたいね。

 

2:名無しさん@さかまと!

まわりは色々言うけど、やりたいようにやって頑張ってくれ!

 

3:名無しさん@さかまと!

どこか獲ってくれればいいんですけど...オランダあたりかな。

 

4:名無しさん@さかまと!

フランスの中堅クラブとか?

 

5:名無しさん@さかまと!

久保の代わりにマジョルカへ

 

6:名無しさん@さかまと!

日本人基地のシントトロイデンに1票

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.