特集・コラム・インタビュー

J3から“212日間”でマンC移籍 食野亮太郎、“逆襲の1年”で確信「自分の強みは通用する」

記事の内容

【食野亮太郎インタビュー|第1回】J3からマンチェスター・シティへ移籍…海外1年目は「学べた」

 J3から強豪マンチェスター・シティへ――。昨年、ガンバ大阪U-23でのシーズン始動から、たった7カ月でプレミアリーグ移籍を実現させたU-23日本代表FW食野亮太郎が、海外初挑戦の1年を終えて「Football ZONE web」の単独インタビューに応じた。昨年夏にG大阪からシティへ完全移籍。労働許可証の問題から直後にスコットランドのハーツへレンタル移籍で武者修行に出た。新天地での海外挑戦1年目は19試合3得点。来年夏への延期が決定した東京五輪に向けても、U-23日本代表の一員として活躍する食野の思いとは――。連載第1回はハーツでの1年間を振り返る。

 たった212日間で人生を変えた男――。2019年8月9日、衝撃のニュースが発表された。食野がプレミアリーグの強豪マンチェスター・シティへの完全移籍を実現させた。G大阪のジュニアユースからユースを経て2017年にトップチームに昇格し、なかなかJ1での出場機会に恵まれないまま、19年には勝負のプロ3年目を迎えた。しかし、始動日の1月9日、食野の立ち位置はJ3に所属するU-23チーム。キャンプもトップチームに同行できず、J1開幕戦の横浜F・マリノス戦ではベンチに入れなかった。それでも、半年後には海外移籍を決めた。

「去年はU-23からスタートした2019年だったけど、1年通してみたらすごく飛躍できた年かなと思います。移籍して海外のチームでシーズンを通してみると、出だしこそ良かったけど最後に向けて失速していった感じはあるので、試合に出ていなかったり、結果を残せていなかったり、ちょっと悔しいシーズンになりました。でも海外1年目なのでそこまで悲観することなく、いろいろ学べたことがあるので、次に生かすために『学んだシーズン』かなと感じています」

 大阪府泉佐野市に生まれ、この地に栄えた豪商・食野家の末裔。中学から入団したG大阪のジュニアユースでは、同期が日本代表でも主力を担うMF堂安律(PSV)だった。堂安は一足早く16年にトップチームへ飛び級昇格を果たすなど飛躍を遂げる一方で、食野はコツコツと努力を重ねてきた。食野が初めてJ1のピッチに立ったのは18年4月。腐らずに自身を信じて練習してきた結果、19年序盤にG大阪U-23としてプレーしたJ3では8試合8得点という無双状態となり、4月末にはトップチームに同行。そして迎えたJ1第11節サガン鳥栖戦での一撃が人生を変えた。

「This is 食野」ゴール誕生の瞬間…ハーツでも貫いた“らしさ” 「自分の形に入ったら…」

 0-3で迎えた後半アディショナルタイム。MF遠藤保仁に代わって後半の頭から投入された食野は、敵陣中央でパスを受けると、迷わずにドリブルを開始。背後からチャージを受けながらも、対峙した相手DFを鋭い切り返しで置き去りにする。さらにペナルティーエリア手前では5人の選手に囲まれるも、スライディングタックルを右足アウトサイドの軽やかな持ち出しでかわし、右足を一閃。強烈なJ1初ゴールが突き刺さった。

 この一撃は日本列島だけではなく、世界に衝撃を与えた。プレミアリーグの強豪シティのターゲットとなり、8月9日には完全移籍が決定。19年シーズン、U-23の一員だった始動日からたった212日間だった。そして、このゴールは「This is 食野亮太郎」とも言える豪快な一発。海を渡ったハーツでも通用することを実感した。

「ピッチ外で感じたことは、自分のキャラはどんどん周囲の雰囲気に入っていける、受け入れてもらえやすいこと。輪に入っていくことが苦じゃないタイプなので、受け入れてもらえたし、海外に行っても全然(コミュニケーションは)問題ないなと思いました。ピッチ内ではドリブルとか、キレの部分はデカイ相手になおさら通用する。それが、(強豪の)レンジャーズ相手でも通用したので、ドリブルとか自分の形に入ったら『いけるな』というのは感じましたね」

 ハーツに移籍したのは8月30日。翌日の同31日には第4節ハミルトン戦(2-2)で即メンバー入りを果たすと、前半29分に負傷したFWヘンダーソンに代わって急遽出場を果たした。9月14日の第5節マザーウェル戦(2-3)では初ゴールをマーク。0-2とビハインドで迎えた後半11分から途中出場し、1-3の同41分、待望の瞬間が訪れた。敵陣のアタッキングサードで味方の競ったこぼれ球を拾った食野は、反転して味方へ縦パス。ダイレクトヒールのリターンを受け、そのままドリブルでペナルティーエリア手前まで迫ると、敵と対峙するなか、細かいボールタッチからヒールで巧みに右に持ち出し、ペナルティーアーク付近から右足を一閃。低空のシュートはゴール前でワンバウンドし、相手GKマーク・ギレスピーの手を弾いてゴールネットに突き刺さった。鳥栖戦のように食野“らしさ”が詰まった一発となった。

「ハーツでは『らしいゴール』、日本でも取っていたようなゴールを取れたから、自分の強みがさらに通用すると思いました。そこをもっと伸ばせたらもっと上に行けると思う。伸びしろ、成長できるなというのは海外に行って感じています」

初めての海外挑戦で経験した高い壁 「一番は…」

 初めての海外挑戦で掴んだ手応え。一方で苦労を感じたことも、もちろんあった。英語でコミュニケーションを取ること。覚悟はしていたが、実際に壁にぶち当たる瞬間を肌で感じた。

「一番は言葉。でもチームメート、クラブスタッフは優しくフレンドリーに接してくれたし、居心地としては全然悪くなかった。むしろ良くしてもらいました。そのなかで、ピッチ内で日本語では咄嗟に出る言葉も英語なら一回考えてから出さなあかんこともあって、課題はそういうところに感じましたね。でも勉強したらすぐ克服できること。継続して勉強します」

 それでも、臆せずどんどんコミュニケーションを図りにいく性格。チームメートには意識的に話しかけ、「上達にはそれが一番早い」と言い切った。家庭教師も週に2回ほど呼んで、積極的に英語学習に取り組んだ。「聞き取りもできる」レベルに上達したが、「でもまだまだ」とどこの海外チームでも困らないように勉強している。

 収穫ばかりだった海外挑戦1年目。U-23チームからコツコツと努力し、海外移籍も果たした食野は、これからも“ハングリー精神”を忘れずに高みを目指していく。

Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/65093da6a89bbd348c4bfbdb7b2b1961f26db1c3?page=1

1:名無しさん@さかまと!

シティへの移籍はアーセナル浅野みたいなものだが、
海外でキャリアを積むチャンスを掴んだことに変わりはない。
燃え尽きるまで頑張って欲しい。

 

2:名無しさん@さかまと!

最初の方にざっくりとまとめられてしまってるけど2018年の神戸戦でピッチに立ち、
プレーも悪くなかったが決定機を外してしまい、そこからトップでほとんど使われなくなった。
だが2019シーズンから森下さんがU-23の監督になってから本人曰くメンタルのところがしっかり整うようになり、
試合でも自分の持ち味を出せるようになったらしい。
食野選手以外にもU-23チームから半年ほどでトップで戦える選手を何人も輩出させた森下さんの功績は大きい。
来シーズンからU-23チームは無くなってしまうみたいだけど
森下さんにはぜひ残っていただいて若手の成長やガンバの強化に携わっていただきたい。

 

3:名無しさん@さかまと!

欧州の中ではそこまでハイレベルなリーグではないけれど技術的にというよりは
フィジカルの強さ球際の激しさみたいなものは日本国内では感じれないと思うから頑張って欲しい

 

4:名無しさん@さかまと!

見出しだとマンチェスターシティで自分の強みは通用すると言ってるが
マンチェスターシティに移籍したが、マンチェスターシティでプレーしてるわけではない。

 

5:名無しさん@さかまと!

今年の1月のU23選手権は残念だったが、食野だけは
本気で優勝取りに行く気が感じられた。
直前番組でも食野は明確に優勝したいと語っていたのに他のメンバーは頑張るとか、
とりあえず上位に食い込むとか、曖昧な事しか話してなかったのが
凄く印象に残った。
とりあえず食野は応援したい。

 

6:名無しさん@さかまと!

安価で若手抱えてシティブランド付けて高値で売却。
売却できるとこまでいけばラッキーくらいにしか考えてないやろな。
まぁ国際移籍してくれたらガンバにメリットもあるけど、
せっかく世界出たんやから活躍してほしいな。
ローン出て戻って活躍した選手なんかほとんどおらんけど。

 

7:名無しさん@さかまと!

現時点で通用しているとは思えないけど、メンタル強そうだしこれからに期待。

 

8:名無しさん@さかまと!

セルティックやレンジャーズで、スタメンと活躍出来ればって話やが、
ただセルティック中村時代は、ホントに毎節楽しみながら見てたなスコットランド!

 

9:名無しさん@さかまと!

食野は凄いが期待の若手が開花する前に居なくなってしまうのが最近のガンバの悩み...
ユースの海外にいる選手が全員ガンバにいたら多分どこにも負けないのにな....

 

10:名無しさん@さかまと!

サッカーに絶対はないが、今後シティでプレーする確率は限りなく0だと思う。板倉も含めて

 

11:名無しさん@さかまと!

結局シティに戻る事はないだろう。
マレズとかジェズスとかスターリングとかの争いに勝てるとはとても思えない。

 

12:名無しさん@さかまと!

「言葉の壁」を少しでも薄くする方法はないのかなぁ
優秀でも半年分はハンデを負うと思う

 

13:名無しさん@さかまと!

食野に限らず、各国代表の出場がものを言う英国ビザ、コロナ禍で条件はどうなっているんだろう。

 

14:名無しさん@さかまと!

シティグループになってからレンタル組の若手で復帰した選手なんてほとんどいないんじゃないか

 

15:名無しさん@さかまと!

次はどこへレンタルされるんだろうな。
ハーツでは成功したとは言い難いし、どのレベルに移籍出来るかな。

 

16:名無しさん@さかまと!

まずは四大リーグでプレー出来ればいいね

 

17:名無しさん@さかまと!

すげー夢があるね!頑張れ!

 

18:名無しさん@さかまと!

堂安、飯野、ケイト、ガンバ戦士の誇りを持って頑張れ!

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, , ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.