特集・コラム・インタビュー

「日本をなめんじゃねぇぞ」。松田直樹が語っていた日韓W杯の熱狂とベスト16敗退

記事の内容

「日韓ワールドカップに向けた熱は異常で、それまで感じたことがないものだったよ」

 2002年の日韓ワールドカップ、フィリップ・トルシエが率いた日本代表の中心メンバーのひとりだった故・松田直樹(横浜F・マリノス/当時、以下同様)は、かつてそう告白していた。

「(ワールドカップに向けて)世間はお祭り騒ぎのようになっていたね。絶対に負けられないって。いつも見られている気がしていた。少しも気が抜けなくてさ。もちろん、気合いを入れて大会に挑むために身体を追い込んだ。いつ肉離れしてもおかしくないくらいまでやるんだけど、きつさは感じなくて。マゾのようなもんだった。負けるよりもよっぽどましだったから。人生のすべてというか、熱くなって自分で自分をコントロールできないところもあったから、(大会前は)インタビューは受けなかったね」

 燃え尽きるような感覚で挑む。松田の言葉は、当時の日本サッカーの世界の中での位置を示していた。

 2002年6月18日、宮城。ベルギー、ロシア、チュニジアとのグループリーグを2勝1分けで勝ち抜いた日本は、決勝トーナメント1回戦でトルコと対戦している。戦力的にはわずかに上の相手だったが、ホームアドバンテージと勢いを考慮に入れたら、勝てない相手ではなかった。

 しかし雨で煙るスタジアムで、戦いの気運は盛り上がっていない。スタジアムは交通アクセスが悪く、町の熱気とは無縁の立地だったからか。グループリーグで見せた敵を併呑する勢いは、どこかに失せていた。

 連戦による消耗も重なっていたはずだ。

 稲本潤一(アーセナル)、小野伸二(フェイエノールト)、中田英寿(パルマ)など、海外組主力の動きは押しなべて重かった。2トップは鈴木隆行、柳沢敦(ともに鹿島アントラーズ)をベンチに置かざるを得ず、西澤明訓(セレッソ大阪)、三都主アレッサンドロ(清水エスパルス)が初先発するなど、急ごしらえだった。

「やったことのない組み合わせで、選手に迷いがあった」

 それは多くの選手が感じていた当惑だ。

しかし何より、グループリーグ突破をひとつの目標に掲げていたチームは、半分、ゴールテープを切った感覚に浸っていた。気を抜いたわけではない。しかし選手によって、「ここまでよく戦った」という心境も生まれていたという。

「我々は自分たちの目標を達成し、ラウンド16に到達した。この試合は、2006年のドイツW杯に向け、準備のための最初の試合になる。君たちはもっと多くのことを見せなければならない。より多くの責任、自信で挑み、それが経験になる」

 トルコ戦に向け、トルシエ監督はそう選手に語りかけたという。しかし、後に本人が「間違いだったかもしれない」と回顧している。正解が難しいマネジメントだったと言える。

◆中田英寿を上回る天才に起きた悲劇。リーガに「ぶっとんだ自信」で挑んだ>>

 トルコ戦、日本の立ち上がりは悪くなかった。中盤での攻防はわずかに優勢。相手が警戒していたのもあるのだろう。

 しかし10分を過ぎ、自陣で左センターバックに入っていた中田浩二(鹿島アントラーズ)が、不用意な横パスを相手に渡してしまう。そのボールが再びこぼれてきたが、続けてGKへのバックパスをしくじり、CKを与えてしまった。そして巻き込むように入ってきたクロスに、ゾーンディフェンスは単純な人の動きによって崩され、フリーのウミト・ダバラに豪快なヘディングを打ち込まれた。

 完全に隙を突かれた形だ。

 その後、日本は反撃に転じている。しかしFKのサインプレーが完全にずれてしまったり、スペースに出したパスにFWが止まってしまったり。逆にGKとDFの間に際どいクロスを送ってもFWが飛び込まなかったり、ちぐはぐなプレーが続いた。

 後半、交代出場の鈴木隆行がチームに深みを与えるキープや空中戦を見せ、ゴールに迫った。中田英寿がエリア外から放ったミドルはセンスを感じさせたし、クロスを西澤がヘッドで狙い、中田英寿が鈴木にヘディングで決定的パスを送り、西澤は反転から何度かシュートを狙っている。攻め上がった松田は起死回生を狙って、こぼれ球を遠目から叩き込もうとした。

 だが、0-1の敗北で"冒険"は幕を閉じた。

「日韓ワールドカップの試合のビデオを見返して驚いた。こんなにへたくそだったかなって。でも、アドレナリンは出まくっている。"日本をなめんじゃねぇぞ"ってさ」

 松田はそう回顧した。技術、戦術、体力を気力でカバーし、戦い抜いたとも言える。

「ワールドカップが終わって、何かがぷつんと切れた。自分でも、あの熱狂は特別なものだとはわかっていたよ。燃え尽きるなんてごめんだったから、やってやるぞって自分を奮い立たせた。でも、ふと力が抜けてしまって。人生の夢がワールドカップに出ることだったのに、その夢が叶ってしまった。なかなか、人の夢は叶わない。それで怖くなった。これからの人生で、これほど燃えることはあるのかって」

 開催国として、日本代表選手たちはすべてを出し尽くした。オーバーヒートといってもいい過熱ぶりだった。彼らは限界点を超え、ベスト16という勲章をつかんだのだ。

 日韓ワールドカップ後、多くの選手が海を渡った。メンバーから外れた中村俊輔は、イタリアのレッジーナに移籍。欧州各国のトップリーグで足跡を残し、チャンピオンズリーグに出場するなど、選手が叶えるべき夢は「ワールドカップ出場」からどんどん広がっていった。

 トルコ戦の敗北は、日本サッカーが進むべき道を広げたのだ。(つづく)

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

今までの代表選手の中で、最も闘志が伝わってくる選手の一人である。ラモスや柱谷はドーハでイラクに同点にされた時点で切れてしまったが、
松田だったらイラン戦のゴンのように全速力で走ってボールをセンターサークルに置いて、リスタートと同時にロングシュートを狙ったのではないか?
つくづく残念なことに早逝してしまった。その後、松田のような選手を私は目にしていない。
私が好きな鹿島にはいないタイプの、横浜FMや松本を羨ましく思うような、今の日本に最も必要なマインドをもった選手であった。

 

2:名無しさん@さかまと!

おそらく技術含む個の力で言えば現代表の吉田、冨安が上かもしれない。
けど松田選手ほど熱さが伝わる、伝えてくれる選手はホントに少ない。
素晴らしいCBだったと思います。

 

3:名無しさん@さかまと!

松田選手や大久保選手みたいに、おさえられない闘志や情熱が外に出ちゃってる選手は見ていて熱くなるし、
その分コントロールできなくなっちゃってやらかしちゃう事もあるんだけど、見ていてドキドキするし期待してしまうんですよね。
そういう選手はもー出てこないのかな

 

4:名無しさん@さかまと!

グループリーグは全て熱狂したし嬉しかった。ワールドカップで得点する、勝ち点取るって本当に見ていて嬉しいって。
トルコのしたたかさに屈して残念過ぎた、日本も良い攻めあったしね。

 

5:名無しさん@さかまと!

あの時代の代表はワクワク感溢れるプレーとギラギラした闘志に満ちたサッカーを見せてくれて非常に面白かった。
深夜のアウェー戦でも中々の視聴率があってサポーターも熱気に満ちていたのをよく覚えている。

 

6:名無しさん@さかまと!

日韓W杯での熱狂は確かに凄かった。
でもトルコ戦でのフワッとした感じ、何というか、どう振舞っていいか分からない、
「これ勝ったらベスト8?えっ日本がベスト8?勝ってもいいの?」みたいな感覚があったのを覚えてる。
例えるならロシアW杯ベルギー戦の2点リードした時覚えた感覚と同じ。
監督も選手もファンもまだ勝ち切るまで成熟してなかったのかな。かつて本田圭佑が「W杯優勝を目指す」と言っても誰も本気にしなかった。
そこをファンも含めて全員が本気で意識しないとベスト4もベスト8もないのかもな。

 

7:名無しさん@さかまと!

日韓大会のトルコは確かに勢いのあるチームだったけどホームアドバンテージで勝てない相手では無かったな。
今でもあのフリーキックを三都主ではなく俊輔が蹴っていれば決まっていたのではと考えてしまう。

 

8:名無しさん@さかまと!

グループリーグ突破で目標突破した感じは応援する側にもあったと思う。
決勝トーナメントは勝てれば御の字みたいな気持ちでいたけど、相手がトルコになって「勝てる?」という思いもでてきた。
だけど、あのスタメンにはガックリしたのは覚えてます。
勝てれば御の字だけど、やっぱり負けても良いとは思ってはなかったので。
最後はトルシエ何してくれた。。。と思ってました。

 

9:名無しさん@さかまと!

当時の日本代表の中では年上意外で唯一ヒデを特別視してなくガンガン意見を言えた人物。
それだけにドイツW杯に出てたらなぁと個人的に悔やまれる

 

10:名無しさん@さかまと!

そんな熱い男・松田直樹が、本当に燃え尽きちゃってさ・・・。
生きていたら今の日本サッカー界に、どう熱さを伝えたんだろう。
松田直樹が率いる日本代表を見て見たかったなぁ~。

 

11:名無しさん@さかまと!

僻地に巨大陸スタを建てて大事なホームゲームで使ってしまう。あのスタジアムで負けた、とういうのはトルシエも、ジーコすら言ってたからね。
専用スタジアムへの理解がまだまだ足りなかった時代ですね。

 

12:名無しさん@さかまと!

闘将というか気迫を全面に出したプレーは好きだった。
当時を知る選手(引退された方やまだ現役のベテラン選手)も日本のベストディフェンダーに松田の名前を挙げる人は多い。
熱いだけじゃなくてポジショニングとかクレバーなんだって。

 

13:名無しさん@さかまと!

松田は高卒でいきなりマリノスのレギュラー、そしてリーグ優勝にも貢献していた逸材で
デビューした試合もテレビで観てたけど器がちがったよね
当時は童顔でこんな選手が?!と驚いた
また代表では中田英が心許せる数少ない選手だっただけにドイツW杯まで松田が代表にいたらヒデもあそこまで孤立しなかったと思う

 

14:名無しさん@さかまと!

あの時代は、
ワールドカップ出場自体が悲願で、
グループリーグ突破がその上の目標だった。
そして、それは成し遂げられた。
今の日本がグループリーグ突破が現実的な目標にできているのは、あの出来事があったからだろう。
状況てきには、19年のラグビーW杯に近い。
グループリーグ突破で燃え尽きても、あのときは仕方がなかった。
それほどの熱量を注ぎ込まなければ、突破自体できなかったかもしれない。

 

15:名無しさん@さかまと!

たしかこの試合、松田は自分のはきたいスパイクとは違うスパイクをはくようにアディダス側から指示を受けていたような。
ずっと世話になってくれたからはいてあげたんだよなぁ。
注目度の高い試合ほどビジネスが...

 

16:名無しさん@さかまと!

今となっては何とでも文句は言える。
当時は初めてだらけの事で分からない事も多数あっただろう。
経験の無さが最後に出た大会だったって事。

 

17:名無しさん@さかまと!

中田浩二が不用意なパス出さなきゃ失点しなかっただろうし、三都主がゴール決めてればその後のサッカー人生違ってただろうし。
いずれにしろ3位になったトルコ相手に良くやったと思う

 

18:名無しさん@さかまと!

この辺は当時コーチだった山本昌邦さんの備忘録に書かれていたが、トルコ戦のスタメンの変更はトルシエの独断だったよう。
コンディション不良ではなかった。その辺も内容に加味された方が記事としては良かったのではないかと思います。

 

19:名無しさん@さかまと!

松田みたいな熱い選手好きだったなぁ。
昔、アビスパ相手に勝ち点1を取るために同点のまま攻めてこないアビスパに
攻めてこいと鼓舞してきたときは相手主将ながら素晴らしいと思った。
正直、あんなに早く逝くとは思わなかった。

 

20:名無しさん@さかまと!

改めて、みんなのコメントを読んで泣けてきた。。
こんなサッカーが大好きで熱い選手はいない。
当時、マリノスタウンに献花に行き、大号泣したのをふと思い出した。
会いたいなぁ、松田くんに・・。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.