特集・コラム・インタビュー

“J最強助っ人”マルキーニョス、震災復興への尽きぬ思い 「一生胸に刻み、応援する」

記事の内容

【あのブラジル人元Jリーガーは今?】マルキーニョス(元横浜FM、鹿島ほか):後編――現在は農場経営とフッチボレー選手の二足の草鞋

 日本で計15年間プレーしたブラジル人FWマルキーニョスは、J1では外国籍選手として最多の333試合に出場し、通算152ゴールも外国籍選手最多、全選手の中でも歴代6位を誇る。2001年に加入した東京ヴェルディをはじめ、横浜F・マリノス、ジェフユナイテッド市原(当時)、清水エスパルス、鹿島アントラーズ、ベガルタ仙台、ヴィッセル神戸でプレーし、2015年を最後に現役を引退した。今、故郷であるブラジル中西部のマトグロッソ・ド・スウ州で、その歴史を振り返り、自分でも改めて驚いている。

「ヴェルディでプレーするために初めて日本に行った時は、シーズン中盤から6カ月の契約だったから、それを満了して帰国したら、もう日本に戻ることもないんだろうと思っていた(笑)。でも、いろんなことが起こるべくして起こって、これほど長い年月を日本で過ごし、プレーできたことに心から感謝している」

 現在のマルキーニョスは、二つの活動を軸に暮らしている。

「農場を経営しているんだ。始めたのはヴェルディでの1年目だから、もう20年近くになる。両親や親戚と一緒にやっていて、事業は順調だし、どんどん成長しているよ」

 もう一つが、フッチボレー(ビーチバレーのサッカー版)の選手としての活動だ。大会の優勝トロフィーやメダルが、Jリーグ時代のものと一緒に、自宅に並んでいる。

「全国選手権もあるけど、僕はパラナ州やサンパウロ州、マトグロッソ・ド・スウ州など、州単位の大会に出ている。趣味の延長だけど、練習が大好きだから、自宅に作ったコートで、仲間と毎日練習しているんだ。フッチボレーが良いのは、引退しなくていいこと。ずっと続けていくつもりだよ」

 そんな彼が、自分の近況よりも熱心に語るのが、かつてのチームメートたちの今。元日本代表MF本山雅志もその1人だ。現在41歳の本山は、2015年まで鹿島で活躍したあと、ギラヴァンツ北九州で4年間プレー。その後、1年間の無所属を経て、マレーシアのケランタン・ユナイテッドFCで、初の海外挑戦をしようとしている。

「良い選択だよ。プレーをしたいから、現役にこだわる。何歳になろうともね。日本で所属先を探しても良かったのでは、とは思うけど、彼の実力があれば、どこでプレーしようとも、彼自身や周囲のサッカーを進化させることができる。モトヤマは、僕が一緒にプレーした中でも、最高の選手の1人。才能豊かな彼のプレーを見るのが好きだし、尊敬している。だから、彼の新たな挑戦を幸せに思うよ」

仙台に移籍した2011年、東日本大震災に遭って一時帰国し、その後退団を申し出る

 鹿島では、マルキーニョスが一緒にプレーした選手たちが、引退後、指導者やスタッフとしてクラブに復帰する例も多い。

「ゴウ(大岩剛)は監督を務めたし、オガサワラ(小笠原満男)は下部組織で指導している。ほかにも、僕がいた頃や、もっと前に活躍したOBが技術スタッフになっている。それをすごく幸せに思う。サッカーの仕事を続け、しかも、あの鹿島のサポーターと一緒にいられるんだから。熱狂的でいて、チームのことを第一に考えてくれる温かさ、あの雰囲気の中で頑張れるのは、何ものにも代え難いものだ」

 マルキーニョスがもう一つ、今も気にかけているのが、東北の復興だ。2011年にベガルタ仙台に移籍した彼は、3月11日の東日本大震災によって一時帰国し、一旦は再来日したものの、精神的なショックや家族の心配から、退団を申し出たのだった。

「僕ら自身にも、何が起こってもおかしくない状況だったし、大きな衝撃を受けた。あの時はすごく悲しかったし、今も考えると胸が痛む。だからこそ、みんなが復興に取り組み続けているニュースを、今も追っているし、あの地域、あの街、あのクラブのことを、思い続けている。ベガルタは、みんなに希望を与え続けていることだろう。僕も、みんなが頑張り続けていることを、一生、心に刻み、応援しながら過ごしていくよ」

 マルキーニョスにとって日本は、Jリーグの舞台を去って6年が経過した今も変わらず特別な場所であり続けている。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

「J最強助っ人」でいいでしょうね。
あんなに転々としたのに、どのクラブでも「助っ人」の活躍を見せてフィットしたのだから。
仙台では残念でしたが、あの状況では仕方ない。
ストライカーもできるし、献身的なプレーもできるし、画になるし、大好きなFWです。

 

2:名無しさん@さかまと!

出場したのは2011年の開幕、アウェーの広島戦のみでしたね。
この年は柳沢も居てマルキも居て…すごいワクワクした記憶があります。
あの状況での退団を選択するのはしょうがない事ですが…その後にJに戻ってきた時なんかは、やっぱり複雑な気持ちな人は多かったでしょうね…
こういう形でマルキのコメントが見れるのはとっても良い事ですし、気にしてくれているのはうれしい限りですね。

 

3:名無しさん@さかまと!

どこのクラブにいっても
活躍した選手
エスパルスの時もすごかったし
適応力が素晴らしいのかな?

 

4:名無しさん@さかまと!

期待してたのに、1試合も出場せずに退団した時は失望した。
でも今も気にかけていることを知れると、あの状況では仕方のない判断だったのだろうと理解できるし、気にしててくれてむしろ嬉しい気持ちになります。

 

5:名無しさん@さかまと!

今だから何とでも言えるが、震災直後は東北が、日本がどうなるかなんて誰にも分からなかった。最悪の事態を想定したマルキの判断を悪くは言えないよ。

 

6:名無しさん@さかまと!

本山のことが出るのだから、日本をホント気にしてくれているんだね。
コロナが収まったら、また日本に来てほしいね。

 

7:名無しさん@さかまと!

上手いし、カッコイイ!!
敵にいてもマルキーニョスなら仕方ないと思うくらい上手かったな〜
元気そうで何より

 

8:名無しさん@さかまと!

当時、仙台に残ってプレーして欲しかったです。日本人もがんばっていたので悲しかった。

 

9:名無しさん@さかまと!

思い入れのあるベガルタ仙台の惨状(特にフロント陣…)を見たらどう思うだろう?

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.