特集・コラム・インタビュー

「最も衝撃的な瞬間だった」日本のファンの振る舞いに敵国アルゼンチンが感動!「完全な沈黙があった」

記事の内容

「永遠に感謝しています、ディエゴ」と書かれた10番を着用

 U-24日本代表は3月26日、日産スタジアムでU-24アルゼンチン代表との親善試合に臨み、0-1で敗れた。21分に警戒していたFWアドルフォ・ガイチに奪われた1点を最後まで返すことができず、五輪本番に向けて課題を残す結果となった。

 現地アルゼンチンで話題となっているのが、試合前のセレモニーだ。代表選手や監督としてアルゼンチン・サッカーに多大な貢献を果たしたディエゴ・マラドーナ、アレハンドロ・サベージャ、レオポルド・ルケの3氏がここ数ケ月で亡くなったのを受け、1分間の黙とうが捧げられたのだ。

 アルゼンチン代表のスタメン11人は、全員が「永遠に感謝しています、ディエゴ」と書かれた10番のシャツを着て入場。控え選手たちは、ルケ氏の14番を着て整列した。

 アルゼンチンのメディア『infobae』は、この一連のセレモニーを「日本におけるマラドーナとサべージャに敬意を表わした黙とうに感動」と題して次のように伝えた。

「この数時間の間に、ディエゴ・アルマンド・マラドーナの死から4か月が経過し、彼の遺産の記憶はかつてないほど新鮮になった。U-23アルゼンチン代表(アルゼンチンでは五輪代表チームをU-23のままで呼称)はマラドーナに敬意を表わして全員が10番をつけて入場した」

 
 記事は、「しかし、最も衝撃的な瞬間は、決戦が始まる前の黙とうの間に起こった」と綴り、この日スタジアムに足を運んだ8416人の観衆を称えている。

「1986年に世界チャンピオンとなった選手(マラドーナ)と2014年のワールドカップのファイナリストとなった監督(サベージャ)を偲ぶために、スタジアム全体に完全な沈黙があった。プロトコルを尊重する少数の聴衆がいたのだ」

 静寂に包まれた1分間は、“英雄”を失ったアルゼンチンの人々の心を打ったようだ。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

日本人にとっては当たり前のことですが、それを称賛されても、普通なことと、誇る必要もないし、普通に続ければいい。

 

2:名無しさん@さかまと!

日本はこれでドヤってはいけない。
それではお隣の国と同格になってしまう。
ただ、相手が不快に思わないことを優先する気質はグッジョブだと思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

アルゼンチンとは静寂の美徳を共有できますね。心地いい瞬間でした。英雄が空から見守っていたと思います。

 

4:名無しさん@さかまと!

昨日からこれ出てるけど、何が衝撃的だったのか理解出来なかった。そうか、「黙ってる」って事が衝撃的だったのか。当たり前すぎて理解出来なかったわ。

 

5:名無しさん@さかまと!

他国から見たら衝撃なんだね。日本もだんだん当たり前がそうではなくなってきてる部分があるし、褒めてもらえてるうちが華よ。

 

6:名無しさん@さかまと!

マラドーナだから、だけではなく、アルゼンチン国民が寄り添う気持ちを理解してのこと。
当たり前のことでは有るが、日本人のあるべき行為でもあり、世界に向け発信し続けて欲しい。

 

7:名無しさん@さかまと!

日本においてもマラドーナとサべージャは偉大なサッカーの偉人だからな。敬意を払うに値する人達だ。

 

8:名無しさん@さかまと!

僕はサッカーについては無知そのものですが、マラドーナが偉大なる選手なのは子供の時から知ってます。
そんな選手に敬意をはらえる日本人、それを理解してくださるアルゼンチンの方々に気持ちがほっこりしました。
アルゼンチンの良い国民性が垣間見えた気がします。

 

9:名無しさん@さかまと!

スポーツの良い所は、こういう所なんだよね。
国と国とではいろいろあるけど、それぞれの競技で平等なルールの元に競い合う。
スポーツを通じて人と人が分かり合える。
そのためにオリンピックがある。
金とか利権とか、批判する人たちには理解出来ない世界が、そこにはある。

 

10:名無しさん@さかまと!

え、黙祷ってそういうものじゃないの?
むしろ海外で守られないことがビックリなんだけど。

 

11:名無しさん@さかまと!

近年は少なくなったが、それでもこれまでアルゼンチン出身の選手・コーチ・監督らはJリーグなどを通して日本のサッカー発展に貢献してくれていた。
これからも良い関係を築いていけたら素晴らしい。

 

12:名無しさん@さかまと!

日本代表もアルゼンチンと試合してほしかった。
勝てなくてもこっちのほうが、親善試合になると思う。

 

13:名無しさん@さかまと!

故人に黙とうささげるのは当然。まして、アルゼンチンのサッカーファンや代表選手にとって大切な人に黙とうは当然。
日本人も故人のファンいただろうし・・・。

 

14:名無しさん@さかまと!

ちょうど10年前の、ドイツvsカザフスタン戦は、東日本大地震直後の開催。
試合開始前には犠牲者に対して、黙祷が捧げられてます。日本でも無く、日本が関係していない国同士(?)の試合でです。
しかもドイツの選手は、黙祷終了のホイッスルと同時に、お辞儀(会釈・礼)をしている様にも見えます。
意味合いは多少違うと思いますが海外でも、ちゃんと黙祷はしています。(ドイツ カザフスタンで検索)

 

15:名無しさん@さかまと!

勝負ごとにおいて対戦相手をリスペクトするのは武士道に基づく「礼に始まり礼に終わる」の精神
日本の当たり前が地球の裏側アルゼンチンで評価されるのは素直に喜ばしい

 

16:名無しさん@さかまと!

遠い異国の日本人でも、マラドーナに魅了されて憧れていた人々は沢山いるし、
日本人観客の方々にとっては黙祷するのが当たり前って気持ちなんだろうな。

 

17:名無しさん@さかまと!

日本だと黙祷=目を閉じて静寂。だけどリーガだと音楽流すし、目を閉じないし、
終わったら拍手って、だいぶ違う。単なる習慣の違いなんだけどね

 

18:名無しさん@さかまと!

Jリーグでは圧倒的な三笘のドリブルも海外に出たらまだまだ通用しないということを痛感した(と思う)のは彼にとって大きな収穫だった。
オリンピックの前に貴重な経験をしてヨーロッパで鍛えられて世界に通用する日本のメッシになることを期待しています。

 

19:名無しさん@さかまと!

心が伝わるのは地理的距離は関係がないんだなぁ。

 

20:名無しさん@さかまと!

お互いリスペクトあっての親善試合です。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.