ニュース

久保建英、2試合連続弾ならず。強敵セビージャに押し込まれてマジョルカ敗戦

記事の内容

【セビージャ 2-0 マジョルカ リーガエスパニョーラ第36節】

 リーガエスパニョーラ第36節のセビージャ対マジョルカが現地時間12日に行われた。試合は2-0でホームのセビージャが勝利した。マジョルカの久保建英は先発出場で、86分までプレーしている。

 残留ラインの17位アラベスと勝ち点3差という厳しい状況のマジョルカ。この日の相手はアトレティコ・マドリードと3位を争うセビージャということで、立ち上がりから困難な戦いを強いられる。

 試合はホームのセビージャが主導権を握る展開。右サイドで先発した久保も、攻撃の仕事がほとんどできない時間が続く。ボールを持つシーンがあっても低い位置でつなぐことが多く、チャンスにつながるような場面はほとんどなかった。

 なんとか耐えていたマジョルカだが、40分にハンドでPKを献上。これをセビージャに決められて0-1で折り返す。

 1点を追うマジョルカは、リスクを冒しながらも前に出る。74分には久保がワンツーでペナルティーエリア右に侵入。右足でシュートを放つが、DFにブロックされた。

 しかし、マジョルカの同点弾よりもセビージャの追加点が先だった。84分、GKからのロングフィードで抜け出したエン=ネシリがループシュートでゴールを決めて2-0。勝負を決定づける。

 86分に久保を下げたマジョルカは、最後までゴールを奪えず、0-2で敗れた。

 同日の試合では19位だったレガネスがバレンシアを下して勝ち点3を手にし、マジョルカと勝ち点で並んでいる。17位アラベスは残り3試合。勝ち点3差で追うレガネスとマジョルカは残り2試合。残留争いはどんなドラマが待っているだろうか。

【得点者】
41分 1-0 オカンポス(セビージャ)
84分 2-0 エン=ネシリ(セビージャ)

フットボールチャンネル編集部

管理人
本当に全く見せ場のない試合でした。久保以前にセビージャのプレスに慌ててしまい、久保まで落ち着いてボールが回せないマジョルカのレベルの低さが顕著でしたね。久保が前を向いてボールを持てば可能性を感じましたが、そもそもそこまで行くシーンが数える程しかありませんでした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/88a9d223e415d407d1a965d0e6bb41a5e6e0c227

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.