【試合】前評判・結果・戦評

大勝した浦和戦、名古屋大量得点の口火を切った前田直輝の先制点は…「オフサイドと言わざるを得ない」

記事の内容

気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ#12」がDAZN(ダゾーン)で配信中だ。今回は、明治安田生命J1リーグ第9節で名古屋グランパスが浦和レッズに6-2で大勝した一戦から、名古屋が先制点を決めたシーンを取り上げる。

番組には、Jリーグの原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さん、FIFA・AFC・JFA審判インストラクターの深野悦子が登場。桑原学さんMCのもと、SNSで反応が多かったシーンをピックアップして議論を行った。

プロ審判でも「揺れる」判定

議論されているのは名古屋vs浦和の9分のシーン。金崎夢生のシュート性のボールに反応した前田直輝がボックス内で合わせるが、一度はGK西川周作がストップする。それでも再び拾った前田が押し込んでネットを揺らした。西川は直後にオフサイドをアピールしていたが、主審と副審が協議した結果、得点が認められている。

一連の流れの中ではオフサイドについて2つのポイントが議論の的となった。「金崎がパスを出した瞬間」、「前田が2度目のシュートを放った瞬間」に、主審は難しいジャッジが求められている。

金崎がパスを出した瞬間に関して、ボックス左で橋岡大樹のマークを受けていた吉田豊がオフサイドポジションにいたが、実際にボールを受けた前田はオンサイド。パスの出る方向次第で判定が変わる場面であり、深野さんは「ナイスジャッジ。奥行きがありますから、簡単ではなかったと思います」と正しい判断を下した審判団を称賛した。

より見解が分かれるのはその後のシーン。前田が2度目のシュートを放って得点を決めたところで、西川の隣に位置していた吉田が微妙なラインにポジションをとる。鈴木大輔の左足が出ているため、オフサイドだと100%断定するのは厳しいものだが、「もしオフサイドポジションだったら」という仮定のもとで議論が進められた。

まず、映像で確認した平畠さんは「カメラの角度によってもどれぐらい西川選手の邪魔というか、プレーができないような範囲にいるか分からないですけど、ゴールでいいかな」とゴールを支持しつつ、Twitter上で「どの程度でプレーを妨げた、プレーに影響を与えたと言えるのか、改めて教えてください」という意見が寄せられたことを紹介する。

原副理事長も「難しいけど、ゴールで良かったかな。吉田豊もうまかったのは、邪魔しないようにジャンプして『邪魔してないよ』という感じで、一応やっている」と同調。しかし、深野さんは今回の判定が非常に難しいものであったことを印象付ける言葉を発し、オフサイドだと主張した。

「ニュースで見た時は『オンサイド、得点だ』と思ったんです。ただ、この番組のために色々な方向の映像を見て分析に分析を重ねた結果、オフサイドと言わざるを得ない」

続けて「今でも揺れるところもある」としながらも、西川から見た吉田の“位置”と“距離”から判断できることを説明した。

「よくよく映像を見ると多分真横に近い。ということはGKの視野に入っているものだと思います。2人の間に何メートルあるかってことですけれども、多分1メートルないぐらい。この2つを考えると影響を与えたと言わざるを得ない」

とはいえ深野さんも「3方向からの映像を見て、何回も止めて、どうだ、ああだって考えて、こういう結論には至った」と口にしており、プロの審判の間でも見解が分かれる可能性のあるものだったようだ。

吉田はGK西川にインパクトを与えた

競技規則第11条では、オフサイドポジションにいる競技者がプレーにかかわっている場合にのみオフサイドがとられることとなっており、「相手競技者の視線をさえぎることによって、相手競技者がボールをプレーする、または、プレーする可能性を妨げる」こともプレーにかかわったとみなされる。相手競技者に影響を与えることを「インパクトを与える」と表現するが、深野さんは吉田のプレーはインパクトを与えたと判断できるとみている。

「フィジカル的なコンタクトがあればそれはオフサイドです。ただ、ハッとするとか『そこいたんだ!』っていう非常にびっくりするようなものはインパクトを与えたというふうに考えています。競技規則の中には『プレーする可能性を妨げる』という言葉もあるので、そこにも当てはまる」

また、「インパクトの言葉には、何メートルなのかとか、そういうのも書かれていない。だから瞬時の判断とサッカーセンスと色々なものを混ぜて審判団は判断する」と、プレー関与の基準がある程度はレフェリーに委ねられることを説明した。

これを受け、原副理事長は「よく見ると西川の手が吉田豊がいるから伸ばしきれてないというか。そう言われてしまったら(吉田)豊がいなかったらもっとガッと伸ばすだけ伸ばしていたような気がするけど、ちょっと躊躇してる」と、納得した様子をうかがわせる。

続けて「西川からすると、あの一瞬の中で手を出すことで吉田豊を倒してPKになっても嫌だなという気持ちがあったかもしれない」とも想像を巡らせると、平畠さんも「やっぱりオフサイドという気持ちにもだいぶ変わってきました」と意見を変えた。

最終的に深野さんが「(オフサイドに)した方がよかったのではないかというよりも、オフサイドです。でも、その瞬間は分かりませんでした」と結論付け、議論を締めくくっている。

今回のジャッジリプレイでは、このほかにも明治安田生命J2リーグ第10節の東京ヴェルディvsFC琉球より、83分に警告が出た場面についても取り上げられている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/eddf1bcdeffefd4395782ae7fc567ddffc5423bb

 

1:名無しさん@さかまと!

こんな複雑な場面を瞬時に把握し、判断する審判は凄いよ。
例えそれが逆の判定だとしても、担当の審判達がそう見えて、そう判断したのだから、それを尊重すべき。

 

2:名無しさん@さかまと!

浦和サポだけど、1点目がなくても勝敗には影響は無かったよ。
それくらい、今のレッズは酷すぎる。
次の試合も何一つ修正されてなくて、同じ過ちを繰り返すと思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

確かにこのゴールは判断難しかったと思う。
西川の視界に入ってなさそうだったから、パッと見はゴールで良かったと思ってたけど、ジャッジリプレイの解説を聞いてると、なるほどなあと思う部分もあったし。
少なくともあの瞬間、吉田のあの動きを見てると、オフサイドって言い切るのは難しかったかも。

 

4:名無しさん@さかまと!

ヴェルディの選手の暴力行為についても取り上げてたけど、前回のサンペールの暴力行為についてもちゃんと客観的に検証してほしかった。
神戸への忖度ダメ、ゼッタイ。

 

5:名無しさん@さかまと!

このパターンでオフサイドの時とそうじゃない時めっちゃあるよなー
ガンバの遠藤は同じようなプレーでオフサイドにされてたし。
審判によって違うというのはなんか嫌ですね。

 

6:名無しさん@さかまと!

審判も難しかったと思いますが判定はよかったと思います。あれが議論になるならVARを導入するしかないと思います

 

7:名無しさん@さかまと!

見出しほどオフサイドとは断定してない。
かなりミスリードをさそうタイトルだと思う。
たくさんのファンが記事までは読まず「ほらやっぱりオフサイドだったんじゃん!!」って思ってしまうよ

 

8:名無しさん@さかまと!

確かに、このジャッジはどちらの判断であっても両チーム納得していたと思う。サッカー内では起こりえる範囲内
【タイトルがかかった試合でもないこと。試合を決定づける時間帯でもない。次のプレーにすんなり入れだと思う】
でも、邪魔でセービング出来ないという状況では無かったように見えました。
もしセービングにより吉田選手を倒したとしても、それこそキーパーチャージ(邪魔をした)の判断になるはず。
あの瞬間は吉田選手により反応が遅れたのではなく、DFと接触・交錯して反応が遅れた・体が伸びきらなかった。と判断したことが正しいと思います。

 

9:名無しさん@さかまと!

自分はオンサイドで良いと思います。
確かに吉田はオフサイドポジションに居たけど、あの状況で反応するな退くなと言われると余計にボールに当たってしまう可能性があるし、西川も西川で鈴木大輔の左足だったか忘れましたが絡まっている風に見えるし、仮に吉田が居ないとして、本当に横っ飛び出来ていたのでしょうか?と自分は思います。
よってオンサイドで良いと思います。

 

10:名無しさん@さかまと!

試合も見てたけど、個人的にはオフサイドかなと思いました。
吉田豊がいなかったら西川はもっと飛べたかもしれないし、以前にもシュートコースに立ってブラインドになってた選手がジャンプしたらオフサイドになってたので、むしろジャンプしたらあかんのでない?と思ってしまいました。
前田が西川を寝かせた上で逆サイドに蹴ってたらオンサイドかなと思いますけど。

 

11:名無しさん@さかまと!

審判がオフサイドではないと判断したんなら、そのジャッジに従うべき。実際オフサイドでも結果は変わっていませんね。

 

12:名無しさん@さかまと!

深野さんの説明は本当に分かりやすい。逆に小幡さんの説明は本当に分かりにくい。

 

13:名無しさん@さかまと!

浦和サポです。
1点目はゴールで問題ありません。
あきらかなオフサイドととれるプレーはなく、
そもそも、簡単に背後への侵入を許し、
前田の2度目のシュートも誰もいけないのだから。完全に負け。
西川は好きだけど、あれにガタガタ抗議してるの見苦しかった。
名古屋が素晴らしい、かつ自分たちが劣ってるのを自覚しなさい。
あれがなければ・・・とか思ってるようならほんと終わってますよ。

 

14:名無しさん@さかまと!

これは本当に難しい。
これこそ審判のジャッジを尊重するとしか言えない。

 

15:名無しさん@さかまと!

そもそもスローでみても判断分かれるような状況なのに
そんな一瞬で西川にインパクトを与えるわけがないw
審判の見解以前の問題として論理的に破綻している。

 

16:名無しさん@さかまと!

仮に吉田がいなくてもシュートストップできてないからオンサイドは妥当
吉田がいなければ止められたシーンならオフサイドにしていいと思う

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, , ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.