【試合】前評判・結果・戦評

【動画あり】東京五輪世代、前田大然が覚醒中!!今日も元気に2ゴール!!

記事の内容

[3.14 J1第4節 横浜FM3-0浦和 日産ス]

 J1リーグは14日、第4節を行い、横浜F・マリノスが浦和レッズを3-0で破った。横浜FMは今季初の連勝を達成。新エースのFW前田大然が3試合連続ゴールとなる2得点を挙げ、得点ランキングトップタイに浮上した。

 ここまで1勝1分1敗の五分で戦うチーム同士の対決。ホームの横浜FMは中3日の前節・福岡戦(○3-1)から先発3人を変更し、小池、DF高野遼、MF渡辺皓太に代わってDF松原健、MF岩田智輝、DFティーラトンが入った。対する浦和は前節・横浜FC戦(○2-0)と同じ11人。開幕節からほぼ固定したメンバーで戦っている。

 試合は横浜FMが早々に先行した。前半2分、MF扇原貴宏が古巣対戦となったDF山中亮輔のパスを奪い、MFマルコス・ジュニオールがつないで右サイドに展開。FW仲川輝人が鋭い突破から低い弾道のクロスボールを配給すると、GK西川周作の手を弾いたボールをFW前田大然が身体で押し込んだ。

 その後も横浜FMが高い位置からプレッシングをかけ、浦和のビルドアップを許さない。前半25分には左サイドを攻め上がったティーラトンがハムストリングを痛め、小池との交代を強いられたが、直後に追加点。扇原がMF伊藤敦樹からボールを奪い、マルコスがゴール前に浮き球のパスを送ると、仲川が胸で落としのパス。これに反応した前田がボレーで突き刺した。

 前田は得点ランキングトップのFW大久保嘉人に並ぶ今季5ゴール目。今季開幕節までのJ1通算42試合で記録したゴール数と同じ数字をわずか3試合で叩き出した。

 ここからは落ち着いてボールを握る浦和が徐々に主導権を取り戻し、トップ下のMF小泉佳穂や右サイドハーフのMF明本考浩が存在感を見せる。それでも前半39分、FW杉本健勇の右足シュートがGKオビ・パウエル・オビンナに阻まれると、同43分の明本のシュートも枠外。無得点のままハーフタイムを迎えた。

 浦和は後半開始時、伊藤とMF阿部勇樹を下げ、MF金子大毅とMF田中達也を投入。金子と小泉がボランチに入り、明本と杉本をトップに並べる4-4-2の布陣とした。それでも次にスコアを動かしたのも横浜FM。同10分、岩田のスルーパスに抜け出したマルコスが右サイドを攻め上がると、グラウンダーのクロスを配給し、大外から飛び込んだ小池が2試合連続ゴールを決めた。

 横浜FMは後半17分、マルコス、仲川、前田を下げてFWオナイウ阿道、FW水沼宏太、渡辺を投入。一方の浦和は同20分、MF汰木康也と杉本に代えてMF関根貴大とMF伊藤涼太郎を起用した。

 横浜FMは後半20分過ぎから、渡辺とFWエウベルが決定的なシュートを放つも、いずれも枠を捉えられない。同33分には渡辺のパスに抜け出した水沼がシュートを放ち、ニアでオナイウが軌道を変えてネットに流し込んだが、これはオフサイドの判定が下された。その後も攻め続けた横浜FM。4点目こそ奪えなかったが、今季初のクリーンシートでホーム初白星を収めた。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

マリノスは6、7点取れた試合だね。圧倒的な差だった。レッズはACL圏内目標とか言ってる場合じゃない。
守備も攻撃も組織的な形が全く見えない。半年先も同じ状態だと思うよこれ。降格を心配するべき。

 

2:名無しさん@さかまと!

大然猛爆じゃん!小池もナイスゴール。勝利も素晴らしいが一番良かったのは最後まで集中を途切れさせることなく、
しっかりハードワークして相手を自由にプレイさせなかったこと。
連戦で疲れているだろうが、怪我に注意してこのプレイを続けていこう!

 

3:名無しさん@さかまと!

松さんの誕生日に松本山雅にもいた大然が活躍して3-0とかいろいろと感じるものがあります。
天国でこの試合も見てくれていたかな。
この試合で3点しか取れなかったのは松さんのいたずらと捉えておこう。

 

4:名無しさん@さかまと!

まだまだロドリゲスのビルドアップにバタバタ感のある浦和にしっかりプレスかけれてたし、全員気持ち入ってたいい試合だった
にしても大然は得点だけでなくプレスのスイッチ役としてスプリントしまくりの貢献度ハンパないわ

 

5:名無しさん@さかまと!

これがプレスサッカーですっていうのを見せつけられた感じ
リカさんのせいというより純粋に個人の決定力と1対1の差を強く感じた、
今日のマリノスのメンバーでリカさんのサッカーやってたら間違いなく結果は違っただろうなという
フロントは何してんだほんとに

 

6:名無しさん@さかまと!

本当によく3点で済んだよ。
外国人枠を有効に使ってるチームが羨ましい。

 

7:名無しさん@さかまと!

後半15分くらいから見たけど、マリノスは決定機をいくつ外したんだろう。
レッズの守備が酷すぎた。

 

8:名無しさん@さかまと!

これはもう覚醒と考えていいかな
スピードに頼ってないところがいいね

 

9:名無しさん@さかまと!

スプリント回数が1人だけ異次元だった

 

10:名無しさん@さかまと!

まだ若いからもう一度海外挑戦してもらいたい。

 

11:名無しさん@さかまと!

動き出し上手くて決定力ある大然とか反則だろ

 

12:名無しさん@さかまと!

3-0どころか5点以上入ってもおかしくない試合。
マリノスは素晴らしいし、浦和はサンドバック状態。
杉本とかは良くはなかったが、代わりに出てきたメンバー達はマジで何もしてない。
関根とかどうしてこうなったんだよ。マリノスは交代メンバーも躍動してたし、渡辺は何点か取れたぞ。

 

13:名無しさん@さかまと!

完敗だねー。
あと何点か取られてもおかしくなかったし。
課題も多いねー。
パススピードがマリノスと比べてかなり遅いと思う。
精度も必要だけど、スピードも必要と思う。
まだまだだね。
でも去年よりは悶々とした感じはないかな。

 

14:名無しさん@さかまと!

同じような戦術同士の対戦になるなら完成度と戦力差がモロに出るね。
浦和のハイプレスは連動がないから簡単に前に運べるけど、浦和はかわす力がないからいきなり決定機に持ち込まれる。
明本はハードワーク、小泉はパスを散らす、田中はスピード、汰木はドリブル、杉本は収める
…で誰が点取るの?って感じ。完全にサンドバックだった。

 

15:名無しさん@さかまと!

正直もっと点取れるゲームだった。
浦和は戦術浸透まで相当かかりそうね。

 

16:名無しさん@さかまと!

まだマリノスみたいな組織として完成されてるチームには歯が立たないね...。
これだけのチームとやるとまだ浦和が組織になりきれてないのがよく分かる。
ただポゼッションのチームを作るのはそう簡単ではないしまだまだこれから。
個は良い選手が多いから我慢してやっていきましょう。

 

17:名無しさん@さかまと!

前田のワントップ定着で、
強いマリノスが戻って来たな。

 

18:名無しさん@さかまと!

開幕戦でフロンターレのポゼッションを経験してたら浦和のポゼッションなんて怖くないよな。

 

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.