特集・コラム・インタビュー

97年日韓戦「日本を救った男」呂比須ワグナー独占告白(2) ソウルでの試合「カズさんに“死んでもいいぞ、でも、勝たなきゃいけないぞ!”と言った」

記事の内容

日本で10年間プレーしたのち、日本国籍を取得した呂比須ワグナー。帰化してわずか16日後の1997年9月28日の大一番、国立競技場で行われたフランスワールドカップ最終予選の対韓国戦に出場したが、呂比須が交代したのちに日本は2失点して、1対2と敗北を喫してしまう。

■呂比須ワグナー ろぺす・わぐなー■
1969年1月29日、ブラジル・サンパウロ州フランカで8人兄弟の末っ子として生まれる。86年、17歳でサンパウロFCとプロ契約。87年にオスカーとともに日産自動車サッカー部(のちの横浜F・マリノス)に移籍。90年、日立(のちの柏レイソル)に移籍。95年、JFLの本田技研工業に移籍し、95年、96年にJFLの得点王。97年にベルマーレ平塚に移籍。同年9月に帰化して日本国籍を取得。日本代表としてアジア最終予選、98年のフランスW杯に出場する。その後、名古屋グランパスエイト、FC東京、アビスパ福岡を経て、2002年に現役を引退。指導者の道に入り、ブラジルでクラブチームの監督を歴任し、2017年にアルビレックス新潟の監督。その後、再びブラジルでサッカー指導にあたる。現在はヴィラ・ノーヴァの監督。

■「いつも練習していた形」から名波浩がゴール

――その後、97年11月1日に、ソウルでもう1度、韓国戦がありました。で、試合開始2分、相馬直樹のクロスに対して、あなたとカズ(三浦知良)と名波浩がペナルティエリアに飛び込み、あなたは相手に倒されましたが、名波がゴールを決めましたね。

「あのプレーは、僕らがいつも練習していた形なんだ。相馬がタッチライン際まで上がって、クロスを上げ、僕がポストプレーをする。

 あの時は実際、前に走り込んでいたカズか名波、どちらかのために、状況を作ろうとしていたんだ。で、僕は倒されたけど、ボールが名波に届いた。

 名波はとてもクオリティが高いし、彼の左脚は非常に良い。それで、1点目を決めて、僕らに道筋を作ってくれたんだ。

 というのも、あのゴールから、僕らがもっと自信を持てたのはもちろん、日本のサポーターに喜びを与えられたんだから。それは素晴らしいことだった。特に、スタジアムには8万人がいて、確か7万人が韓国人で、日本人は1万人だけだったんだよね。
 僕は名波のゴールを、すごく幸せに思った。試合開始すぐのあのゴールが、試合の流れを変えたと思うよ」

■「ピッチの周囲には何百人もの韓国人兵士たちが……」

――あなたが言った通り、観客席の大半は韓国人サポーターで、映像を見るだけでもプレッシャーを感じるほどでした。あなた自身は、ブラジルでそういうことにも慣れていたかもしれないけど、実際、どうでしたか?

「僕が最大のプレッシャーを感じたのは、ウォーミングアップのためにピッチに入った時だった。ピッチの周囲に、何百人もの韓国人兵士達がいて、僕らはピッチに行くのに、そのど真ん中を通らなければならなかったんだ。

 兵士達は、先の尖った銃剣を携えていたし、僕らを見る、その印象が何とも言えなかった。あの銃剣にかかったら、僕らなんかひとたまりもないとか、まぁ、そんなことを考えてしまうほど、プレッシャーが大きかった、というかね。

 それに、あの寒さたるや、体感温度はマイナス2度か、そういう感じだった。

 でも、ウォーミングアップを始めたら、集中力も高まってきて、兵士達のことを考えることもなくなった。スタンドは満員だったし、サポーターでいっぱいの、その風景が美しかった。

 責任があるのは分かっていたから、僕は試合前、カズにこうまで言ったんだ。
“今日、僕らは勝たなければならない。たとえ死んでも、勝利と共にここを出なければ”

(※日本語で)“死んでもいいぞ、でも、勝たなきゃいけないぞ!”って、カズさんに言ったんですよ。

 そういうわけで、感情が掻き立てられた。恐怖もあった。もう何が起こるか分からないから。試合が終わった後、兵士達も戻ってきたし、僕らは日本と韓国に存在する、あのライバル意識も分かっていた。昔はそれが非常に強く見られたし、何か危険な感じがしたんだ。それほど、両方にプレッシャーがかかっていたし、両方が勝ちたいと思っていた」

■惜しかったオーバーヘッド

「もし、あの試合に負けたり引き分けていたら、僕らは98年W杯出場枠をつかめなかったと思うんだ。だから、僕らはすごく集中していたし、自分達が苦しむであろうプレッシャーの大きさも分かっていた。

 韓国がボールを持てばスタンドが盛り上がり、横にいるチームメイトとすら、話せなかった。観衆が叫ぶ、その騒音があまりにも大きくて、チームメイトの言うことが聞こえなかったんだ」

――1点目が決まった後、日本は猛攻をしかけていました。あなたのオーバーヘッドシュートもあって、あのサプライズは、惜しかったですよね。

「あれは良かったよね。僕はいつでもオーバーヘッドをやってみようとしていたんだ。

 で、名良橋(晃)はすごくクロスがうまかったけど、あの時は、ボールが通り過ぎてしまいそうだった。あの場面で、僕が唯一、フィニッシュのためにトライ出来た形が、オーバーヘッドだった。

 ただ、思うようにボールを捉えられなかったんだ。もう少し上の、足の甲で捉えないといけなかった。でも、ゴールの枠には行った。相手GKが良いセーブをしたけど。

 あの状況で、僕が幸せに思ったのは、スタジアム中の反応だよ。韓国側の人は驚異で“オー!”って。で、日本人は“あー、残念、入らなかった!もう!”って。
 決まれば良かったんだけど、それでも観客は盛り上がった。オーバーヘッドは難しいからね。すごく良い経験だったよ」

■待望のゴール「時々、あの場面をビデオで見返す。喜びも、誇りも、すごく大きいよ」

――その後、前半32分に、相馬が再びクロスをあげて、ついにあなたがゴールを決めました。

「あのチームでは、いつでも名波が、左サイドで相馬と反応し合っていたんだ。相馬が左サイドで上がった時には、カバーに入って、守備のバランスを取るために。で、カズが中に入って、相馬のルートを開ける。その相馬はすごく強くてスピードがあったから、1対1で止められることはあまりなかった。

 だから、サイドでそういう動きがあった時には、僕はもう、ニアにそのボールが来ることを待っていたものだ。だからあの時も、僕らはニアに走り込むために対角線上になった。後は、彼が出したボールを決めるだけだった。

 最大の喜びだったよ。日本代表でプレーし、ゴールを決めて、サポーターが歓喜を爆発させているのを見るのはね。

 日本のサポーターは参加してくれるんだ。試合の間中、歌っているし、応援してくれる。そんな彼らがゴールを祝っているのは、すごく美しい風景だ。時々、あの場面をビデオで見返すんだけど、喜びも、誇りも、すごく大きいよ」

――あなたの方も、ゴールを決めて、最初にやったのが、ゴール裏のサポーター達に手を挙げて見せることでしたね。

「近くにいたんだよね。だから、キスを送ったか…分からないほどだよ。ゴールを決めて、あれだけ幸せだと、何をすれば良いのか分からなくなる。感情の爆発だ。看板を飛び越えることはできないんだけど、サポーターと一緒に祝えるのは、すごく嬉しいことだ」

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

ロペスありがとう。
おっさんですが、昔の日本サッカーはホント弱かったってイメージがありました。
でも最近、昔の試合をYoutubeで見直したりしていると、昔の試合ってほんとに闘ってる感が伝わってくる試合も多いですし、決して下手ではなかったんだなとあらためて思うことも多いです。
近年、日本のサッカーって底辺は拡がってサッカー人口も増えて、総体的には底上げされていると思うけど、代表ってほんとに強くなってるのかな?って疑問に思うことが多いです。

 

2:名無しさん@さかまと!

97年のW杯最終予選の日韓戦は、それこそテレビにかじりつきながら観戦したのを覚えています。
ロペスさんが言うように、日本はアウェイで本当に勝つしかないと追い込まれた状況、一方の韓国は予選通過は見えていてホームで負けられない状況だったと思います。
あの時は、SNSなどはなく、日本も韓国もサッカーに集中して、試合後の遺恨も感じられませんでした。
その後の日韓戦は、場外のほうがうるさくて、毎回後味の悪い記憶ばかりです。
これからの日韓戦は、97年の試合のように、選手が実力を出し合い、フェアプレイ精神の試合となるよう期待します。

 

3:名無しさん@さかまと!

最終予選での呂比須の得点がなければW杯にいけていなかったかもしれない。
カズが怪我で不調、若い城や西澤もイマイチだった中で呂比須はまさに救世主だった。
ヒデがスペースに走り込むタイプのFWが相性良かったからW杯では控えになったけど、呂比須が軸だったらジャマイカには勝てた気がする。
実際ジャマイカのDFも、あの明らかに日本人に見えない顔の奴が最初から出ていたらやばかったと言ってたらしい。
クロアチア戦もロングボールの展開だったし、
呂比須を出すべきだった。
岡田監督のカズ切りは、そのタイミングが悪かっただけで最初の25人に選ばなければそこまで論争になることもなかった。
アルゼンチンとクロアチアにも善戦していたし一定の功績はあるが、ジャマイカに負けたのは岡田監督の采配ミス。
ジャマイカには4バックで望み怪我の城を外していたら結果は違ってたと思う

 

4:名無しさん@さかまと!

この試合、勝ってもUAEの結果次第では
日本は終わってた。
ところが日付が変わるころ
そのUAEがウズベキスタンと引き分けに終わるという失態をしでかしたと速報が入り
俄然日本に追い風が吹き始めた。
この件といい、
韓国戦での洪明甫の出場停止、
日本のB組最終戦がホームだったこと、
後のプレーオフでイランのバゲリの出場停止、
振り返ると日本はツイていた、と思う。

 

5:名無しさん@さかまと!

ロペスは本当に救世主だった。あの試合が無ければ1998年の初出場への道が立たれて、ここで初出場の経験をしたことに寄り次につながった。
もちろん2002年のベスト16も危なかったかもしれない。
あとロペスが直前に岡田の意にそわないことになり、なんか岡田が城に固執してしまった感があった。
城を使うにしても城を中心に行くなんて言わずにロペスと最後まで争わせて切磋琢磨したほうが、
城にとってもロペスにとってもいい結果が出たいたんじゃないかな?と思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

97年のフランスW杯予選ほど、見ているファンが興奮した予選は無かった。
初戦のウズベキスタン戦で快勝、次戦アウェイのUAE戦を引き分けて出だしは順調だったが、ホームの韓国戦で逆転負けを喫し、
アウェイのカザフスタン戦でロスタイムにズバレフに決められ痛恨のドロー、加茂監督解任。
岡田監督代行になってアウェイのウズベキスタン戦で終了間際にロングボールから奇跡の引き分け、
ホームのUAE戦は呂比須の先制ゴールも追いつかれドロー、カズの車が傷つけられ、
そして記事にあるソウルでの韓国戦とホームでのカザフ戦に連勝し、フィナーレはジョホールバルの歓喜。
何も読まずに一気に書けるほど、今でも鮮明に記憶に残っている。

 

7:名無しさん@さかまと!

アジアで本当に本物だったら、一戦前のUAB戦を勝たなければいけなかった。
確かロペスが遠めからの意表を突くシュートで先制した。
それで勝てないのは実力が足りなかったからだ。
カザフスタン戦でも秋田のヘッドで先制したのに終盤攻められっぱなし、本田泰なんか焦ってクリアが数メートルしか飛んでなかった。
韓国戦も山口のループシュートで先制したのにあっけなく逆転された。引きすぎた結果MFにシュートチャンスを与えてしまった。
韓国の追加点は崩されていないのに、右コーナー付近から蹴られた何でもないゴール前を横切るセンタリングの折返しをノーマークでヘッドで決められた。まさに敗者のイージーミス。
当時の日本代表は先制しても、流れがつかめず観ていてもハラハラドキドキの連続だった。

 

8:名無しさん@さかまと!

あの試合、ソウルに観に行きました。
韓国サポーターは、もう出場決めていたので、余裕しゃくしゃくで韓国側はあまり緊張感無かった印象でした。
日本は負けたらほぼ出場断たれるので、緊張しました。

 

9:名無しさん@さかまと!

私、現地でこの試合見てました!!!!!
初の海外アウエー!それも日韓戦のW杯予選!
呂比須、名波両ゴールとも日本側にゴールを決めたのですごく興奮していたのを覚えてます!
あの時は、決めてくれてありがとう!
ただ、
あの時の韓国の人は、日本がモタモタしている間に決めていたせいか、殺伐感がなく逆に友好的だったのを覚えてます!

 

10:名無しさん@さかまと!

デビューの日韓戦国立のオーロラビジョンに呂比須が大写しになった時
どれほど頼もしく見えたことか…あの試合は負けたけど希望は膨らんだ
ただ次のアウェー戦は韓国も「一緒にW杯へ」みたいな空気もあったね
既にW杯出場を決めていた韓国はホームなのに気迫が感じられなかった

 

11:名無しさん@さかまと!

90年代、ワールドカップに出られる、出られないのアジア相手のギリギリの闘いは熱かった。とにかく熱かった。応援する側も全身全霊。

 

12:名無しさん@さかまと!

国立でのUAE戦に引き分けて自力2位が消えてサポーターがカズに生卵投げてからのアウェーでの韓国戦。
ここで快勝し、UAEは自滅、カザフスタン戦でゴンと高木が招集されて圧勝してジョホールバルヘ向かう。
こんな高揚感のある展開はもうないな。

 

13:名無しさん@さかまと!

この97年は本当にアツかった。代表の試合すべてがアツかった。
ロペスさんありがとう。あなたの雄姿は本当に印象に残っています。

 

14:名無しさん@さかまと!

この試合に負けてたら・・・本当にワールドカップに行けなかったしね。
その後の日本サッカーを考えると大きな分岐点でしたよね

 

15:名無しさん@さかまと!

後がない状況。試合前の君が代斉唱している選手が、死地に向かう兵士のように見えたのは覚えてる。
ただそれは悲壮感に溢れたものでなく、覚悟を決めた
男の顔だった。韓国を圧倒すると信じ、そうなった。ベストゲームである。

 

16:名無しさん@さかまと!

フランスW杯程、僕自身が熱い気持ちで予選をTVで観たことはなかったです。
あと、呂比須は帰化が間に合って本当に良かったです。

 

17:名無しさん@さかまと!

アウェーでの韓国戦に勝ったことで、日本に希望の光が見えてきたんだったよな。
あの試合がワールドカップ初出場の転換期だったと思う。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.