特集・コラム・インタビュー

97年日韓戦「日本を救った男」呂比須ワグナー独占告白(1)「帰化して16日後の韓国戦は“オンガエシ”だった」

記事の内容

3月25日に開催される日韓戦。最も近いライバルとして激闘を重ねてきた日本と韓国だが、その歴史の中でも名勝負として記憶される試合がある。97年のフランスW杯アジア地区最終予選B組、日本と韓国がホーム&アウェーで戦った2試合だ。この重要なゲームに出場し、永遠に記憶されるゴールを決めたのが背番号12・呂比須ワグナー。現在、ブラジルのクラブで監督を務める呂比須が、『サッカー批評Web』のインタビューに答えた。

■呂比須ワグナー ろぺす・わぐなー■
1969年1月29日、ブラジル・サンパウロ州フランカで8人兄弟の末っ子として生まれる。86年、17歳でサンパウロFCとプロ契約。87年にオスカーとともに日産自動車サッカー部(のちの横浜F・マリノス)に移籍。90年、日立(のちの柏レイソル)に移籍。95年、JFLの本田技研工業に移籍し、95年、96年にJFLの得点王。97年にベルマーレ平塚に移籍。同年9月に帰化して日本国籍を取得。日本代表としてアジア最終予選、98年のフランスW杯に出場する。その後、名古屋グランパスエイト、FC東京、アビスパ福岡を経て、2002年に現役を引退。指導者の道に入り、ブラジルでクラブチームの監督を歴任し、2017年にアルビレックス新潟の監督。その後、再びブラジルでサッカー指導にあたる。現在はヴィラ・ノーヴァの監督。

■選手としてプレーを続け、完璧に適応していた

――まず、あなたが日本に帰化することを決断した、最大の動機は何だったのでしょうか。

「僕は日本に行ってから、日本の文化の中に、すごく自分のアイデンティティを感じていたんだ。長年日本に住み、選手としてプレーを続け、完璧に適応していたから。

 それで、1992年に僕の息子イーゴルが生まれた時、息子を抱いて、すごく感動してね。その時、彼に語りかけていた。“君は日本人だよ”って。子供の登録のことなど、法律は知らなかったけど、“日本で生まれたんだから”と。

 それなら、父親である僕も日本人になって、今後の人生を通して、日本にいるのも良いかもしれないと考えた。ともかく、日本がとても好きだったんだ。日本語も分かるようになっていたし、習慣にも馴染んでいた。日本と一体感を持っていたんだ。

 そういうわけで、帰化について初めて話が出たのも、自分がそれを決断したのも、息子が生まれた時だった。

 それに、当時の日立のチームメイト達にも帰化を勧められたんだ。そうすれば、僕が使っている外国人枠も空けられる。チームをもっと強くするためにね」

■「ピッチの中で、この国を手助けできる。僕の第2の家、第2の国を」

――帰化して、わずか16日後(1997年9月28日)には、日本代表として、国立競技場でのワールドカップフランス大会アジア予選の韓国戦に出場しましたね。

「帰化するまでに10年間、すでに日本に住んでいたんだ。で、帰化した日からわずか10日で、日本代表に招集された。それで、僕の初戦となった韓国戦に向けた準備合宿のために、静岡に行ったんだけど、その幸せは本当に大きかったよ。達成感のようなものがあった。

 日本のコミュニティに受け入れられるだけでも、すごく難しいことだから。閉じられたコミュニティだし、要求されるものも厳しい。いろいろと、伝統的な習慣もある。

 そんな中で、僕は自分に大きな価値を置いてもらえたように感じてね。浜松の法務局が、僕に日本のパスポートを与えてくれたことを、すごく名誉に思った。

 あの国立での試合に招集された時に考えたのは、僕もピッチの中で、この国を手助けできるんだということ。僕の第2の家、第2の国を。

 というのも、僕が国立に行く時は、いつでも日本代表を応援するためだった。入場券を買ってね。日本がその試合に勝つことを願って。そして、日本がW杯に行ってくれることを願って。90年W杯の時も、94年W杯の時も。

 だけど今回は、日本が僕にしてくれたことすべてに、これ以上ない形でお返しができる。日本語で言う“オンガエシ”だよ。日本をW杯に連れていくために、プレーし、戦うことで、恩返しができる。

 だから、あの試合に招集されたことは、本当に大きな幸せだった」

■「韓国の2人が常に僕をマークしていた」

――ただ、残念ながらあの試合、日本は1対0で勝っていたのですが、あなたが交代でベンチに下がってから、2失点して、負けてしまいました。

「加茂サン(加茂周監督)が僕を交代させたことは、納得していたんだ。僕はすごく走り回って消耗し、思うようなプレーが出来なくなっていたから。

 ただ、僕がピッチにいた間、韓国の2人が、常に僕をマークしていたんだよね。センターバックとボランチで、1人がマークして、1人が余る形で。

 ところが、僕がベンチに下がるとすぐに、相手の監督は、そのボランチを前に出したんだ。システムを変えてきた。センターバックをもう1人入れて、3-5-2にして。

 それで、僕は危険を感じた。あの選手はもう、僕をマークする必要がないから、攻撃に参加する。ゴールを決めて、引き分けに持ち込むために。彼はボランチだけど、良いシュートをする選手だった。だから、僕はベンチに座って2分で感じていた。これは難しくなるぞと。

 そして、その選手、確か背番号5(李敏成)が、韓国の2点目を決めてしまったんだ。すごく悲しかったよ。ベンチで頭を振ったほどだ。でも、自分の交代に納得していなかったからじゃない。あの結果に納得できなかった。悔しかったんだ。

 韓国との1戦目に勝利することは、すごく重要なことだったから。特に、僕らのサポーターである、日本のみんなの前でね」

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

ロペス選手は日本で何年もプレーしていて帰化したのに、韓国マスコミが
『日本代表強化の目的のためわずか9ヶ月で帰化を認めた』って印象操作していたのを覚えてる。

 

2:名無しさん@さかまと!

日産時代西が丘でサインもらいました。
その頃まさか帰化して代表に選ばれるとは思わなかった。
代表デビュー戦は残念過ぎきる結果だがUAE、ソウルでの韓国戦では見事な得点決めたよね!

 

3:名無しさん@さかまと!

懐かしいな~

この試合は負けてしまったけど、国立でロペスが紹介されたときの地鳴りのような歓声は凄かった。
そしてアウェーの韓国戦では見事にゴール決めて予選にギリギリ生き残るんだよね。
でも人知れず苦労はあったろうな。
>日本のコミュニティに受け入れられるだけでも、すごく難しいことだから。閉じられたコミュニティだし、要求されるものも厳しい。いろいろと、伝統的な習慣もある。
ここ、日本人のわれわれは気づきにくいところでハッとさせられた。

 

4:名無しさん@さかまと!

ロペスって実際話して見ると、若い時から日本人より気遣いが出来ていたし、人に対して優しい
いつか日本で日本のチームをまた指揮して欲しい

 

5:名無しさん@さかまと!

新潟ではお世話になりました。
降格させた監督になってしまったけど個人的にロペス監督の所為ではないと思います。
ホーム札幌戦のバスのエピソードは間違いなく新潟の歴史のページに刻まれている。

 

6:名無しさん@さかまと!

柏レイソルがネームバリューの無い彼を切った時は本当に腹が立った。
たがら代表に選ばれた時に本当に
嬉しかった。

 

7:名無しさん@さかまと!

あの時はロペスを引っ込めたタイミングで岡野を入れてたら面白かったな
と思う事がある
あの速さで走り回ったら韓国側も無視はできなかっただろうしね

 

8:名無しさん@さかまと!

あの予選は呂比須がいないと リアルに突破出来なかったような活躍だった
たしか カズが
この韓国戦一戦目で怪我をしたんだよね
それでも無理をおしてでてた。

 

9:名無しさん@さかまと!

韓国戦もそうだが、本当の意味で日本を救ったのは、アウェーのウズベク戦、終了間際の同点ゴールであった。あれがなければ、かなりやばかった。

 

10:名無しさん@さかまと!

加茂監督の解任や国立の暴動、最後はジョホールバルの奇跡というジェットコースターのような最終予選だった。
この試合も山口のループで天国の登って、最後はイ・ミンソンのミドルで地獄に叩き落とされた。

 

11:名無しさん@さかまと!

プレイヤーとしても人としても好きな選手だったなぁ。
もう少し長くやって欲しいと思ってたし寂しく感じた。

 

12:名無しさん@さかまと!

恩返し、恩送り…。
忘れたくない大事なことだな。。。

 

13:名無しさん@さかまと!

ガンバのイメージしかない。
もうひとりの監督の顔とともに・・・

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.