特集・コラム・インタビュー

元ドイツ主将ラーム氏、W杯のカタール開催を批判「このW杯で移民労働者が6500人死んでるんやで、サッカーしてる場合ちゃうで!」

記事の内容

元ドイツ主将ラーム氏、W杯のカタール開催を批判「こんなことは二度と起きてはいけない」

元ドイツ代表のフィリップ・ラーム氏は、カタールが2022年ワールドカップの開催地に選ばれたことを非難した。

中東で初の開催となるカタール・ワールドカップ。気候の影響で通常の夏季開催から冬季開催になるなど、異例づくめの大会に。そんな中で特に大きな注目を集めているのが、同国の人権問題だ。

イギリス『ガーディアン』が昨年に伝えたところによると、2010年にワールドカップの開催地として決まって以降、6500人もの移民労働者が死亡。さらに性的マイノリティへの人権問題など、西欧諸国を中心に多くの懸念の声が上がっている。

大会開幕までまもなく3カ月となる中、ドイツ代表主将として2014年ワールドカップ優勝を成し遂げ、現在EURO2024の大会ディレクターとしての役職に就くラーム氏は、ドイツ『キッカー』でカタール・ワールドカップについて「私は派遣団の一員でもないし、ファンとして現地に行きたいとも思わない」と話し、今回のビッグイベントに対して批判的な意見を述べた。

「家でこの大会を観戦しようと思う。大会の招致を決める際、人権は最も大きな要素であるべきだ。仮に招致の権利を勝ち取った国がこの件に関して最も低い評価を受ける国の1つであれば、決定のためにどのような基準が使用されたかについて考えることになる」

「こんなことは二度と起きてはいけない。人権、サステイナビリティ、国のサイズ、どれか一つでも基準を満たしているようには見えない。(さらに選手たちに対して)選手として、これ以上沈黙を続けることはできないはずだ」

さらにラーム氏は、スペインや日本、コスタリカと同じグループに入ったドイツチームについて「スポーツ面に関して言えば、私たちはいつだって優勝候補の1つだ。だから、ドイツが最後まで戦っていることを祈っている」と期待を寄せた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8af51bd514aa34ef1e949fb511cf145de7ad5dd8

 

1:名無しさん@さかまと!

いろいろ選考基準はあるかもだけど、今1番重要視されているのは財力で、他の国がカタールより費用捻出できなかったんだから仕方ないだろう。
拝金主義が変わらなければスポーツイベントはこういう事態がずっと続く。

 

2:名無しさん@さかまと!

それでもまともなワールドカップはカタールまで。
今後、ワールドカップの権威はどんどん落ちていく。
カタールの次は見もしないかも。

 

3:名無しさん@さかまと!

まあ、この大会は「中東で初」というのが、大きなテーマだから。そこに意義がある。
「アフリカで初」という意味で、2010年の南アフリカ大会が開催された。これに近い。
FIFAの間では、中東での二度目の開催は無いとなっただろう。それでいいと思う。

 

4:名無しさん@さかまと!

ラームは素晴らしい発言をしたと思う

 

5:名無しさん@さかまと!

今さら開幕戦の日程を前倒しとかあり得ない。中東の人たちの技官に対するルーズさ、ワガママさは理解できない。
選手たちが試合に集中できるように、最善を尽くしてほしい。

 

6:名無しさん@さかまと!

政治力で開催地が大きく左右されているので懸念している事もよく理解できるよ。だったら、ラーム氏の政治力で、またドイツで開催してよ。

 

7:名無しさん@さかまと!

ファン・ハール「夏開催で複数国での誘致のプレゼンがあって、カタールに決まってから冬に変更では元々カタールに決まってたといってるようなもの、拝金主義丸出し」
まぁこれが正論よね

 

8:名無しさん@さかまと!

東京オリンピックも選手の負担を考慮すれば秋頃とかに変更すべきだった

 

9:名無しさん@さかまと!

それを言うなら、前のW杯はロシア。まあ、あの頃はロシアも今よりはマトモな国だったが。

 

10:名無しさん@さかまと!

いやいや、当時から今のロシアですよ。
クリミア進軍はとっくに始まっていました。さらに前のソチオリンピックの時点でも。

 

11:名無しさん@さかまと!

【6500人もの移民労働者が死亡】
と、ありますが
どういう事情なのですか?
お分かりの方があれば教えていただきたいです。

記事の内容

カタール:ガーディアン紙の調査により、2010年以降、ワールドカップ次回開催国で6500人の移民労働者の死亡が判明

2011年以降に死亡した移民労働者の数が目立って突出しているのは、カタールだけである。背景には、ワールドカップの開催権を勝ち取ったことがある
ニック・マクギーハン――フェアスクエア ディレクター

カタールにおける移民労働者の死亡事例について、ガーディアン紙が調査したところ、2010年以降、2022年のワールドカップ開催が予定されているこの国で、インド、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、パキスタンからの移民労働者少なくとも6500人が死亡したことが分かった。ただし、政府筋から得た今回のデータには、カタールに多くの移民を送り出している複数の国(フィリピンやケニアなど)に関する情報や、2020年最後の数ヶ月の情報が含まれていないため、実際の死亡者数はさらに多いとみられる。

死亡記録には労働者の職業は明記されていないが、2022年の11月から12月にかけて開催されるワールドカップ期間中に観光客を受け入れる準備を国が進める中で、インフラ整備委託事業に携わっていた労働者が多数を占めると考えられる。最も多い死因は、急性心疾患や急性呼吸器疾患などいわゆる「自然死」だ。だが、ガーディアン紙はこの分類について、検視解剖があまり行われないカタールでは、死因について「論理的な医学的説明」がなされないことが多いと過去に指摘している。夏の酷暑にさらされる屋外での作業は、熱ストレスによって労働者が死亡する一因とされている。

これらの死亡事例に関しては、分かっていないことも多く、明らかに透明性が欠如している。カタールは、労働安全衛生基準を強化しなければならない
メイ・ロマノス――アムネスティ・インターナショナル中東研究員

ガーディアン紙は、カタールの「伝送と遺産の最高委員会(SC)」とFIFAにコメントを求めた。ガーディアン紙の調査に対するFIFAからの回答の全文は以下の通り。

関連するすべての悲劇について極めて残念に思っており、教訓を今後に活かすため、各事例について調査を実施した。我々は、この件について常に透明性を持ち、ワールドカップ関連事業で死亡した労働者の数に関する不確かな主張には異を唱える
伝送と遺産の最高委員会(SC)

ガーディアン紙による調査報告の公表を受けて、オランダ政府は、同報告の内容と、ワールドカップ開催準備事業に携わってカタールで働く移民労働者の生活環境に対する懸念を表し、同国への貿易使節団の派遣を延期したとロイターが報道。オランダ政府の決定に対して、現時点でカタールからの回答はない。

 

12:名無しさん@さかまと!

う〜ん…一度目はもうアジアで起きてしまったんだよね…
それに付き合わされた日本もたまったもんじゃなかったけど…

 

13:名無しさん@さかまと!

このままだとドイツなどの選手は人権問題で代表辞退する人が出てくるんじゃない?

 

14:名無しさん@さかまと!

FIFAが主催している限り改善は望めない。

 

15:名無しさん@さかまと!

>家でこの大会を観戦しようと思う。

いや、家では見るんかーい
そこは嘘でも見ないくらい言わんかい

 

16:名無しさん@さかまと!

もうどこの国でも今後夏開催はやめるべき
無理だよ

 

17:名無しさん@さかまと!

FIFAもIOCも大事なのはお金だから
どうしようもない

 

18:名無しさん@さかまと!

サッカーもゴルフもオイルマネーには勝てないってことですね

 

19:名無しさん@さかまと!

俺も家で観ることにする

 

20:名無しさん@さかまと!

>>19
俺もそうすることに決めたよ。ラームと同じ気持ちだからだ。


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.