特集・コラム・インタビュー

【朗報】元日本代表DF栗原勇蔵『冨安健洋のポテンシャルは歴代最高』

記事の内容

【栗原勇蔵の目】スピードは超一流 パワーがさらに増せば「無敵に近い」

 日本代表DF冨安健洋は、今夏に移籍したイングランド1部アーセナルで右サイドバックとしてレギュラーを張り、世界屈指のフィジカルと激しさを誇るプレミアリーグで堂々と渡り合っている。日本サッカー界では、かつて中澤佑二氏や田中マルクス闘莉王氏といった名ディフェンダーが君臨したが、「ポテンシャルは歴代最高」と元日本代表DF栗原氏は太鼓判を押す。

 2018年1月にアビスパ福岡から海を渡り、ベルギー1部シント=トロイデン、イタリア1部ボローニャで研鑽を積んできた冨安は、今夏の移籍市場最終日にACミランやトッテナムなど欧州5大リーグの強豪からの関心が噂されるなか、プレミアリーグの名門アーセナルへの電撃加入が決まった。

 加入後、冨安は右サイドバックとして全8試合にスタメン出場。イングランド代表FWハリー・ケイン、韓国代表FWソン・フンミンを擁するトッテナムを含めてデビューから3戦連続で相手にドリブル突破を許さないディフェンスを見せ、ここまで1試合平均タックル2.3回(成功率44%)、インターセプト1.3回、クリア3.4回、リカバリー5.3回、デュエル勝利数45回(勝率59.0%)、空中戦勝利数22回(勝率59.4%)と好数値を残している。

 森保一監督が率いる日本代表でも、キャプテンを務めるDF吉田麻也(サンプドリア)の相棒センターバック(CB)として確固たる立場を確立し、23歳にして不動のレギュラーを務める。栗原氏は、「現代サッカーはとにかく速く、スピードが必須条件のなかで、冨安は基準値以上というかかなり高いレベル。スピードでぶち抜かれることはほとんどありません。屈強な選手が集うプレミアの中で、ヘディングでも負けずに強い」と評価する。

 冨安加入後、アーセナルは8戦無敗(6勝2分)で、崩壊状態にあった守備の立て直しに大きく貢献した点は英メディアでも高く評価されている。そのなかで、栗原氏は「あえて注文をつけるとしたら」とフィジカル面の強化を挙げた。

「今は毎試合、1回か2回は相手に吹っ飛ばされているシーンがあります。世界の一流CBはまず当たり負けしない。単純なパワー勝負になると、冨安はプレミアリーグで不動のCBになるような強さはまだないので、それが備わったら無敵に近いですね」

冨安はすべての要素を兼ね備えた唯一無二の存在

 日本のサッカー界で言えば、中澤氏や闘莉王氏が最強CBの先頭を走ってきた。その2人と共闘経験のある栗原氏は、「存在感では、まだボンバー(中澤氏)や闘莉王にはかなわない」としつつ、将来的には歴代最高の座に上り詰めても不思議はないと見解を述べる。

「ボンバーと闘莉王には強さがあって、点数も取れました。冨安が圧倒的に勝っているのはアジリティー、スピード、技術。しかも、プレミアリーグの名門アーセナルでバリバリにプレーしています。これまで冨安ほどのスピード、サイズ(身長187センチ)を兼ね備えた選手はいなくて、何かしらの要素が欠けていました。でも、冨安はボールの扱いも上手く、ヘディングも強いし、スピードもある。欠けているものがほぼない。ポテンシャルに関しては、間違いなく歴代最高です。まだ(23歳と)若くて、麻也が代表を引退する時には絶対的な軸になって強烈なオーラと存在感を放っているかもしれませんね」

 冨安が秘める無限の可能性――。歴代最強CBとして語り継がれる存在も、そう遠くはないかもしれない。

[プロフィール]
栗原勇蔵(くりはら・ゆうぞう)/1983年9月18日生まれ、神奈川県出身。横浜F・マリノスの下部組織で育ち、2002年にトップ昇格。元日本代表DF松田直樹、同DF中澤佑二の下でセンターバックとしての能力を磨くと、プロ5年目の06年から出場機会を増やし最終ラインに欠かせない選手へと成長した。日本代表としても活躍し、20試合3得点を記録。横浜FM一筋で18シーズンを過ごし、19年限りで現役を引退した。現在は横浜FMの「クラブシップ・キャプテン」として活動している。

 

1:名無しさん@さかまと!

冨安の凄いところの1つは適応能力だと思う。福岡→STVV→ボローニャ→アーセナルと、言語も違う環境で加入当初は監督の評価を少しでも落とすと控えになりうる状態から絶対的な存在までアップしている。
戦術理解やコミュニケーション能力など頭が良い選手なんだろうな。

 

2:名無しさん@さかまと!

代表デビュー当初から
吉田より上では?と思わせられるところがあった。
完璧に見えたけど、確かにパワーはあった方がいいかもね。
パワーは後からでもつけられる。
スピードを殺さないよう、ベストなバランスを見つけて欲しい!

 

3:名無しさん@さかまと!

本人のポテンシャルも、もちろん凄い事は疑いようも無いところですが、アビスパ時代の井原監督は冨安戦手のポテンシャルを感じており、ボランチやディフェンスラインでもスリーセンターのサイドに配置するなど、メンタル面で負担のかからないポジションでじっくり育てる方針を取っていたそうです。
やっぱり、育成年代で関わる指導者っていかに大切なものかを、改めて思い知らされたエピソードです。

 

4:名無しさん@さかまと!

ポテンシャルというか現段階の実力でも歴代最高じゃない?
まだ若いからどんなDFになるから楽しみ。

 

5:名無しさん@さかまと!

まず今年はアーセナルをUCL出場権まで引き上げてほしい。冨安がUCLでどこまでやれるか見たい。
そして次節のリヴァプール戦。何なら代表戦よりも楽しみにしている。

 

6:名無しさん@さかまと!

すべての選手に言えますが、大事な体なので怪我だけは気をつけてほしいですね。それは本人だけでなく周りも気を使っていただきたいですね。

 

7:名無しさん@さかまと!

スピード、アジリティ、サイズ、テクニックもなんだけど特筆すべき点はサッカーIQの高さと試合を読む力だったり予測力かなと思ってる。
大きな怪我なく成長していってくれることを願ってます。

 

8:名無しさん@さかまと!

DFという枠を超えて日本人初のワールドクラスの選手にまで昇華できるポテンシャルがあると思います。
この歳で名門アーセナルの絶対的レギュラーなんて信じられません。
日本では攻撃の選手しか話題になりませんが、もっと話題になるべき選手だと思います。
メディアがそれに気付く頃には冨安はもうとんでもないところまで辿り着いていると思います。

 

9:名無しさん@さかまと!

ポテンシャルは歴代最高というより、すでに今の状態でも、歴代最高のCBに近いと思います。海外での経験&実績でもすでに上回っていますし、あとは経験値くらいではないでしょうか。
この年齢でこのクオリティのCBは今までいなかったと思います。

 

10:名無しさん@さかまと!

とにかく敵は怪我で己
才能はすでに十二分に見せてくれてるだけに無事に無事にと
それだけを願ってます

 

11:名無しさん@さかまと!

冨安選手は学習を疎かにしないところかなぁ、引き出しが増える頻度が非常に早いと感じます。まだまだ伸びる選手ですので今後の活躍が楽しみです。

 

12:名無しさん@さかまと!

大体書いてる人いるけどやっぱり怪我が一番怖い。
無事之名馬とはよく言ったものなので、
大きな怪我無く頑張ってほしい。
昔よりはマシになったけどプレミア相当荒いので。

 

13:名無しさん@さかまと!

パワーも中澤、闘莉王に劣らないと思う。
中澤や闘莉王もドログバには吹っ飛ばされていた。
冨安が毎週相手にしているのはドログバクラスのモンスター達だし。

 

14:名無しさん@さかまと!

今のCB2人は歴代最高と言っても過言じゃないんじゃないかな。攻撃力に関しても、
あの時のキッカー(俊輔やヤット)が今いたら、彼等だってもう少し点取ってるだろうしさ。

 

15:名無しさん@さかまと!

マジで楽しみな選手。
日本でもっと話題になっていいと思う。
プレミアのDFでスタメンだぞ。
怪我だけが心配。

 

16:名無しさん@さかまと!

記事通りあえて欠点あげるならパワーゴリゴリな奴に体ぶつけられた時不利かな?くらい。
視野が広いのか頭がいいのか対応力と安定性が素晴らしい。
本当に怪我だけ気をつけて堅実にステップアップしいって欲しい。

 

17:名無しさん@さかまと!

身長は188ですね
実際フィジカルで負けちゃうのはセリエ時代からちょくちょくありましたね、まー彼ならどんどん向上してくるでしょう

 

18:名無しさん@さかまと!

あとはセットプレーの得点力ですね
富安、吉田のコンビは間違いなくほぼ最強だと思いますが歴代最高コンビ中沢、闘莉王と違って上がってきたら何かしてくれるって言う怖さがない
キッカーの問題もありますがセットプレーのドキドキ感がないです

 

19:名無しさん@さかまと!

選手としてはほぼ完成されている。あとは経験を積んで今後どれほどの実績を積み上げていけるかだけ

 

20:名無しさん@さかまと!

リヴァプール戦が楽しみすぎる。マネとロバートソン相手にどこまでできるか。

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.