特集・コラム・インタビュー

なぜラモスは瞬殺された? 久保の“ダブルタッチ突破”を元日本代表DFが解説「事前情報が仇に…」

記事の内容

レアル戦で見せた“3人抜きドリブル”を栗原氏が分析 「このプレーが久保建英の成長を物語っている」

日本代表MF久保建英がマジョルカで確かなインパクトを残した試合の一つに、保有元であるレアル・マドリードとの対戦が挙げられるだろう。世界屈指のセンターバック(CB)と評されるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを置き去りにした久保の“ダブルタッチ突破”について、「Football ZONE Web」のインタビューに応じた元日本代表DF栗原勇蔵氏が解説している。

昨夏にFC東京からレアルに完全移籍した久保は、今季開幕後にマジョルカへ期限付き移籍した。徐々にチーム内での信頼を勝ち取ると、新型コロナウイルスによるリーグ中断期間を経て右サイドハーフで絶対的な地位を確立。35試合に出場し4ゴール4アシストの成績を残した。加えて海外メディアでは、リーガにおいてドリブル数とドリブル成功率がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位の数値を叩き出していることが、大きな話題を呼んでいた。

さらに、久保が世界を驚かせた一戦が、リーガ・エスパニョーラ第31節のレアル戦だ。保有元との直接対決では0-2と敗れたが、後半17分に圧巻のドリブル突破を披露する。鋭い反転でドイツ代表MFトニ・クロースを置き去りにした久保は、ペナルティーエリア手前で構えるラモスを高速ダブルタッチで抜き去り、3人を抜いて決定機まで持ち込んでいた。

今季リーグ最少失点のレアルで、絶対的なディフェンスリーダーとして君臨するラモスとしては、あまりにもあっさりと突破を許した場面だったが、栗原氏はプレー映像を確認したうえで「ラモスの中で左利きというのが完全に頭にあったのだと思う。カットインしてくると判断していたが、そこを逆手に取られてダブルタッチで抜かれたという形。完全に足が止まってしまった」と解説している。

「ラモスからすれば、左に切り込んでシュートを想定していたが、建英からすれば、中でボランチが挟みに来ているのが目視できたから、縦への突破を選んだのだと思う。ラモスが『それだけは選ばないだろう』というプレーを、建英はやってのけたということなのかもしれない。これがもし決まっていたら、ラモスは相当叩かれていたと思う。ラモスが今季、こんなあっさり抜かれることもそうそうなかったと思う」

ラモスの守備対応には「後輩に対して『小僧、かかってこい』という気持ちも垣間見える」

 今季のラモスは堅実な守備を一貫して見せていたが、この場面では軽率な対応となってしまった理由について、栗原氏は「知っているチームメートだからこそのプレーだと思う」と、久保との関係性も影響したのではないかとの見解を示している。

「このシーンを確認する限り、後輩に対して『小僧、かかってこい』という気持ちも垣間見えるし、プレシーズンでチームメートとして一緒に練習やプレーをしたからこそ、建英の癖が分かっていたのも絶対ある。だから、このプレーが久保建英の成長を物語っている。ラモスの知る久保建英はここで止められるイメージだったけど、マジョルカで成長した建英が、そのイメージを凌駕した瞬間だった」

 今季開幕前のプレシーズンでレアルの北米遠征に帯同したこともあり、短期間ではあるが、ラモスと久保はチームメートとしてプレーしている。「ラモスにとって(久保が)知らない選手だったら、こんな大胆に足を出して止めにはいかない。事前情報が仇になったんじゃないかな。ラモスの中のコンピューターが狂った瞬間だったのだと思う」と指摘し、ラモスの知っている久保を、マジョルカで成長を遂げた久保が上回った決定的場面だったと強調していた。

Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/942e459bf6c1c3a4dd7627854b922fcd6c57ec12

 

1:名無しさん@さかまと!

YouTubeで今シーズンのプレーをまとめた動画がいくつか上がってるけど、才能が凄すぎてマジで世界的なスター選手になれると確信してる。
Jリーグ発足時から日本人選手見てきたけど、レアルのトップチームで活躍できるかもしれない才能なんて、
W杯を除けば日本サッカーにおける最終到達地点のようなもの。期待しかない。

 

2:名無しさん@さかまと!

確かにこのドリブルは凄かったが、ラモスとはいえ1度抜いたぐらいで「なぜ瞬殺された?」って記事にするのは恥ずかしいからやめて欲しいわ
確かに思いっきりボール刈り取りに来てはいるが、リードしてたし、イエローが出てたし抜かれたあとに後ろから激しく行く必要性もなかった

 

3:名無しさん@さかまと!

小野伸二も凄かったが怪我で一気にダメになった
久保も怪我が心配だが、久保はメッシのようにファールの受け身が上手くて怪我もしにくい
ほんと期待してる

 

4:名無しさん@さかまと!

まぁ、ここのプレーに関しては、本気のラモスだったのか
どこか心の奥底に【武者修行にいっているかわいい後輩】みたいな感じもあったのかな
本気のラモスを抜いたなら凄いと思う
後者であってほしいけど、前者ならそれはそれで可愛がられてるのかなとちょっと嬉しい

 

5:名無しさん@さかまと!

セルヒオ・ラモスからすると、エリア付近ということもありファールからのPKだけは避けたかった判断もあったと思う。
周囲の味方の数も多かったので、プレッシャーさえ掛けられれば、ボールコントロールを失い、シュートまでには至らないだろうとの判断も。
それにしても驚いたのは、栗原勇蔵氏の分析力。栗原勇蔵と言えばインタビューでも適当に答える印象だっただけに、このような鋭い視点を持っていることが驚きだった。
さすが元日本代表CB。F・マリノス一筋でプレーしてきた選手なだけある。

 

6:名無しさん@さかまと!

技術もだけど、そんな世界最高峰のDFに対して果敢にドリブルを挑める気持ちも素晴らしい
少なくとも日本代表でよく批判の的になる、無駄な横パスバックパスという選択肢が減るのは大事なところかと

 

7:名無しさん@さかまと!

まあ、ラモスは激しくいく必要はないしな。
久保がレアルの保有選手、そして将来的にレアルに必要になりえる選手であるということはわかってたんだから、そこまで本気ではなかったよ。
ただ、それを差し引いてもあのプレーはすばらしかったと思います。

 

8:名無しさん@さかまと!

あのプレーだけで判断するのはちょっと
どうかと思うけどあのシーンは3人で確実に止めに入ってカウンターしたかったと思う、
でも抜かれてシュートまでいってクルトワが
準備遅れてたよね。抜いてから打つまで相当早いんだと思うシーンでした。

 

9:名無しさん@さかまと!

こういう記事とか読むとDF(やGK)は本当に風当たりのきついポジションだと思うわ。
例えば10回の相手のチャレンジを1回でも防げずに失点に繋がるとボロクソに叩かれる。たとえそれ以外の9回を完璧に阻止したとしても。
一方、アタッカーは1回でもゴールできれば英雄視される。
まあ、それぞれポジションの特性なんだろうけれど、常に相手アタッカーのプレイよりも高いレベルを維持するのは相当に困難だ。
クリーンシートの価値は非常に高い。

 

10:名無しさん@さかまと!

この時ラモスはPA外、何の接点もない選手なら確実に多少手荒なプレーしてでも止めてたところなんだけど、、、、可愛いんだな、久保がな。
ちなみにこれがレギロンだったら思いっきりタックル見舞ってたと思うんだよね。
ちなみにマジョルカホームの時はマルセロも久保に対しての寄せが甘くなっちゃってたんだよね、、、、可愛いんだな、
久保がな。ただね、クロースは厳しかったね、久保にイラついてたまであったね、、、、可愛いんだな、クロースがな。

 

11:名無しさん@さかまと!

この時のラモスは本気モードとは思えないけど、一段ハードルを越えたのは事実だと思う。
注目を浴びれば更に研究されて厳しいマークが来る。でもそれをどう突破するか楽しみ。
類い希なボディバランスで守備陣を吹き飛ばす中田選手以来のドキドキです。

 

12:名無しさん@さかまと!

わざとに近い感じで抜かせたんじゃないの。
左足を降らせたらゴールの可能性はあるし、
批判を受け兼ねない、それだけは確実に切って。
ラモスだよ、ペレスとズブズブの。
3-0の場面で。ペレスだって観に来てた。ラモスちょっと上手いことやれと。なんなら1ゴールぐらいいいじゃないかマドリーが4点目入れるようなもんだと。
最高の結果だよ、3人抜いてゴールにはならず、久保がまた株を上げる。ペレスはラモスやはりお前はだよ。
栗原も分かってるべ、ディフェンスやし。

クロースのイエローはガチにしか見えなかったけどね。

 

13:名無しさん@さかまと!

ラモスはカードを気にしながらのディフェンスだったから、消極的な対応になったのは仕方がないこと。点差もあったしね。
でも久保はそれを分かった上で抜きにかかったのだと思う。

 

14:名無しさん@さかまと!

去年のプレシーズンのマドリーの選手は「この小僧、思ったよりはやるな」だったと思うけど、
今シーズンそれなりの活躍をして、どう印象が変化してるのか知りたい。

 

15:名無しさん@さかまと!

リードしている状況だしまあチームメイトになるかもしれない若い選手を試してやろうって気があったのはあるんじゃないかな。

想定内で抜かれたのか、想定外に抜かれたのかはラモス本人にしか分からないが。

 

16:名無しさん@さかまと!

無観客であるもののピッチに立っている以上は22人全員が本気でプレーをしてるはずです。
その中で世界トップレベルのセルヒオ・ラモスと渡りあえたのは凄いことですよ。これからに期待しています!

 

17:名無しさん@さかまと!

あのシーン、ラモスと対峙した時にまたぎを入れた後に一瞬アウトサイドでタッチして内側に切り込むふりを見せてラモスに足を出させてるんだよな。
足を出させて抜いてるから久保の中ではどう抜くかイメージできてたんだと思う。

 

18:名無しさん@さかまと!

結果的にシュートコースは限られてたし、久保のパワーではあそこからのシュートは入らない。
DFは最低限のカバーはしてる。
左を切らせないために。

 

19:名無しさん@さかまと!

感覚的には将来のチームメイトになる存在だからあまりつよく当たりに行かなかった印象かな〜
普段より守備が軽すぎた。

 

20:名無しさん@さかまと!

あのシーン、ラモスは「自分のチームの仲間だから激しく追うのは止めよう」と少なからず自制したように見えた。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.