特集・コラム・インタビュー

マジョルカ久保建英が衝撃の再開後初ゴール!欧州で評価急上昇中の”和製メッシ”の来季はどうなる?

記事の内容

 ハーフウェイライン付近からドリブルを開始しながら、RCDマジョルカのMF久保建英は何度も逆サイドへ視線を送った。左側をフォローしてくる味方はいない。ならば、自らフィニッシュに持ち込むしかない。ペナルティーエリア内の右へ侵入したところで、利き足とは逆の右足を振り抜いた。

 観客のいないホーム、エスタディ・デ・ソン・モイシュにレバンテUDを迎え、日本時間10日未明にキックオフされたラ・リーガ1部第35節。奇跡の残留を目指す18位のマジョルカが1-0でリードしたまま迎えた後半39分に、眩い輝きを放った久保が満開の笑顔を弾けさせた。

 久保が放った強烈な一撃は、横っ飛びしたレバンテのGKアイトール・フェルナンデスのビッグセーブに阻まれた。しかし、こぼれ球を味方が必死につなぎ、今度は真正面からMFサルヴァ・セビージャがシュート。再びフェルナンデスが防ぎ、追加点を奪うチャンスは潰えたかに思われた。

 次の瞬間、まるで気配を消すように右サイドからゴール前へ侵入してきた久保が、相手選手たちの間に割って入って左足をこぼれ球にヒットさせる。8試合ぶりに、新型コロナウイルスによる中断から再開された後では初めて決めた今シーズンの4ゴール目。ビセンテ・モレーノ監督ら首脳陣が狂喜乱舞するベンチ前へ駆けていった久保は、ペコリとお辞儀をした後にもみくちゃにされた。
 11試合連続で先発した久保は、お役御免とばかりに直後にベンチへ下がった。数分後に見届けた9勝目とともにマジョルカは勝ち点を32に伸ばし、日本時間11日未明にレアル・マドリード戦を控える、残留圏の17位につけるアラベスに勝ち点で3ポイント差に肉迫した。

 新型コロナウイルスによる長期中断を余儀なくされた今シーズンも残り3試合となった。12日のセビージャFC戦、15日のグラナダCF戦、19日のオサスナ戦で1年目の戦いを終え、マジョルカとの契約も満了するなかで、4ゴール4アシストをマークしている久保の去就が大きな注目を集めている。

 昨年6月にFC東京からレアル・マドリードへ電撃移籍した久保は、3部リーグにあたるセグンダ・ディビシオンBに所属するリザーブチーム、レアル・マドリード・カスティージャではなくラ・リーガ1部でのプレーを希望。開幕直後の昨年8月にマジョルカへ期限付き移籍した。

 今年に入ってからは途中出場が続いた時期もあったが、6試合ぶりに先発し、フル出場した2月21日のレアル・ベティス戦で2点目をマーク。続くヘタフェCF戦とエイバル戦でも先発し、後者では2点目をマークするなど、中盤の右サイドで存在感を放ち始めた直後にリーグ戦が中断に入った。

 この時点でドリブルを仕掛けた回数と相手選手からファウルを受けた数で、久保はラ・リーガ1部全体のトップ10に名前を連ねていた。降格圏にあえぐマジョルカの攻撃陣をけん引していた証となる数字は、再開された後も先発出場を続けてきたなかでさらにはね上がっている。

 スポーツのデータ分析で知られるOptaの日本語版公式ツイッター(@OptaJiro)は7日に、直近のラ・リーガ1部の10試合におけるドリブル回数のランキングを公表。102回で1位になったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(FCバルセロナ)に次いで、64回の久保が2位につけた。

 さらにドリブル成功回数でも56回のメッシに次ぐ31回をマーク。再開後に対戦したバルセロナ、レアル・マドリード、アトレチコ・マドリード相手にチームは敗れたものの、久保個人はハイレベルなドリブル突破を何度も披露。同時にヨーロッパ各国のクラブから大きな関心を寄せられ始めた。
 新天地候補として報じられたクラブは実に30に達する。昨夏も獲得に乗り出したリーグ・アンのパリ・サンジェルマンをはじめ、セリエAのACミランやプレミアリーグのアーセナル、ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントが含まれるなかで、久保にとってベストのシナリオは何なのか。
 例えばパリ・サンジェルマンは、完全移籍での獲得を希望しているとされる。ただ、レアル・マドリードは久保の違約金を、2億5000万ユーロ(約303億円)に設定している。他のクラブが手を出せない金額には、完全移籍のオファーには応じないというクラブ方針が反映されている。

 久保自身も名門レアル・マドリードで、レギュラーとして活躍する自身の姿を短期的な目標に掲げている。中断期間中に応じたスペインメディアのインタビューに対して、久保はこんな言葉を残している。
「僕の夢ははっきりしています。白いユニフォームを着て(サンティアゴ・)ベルナベウでプレーするためにいま、マジョルカでいろいろなことを学んでいる。すべては自分次第ですけど、マドリードに居場所はあると思う。素晴らしい選手になって、マドリードで大きなことを成し遂げたい」

 規定路線として中断前から報じられてきたのは、今シーズンに続く期限付き移籍で武者修行を積ませるプランだ。この場合、レアル・マドリードは同じラ・リーガ1部で、残留争いを強いられているマジョルカよりもレベルが上がるクラブを、久保の成長を後押しする新天地として検討している。

 その中で有力候補として何度も名前があがっているのがレアル・ソシエダだ。今シーズンはレアル・マドリードから期限付き移籍している21歳のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールが、一時はチームを暫定首位に押し上げる大活躍を演じるなど、クラブ間でも良好な関係が築かれている。
 レアル・ソシエダは8日の時点で勝ち点51ポイントの7位につけ、来シーズンのUEFAヨーロッパリーグへの出場権を得られる6位のヘタフェを2ポイント差で追っている。ラ・リーガ1部だけでなくヨーロッパの舞台での戦いも加わってくれば、経験が増える分だけ成長も加速される。

 マジョルカで一気に存在感を増した背景として、流暢なスペイン語を駆使できる久保のコミュニケーション能力を抜きには語れない。英語も操る久保だが、バルセロナの下部組織時代に身につけたスペイン語はネイティブレベルにあるだけに、ラ・リーガ1部で挑戦を継続させる意義も大きい。
 一方で最近の活躍ぶりから、レアル・マドリードへの復帰を望む声も上がり始めた。これは各クラブに「3」が設定されている、EU(ヨーロッパ連合)圏外枠とも密接に関係している。
 今シーズンのレアル・マドリードは、そろってブラジル代表に名前を連ねる22歳のDFエデル・ミリトン、19歳のFWヴィニシウス・ジュニオール、同じく19歳のFWロドリゴ・ゴエスにEU圏外枠を使っている。このうちヴィニシウスが、近くスペイン国籍を取得する見通しだと報じられた。
 要はEU圏外枠がひとつ空くわけで、その場合にはラ・リーガ1部に十分に適応している久保か、あるいは今年1月に鳴り物入りでフラメンゴから加入し、今現在はレアル・マドリード・カスティージャでプレーしているブラジルの新星、18歳のMFレイニエルを候補にするべきだ、というものだ。

 来シーズンに臨む陣容のなかに久保の名前があがる状況は、イコール、マジョルカで描いてきた軌跡が高く評価されていることを意味する。ただ、実際に復帰を果たしたとしてもレアル・マドリードのただでさえ厚く、夏の移籍市場でも補強するはずの選手層が久保の前に立ちはだかってくる。
 先月に19歳になったばかりの年齢を考えても、可能な限り多くピッチに立ち、経験を積み重ねていく方が遠回りに見えて、その実はレアル・マドリードに居場所を築くための近道になる。その意味では期限付き移籍を継続することが、現時点におけるベストのシナリオとなる。

 新天地候補のレアル・ソシエダは日本時間11日未明に、ホームにグラナダを迎えてラ・リーガ1部第35節を戦う。勝てばヘタフェを抜いて6位に浮上し、週明けの第36節で直接対決が組まれている5位のビジャレアルにも勝ち点3ポイント差に肉迫する。
 マジョルカの1部残留に全身全霊をかけている久保本人は、もちろんレアル・ソシエダの動向など気に留めていないだろう。それでも来シーズンの自身の去就にも影響を与えかねないカードを含めて、久保が初めて挑んできたラ・リーガ1部がいよいよクライマックスを迎える。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

2020年7月10日
レバンテ戦
久保建英ゴールシーン


久保ゴールの時のマジョルカベンチの反応

久保建英がドリブル中にスライディングしてきた相手をジャンプで躱して抜き去るシーン

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/327d45e26eb82aad58f30b6d2ecfbde2ae8c7f54

 

1:名無しさん@さかまと!

最近の試合では得点はなくても、ディフェンダー2人くらいを引き付ける場面が多かった。
確実に認められている証拠でしょう。来季の飛躍を期待しています。

 

2:名無しさん@さかまと!

最後に決定的な仕事をした!何か見えない力が彼を押し上げているよう。
もちろん本人のスキル、努力はものすごいものがあるが。
恐らく新天地になる来季の活躍が本当に楽しみ!

 

3:名無しさん@さかまと!

レバンテとの試合彼の出来はかなり悪かった。
コロナ後のハードスケジュールで全試合に長時間出場して、攻守に活躍していたのでフィジカル面で相当しんどかったはず。
交代させられても仕方ない出来だったにも関わらずプレーさせ続けたのは監督が信頼している証だし、
低評価されていただろう内容で評価を一変させる得点を取ってみせたのはさすがの一言。

 

4:名無しさん@さかまと!

結論今は代表に呼ぶ必要なし
クラブの方が強化になるし、代表では控えでしかなくほぼ出番ないでしょうから、疲労がたまった状態ではリスクしかない。
今は右は伊東や昨年MVPの仲川あたり起用していくのが、良いのでは?

 

5:名無しさん@さかまと!

恐らく移籍するのは間違いない
色んな移籍先(レアル復帰も含めて)が候補に上がっているが スペインにはとどまって欲しいなぁ
いずれにしても 久保にとって最良の選択になることを強く願います

 

6:名無しさん@さかまと!

あまりボールにからめてなかったけどエリアにさえ入れば、相手抜かなくても
タイミングずらしてあれだけ簡単に強烈なシュートが打てるとは。末恐ろしい。。
ゴールはこぼれ球でしたが、自分でセンターサークル辺りから持ち込んでシュートして生まれたチャンス。
結果も出たことで、さらにマスコミに騒がれるでしょね!!

 

7:名無しさん@さかまと!

レアル本体でベンチウォーマー、あるいはベンチ外になってしまうよりは
ソシエダでUEFAを目指したほうがいいと思うなあ。
主力としてプレーして得たタイトルというのは大きな財産になるよ。
まあソシエダでもレギュラーが保証されるわけじゃないから
そこからの戦いだけどね。

 

8:名無しさん@さかまと!

マジョルカに移籍してしばらくは「久保はまだリーガ1部でプレー出来る実力ではない。他に行け」
みたいな批判的なコメントが多くて、よく論争になってけど、最近は批判的な奴はいなくなったね。

 

9:名無しさん@さかまと!

もはや右サイドで、久保がDFを二人引き付けて、尚且つドリブルで突破してしまうシーンはお馴染みとなってしまった
こんなことが出来る選手は、リーガ全体を見渡しても、そうそういないはず
ブラジルの3選手がどんな契約をしているのかわからないけど、
例えばそのうちの一人をレンタルに出して、久保を戻すってこともレアルは真剣に考えて欲しい
もちろん、もっとも久保が成長できる環境を選択して欲しいですけど

 

10:名無しさん@さかまと!

気合いの入った一戦だった。
マヨルカの気迫が相手を追い詰めたゲームだった。
それにしてもタケが今シーズン4点目をとったことが
よかった。
また、評価も上がる内容だった。
このまま残留に向けて突き進んで欲しい。

 

11:名無しさん@さかまと!

和製メッシとかの表現やめないか。。言いたい気持ちも分かるが
彼はもう久保建英というアジアを代表するプレイヤーであるのだから。
それにしても見ていてワクワクする選手だなあ。
スペインまでお金を払って見に行きたいと思ってしまった。

 

12:名無しさん@さかまと!

技術もそうだけど、気づくと久保のチームになってるコミュ力、リーダー資質が凄い。
マジョルカとは言え、リーガ1部の選手たちが全員下手にみえる存在感…
期待するなという方が無理です。

 

13:名無しさん@さかまと!

ワールドカップ予選はともかく、ただの興行の親善試合はすべて国内組でいいよ。
とにかく海外組にはコンディション崩さず、継続して海外で活躍してほしい。

 

14:名無しさん@さかまと!

ここ最近は独力でなんとかするプレーを増やしてるが、次の移籍のために
意識的にやっているとしたらセルフプロデュース能力も高すぎるな…

 

15:名無しさん@さかまと!

流石に疲れは出てきてるね重い感じがした
怪我だけは気をつけて!それにしても久保にもっといいパス出せる選手がいればなぁと、
もう少し活かし活きるチームに行けるといいよね

 

16:名無しさん@さかまと!

まあ衝撃のというのは大げさだけどキーパーが弾くならここかなと移動していたっぽいからその読みは凄いなって思った
最近やっと久保くんがマジョルカの中心選手たちに認められてボールが回るようになってきてもっと早くそれをやれよってなってる
残り3試合で最低2勝しないと残留は難しそうだからかなり厳しい戦いにはなるだろうけど、がんばって欲しいな

 

17:名無しさん@さかまと!

シーズン開始前に本田選手が
「カスティージャでもレアルにも残るべき。久保選手は周りに上手い選手がいた方が良さを出せる」と言っていた。
事実マジョルカでは周りとの連携にフラストレーションを抱えているシーンも多いけど、
それでも結果とプレー内容で評価を高めているところに凄みを感じる。

 

18:名無しさん@さかまと!

残留争いする下位チームとはいえ、完全に中心になってるのはすごいです。
ここまで離脱するようなケガをしてないのも素晴らしい。
しかし連続出場による疲れはやはりプレーにも多少出ている気はするので、
こういう時こそ気を付けてほしいですね。

 

19:名無しさん@さかまと!

FC東京の時もそうだったが、最初は『こんなもんかぁ』と思わせてからのしっかり仕上げて復調するどころか
乗り越えてくるのが凄い。

 

20:名無しさん@さかまと!

久保はスペイン語や英語が話せるだけではなく、自分の考えを自分の言葉で、
シチュエーションに合わせて相手に伝えることができる。
FC東京とマリノスの試合で挨拶した時のあのスピーチ力。
あれこそが成功の重要なファクターなのではないかと思っています。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.