移籍・契約関連情報

久保建英が入団会見でビジャレアル移籍を「最高の選択肢だった」と語った真意とは?

記事の内容

何が19歳の俊英の背中を押したのか。

 
 レアル・マドリードから同じラ・リーガ1部のビジャレアルへの期限付き移籍が決まった、日本代表MF久保建英が11日に現地で入団会見に臨み、引く手あまた状態だったオファーのなかから、このチームを選んだ理由に関して「最高の選択肢でした」と即答した。

「僕も家族も代理人も、全員がそう考えました。ビジャレアルのオファーが最も素晴らしかったからこそ、僕はいまここにいます。最高の選択であったことを、証明する必要があると思っています」

 スペイン東部バレンシア州にある、人口わずか5万人の小さな町ビジャレアルが沸き立った。約2万5000人を収容する本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカ内で、正午(日本時間午後7時)から始まった入団会見。グレーのジーンズに黒いポロシャツ、そしてクラブカラーの黄色いマスク姿で会場に姿を現した久保が、ネイティブレベルにある流暢なスペイン語で新天地における第一声を発した。

「まず何よりもこの素晴らしいチームの一員になれたことを嬉しく思っています。個人としてもチームとしても、素晴らしいシーズンにできることを願っています」

 FC東京から昨年6月にレアル・マドリードへ加入した久保は、昨シーズンが開幕した直後の同8月下旬にマジョルカへ期限付き移籍。チームにフィットするまでに時間を要したものの、ラ・リーガ2部に降格したチームで最終的には35試合に出場して4ゴール4アシストの成績を残した。

 登録および出場がともに3人までとなっているEU圏外枠が、レアル・マドリードではすでに埋まっている。ゆえに9月に開幕予定の新シーズンでも久保を期限付き移籍させ、さらに1年間の武者修行を積ませる青写真が描かれていたなかで、久保自身はマジョルカでの日々をこう位置づけていた。

「経験というものが一番大きいかな、と思います。スペイン1部(の戦い)に慣れたことは、大きなアドバンテージになるかな、と思っています」

 久保が言及したアドバンテージと、短期的な目標として定める「レアル・マドリードで大きなことを成し遂げたい」とを結んだときに、ビジャレアルを新天地に選んだ理由が浮かび上がってくる。マジョルカの一員として2度対戦したビジャレアルに対し久保はポジティブなイメージを抱いていた。

「常にボールをキープされていたので、プレーリズムについていくのに苦労しました。ビジャレアル戦が最も苦しかった試合のひとつでした。それが逆になることに対して大きな興奮を感じていますし、モチベーションが上がっています」

 マジョルカのホームで対峙した昨年11月の第13節は3-1で快勝し、久保もラ・リーガ初ゴールを決めた。一転してビジャレアルのホームに乗り込んだ6月の第29節は0-1のスコア以上の完敗を喫し、久保も主力に定着してからは最短となる60分間の出場でベンチへと下がっている。おそらくは後者で、ビジャレアルの戦い方から感銘に近いインパクトを受けたのだろう。

 1923年に創設されたビジャレアルはボールポゼッションを前面に押し出し、2000年以降で顕著な成功を収めてきた。UEFAチャンピオンズリーグに初出場した2005-06シーズンはベスト4に進出して旋風を巻き起こし、ラ・リーガ1部でも2007-08シーズンに2位へ躍進した。

 その後は2部に降格するも、1年で1部に復帰した2013-14シーズン以降で7位以下に終わったのは一度だけ。昨シーズンも5位に入り、新シーズンのUEFAヨーロッパリーグ出場権も獲得しているビジャレアルで待つ新たな挑戦を、久保は「かなりのビッグクラブでのプレー」と位置づける。

「やっぱり上を目指しているチームなので、あまり大きなことは言いたくないですけど、できるだけ上の順位でフィニッシュして、なおかつヨーロッパリーグでもしっかり結果を残せたらいいな、と」

 昇格組で戦力的にも劣っていたマジョルカでは、必然的にチーム全体で守備を重視する戦い方を強いられた。ポジショニングを含めた守備の基本を実戦のなかで学べたことは収穫だったが、久保がストロングポイントと自負している攻撃力を、自由自在にフル稼働させられる環境ではなかった。

「どうなっていくのかが楽しみです」

 だからこそ、ビジャレアルで待つ挑戦を、久保は「どうなっていくのかが楽しみです」と笑顔で受け止める。そして、降格圏にあえいだマジョルカで「違い」を作り、特に後半戦では中盤の右サイドを主戦場として存在感を放った姿に、就任したばかりのビジャレアルのウナイ・エメリ監督も魅せられた。1年だけの在籍でもいいので、戦力として迎え入れたいとフロントへ直訴した。

 かつてセビージャでヨーロッパリーグ3連覇を達成した、48歳のスペイン人指揮官から直々に届いたラブコールが決断への決め手になった、と指摘するスペイン紙の報道を「そこのところはちょっと内緒で」と久保ははぐらかした。もっとも、こんな言葉をつけ加えることも忘れなかった。

「DFとGK以外なら、どこのポジションでもプレーする心構えがあります。監督とは昨日にチームのことなどを話しましたが、監督もまだチームに来て日が浅いと思いますし、そのあたりは『お互いに知っていこう』と非常にフレンドリーな会話もしてくれました。今日も来ていた選手たちとはだいたい話ができていますし、思ったよりも早く馴染めそうかな、と」

 メディカルチェックと契約書へのサインが行われた前日10日に、すでにエメリ監督とも話し合いの場をもっていた。チームへ溶け込んでいく上で言葉の壁が存在しないのも、独ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘン、仏リーグアンのパリ・サンジェルマンなど国外の強豪や名門からオファーが届いたなかで、引き続きラ・リーガ1部のビジャレアルを新天地に選んだ理由のひとつとなる。

 新指揮官が掲げるシステムとして、スペイン紙は[4-2-3-1]や[4-4-2]をあげている。マジョルカで爪痕を残した右サイドに加えて、アル・サッド(カタール)に移籍したレジェンド、35歳のサンティ・カソルラが担ったトップ下や左サイドも久保が挑んでいくポジションとなる。

 だからこそ久保自身も「どこのポジションでも――」と言及したが、もちろん無条件でレギュラーが約束されているわけではない。右サイドには爆発的な縦へのスピードから利き足の左足で一気にフィニッシュにもっていく21歳、ナイジェリア代表のサムエル・チュクウェゼが君臨している。

 カソルラと引退したキャプテンのブルーノ・ソリアーノが抜けた中盤には、バレンシアでキャプテンを務めたダニエル・パレホ、コンビを組んでいたフランシス・コクランの加入が決定的となっている。エメリ新体制における移籍第1号となった久保への期待の大きさは伝わってくるが、ヨーロッパリーグにも挑む新シーズンへ向けて、ビジャレアルの補強はもちろん一人では終わらない。

「競争を楽しむ必要があります」

「素晴らしいチームには常に競争が存在しますし、よりよいプレーをするためには、その競争を楽しむ必要があります。この後にどのような選手が来るのかはわからないですけど、いまここにいる選手たちのことはわかっています。全員がトップレベルであり、能力の高い選手たちと競い合うことでたくさんのものを得ながら、昨シーズンとは違ったところでまた成長できれば。例えば攻撃面などでも成長はしていると思いますけど、より磨きをかけてチームに貢献していきたい」

 競争を勝ち抜いていく決意を含めて、スペイン語と日本語の両方で応じた20分間あまりの入団会見を終えた久保は小雨が降る本拠地のピッチへと移動。フェルナンド・ロイグ会長から手渡された、背中に「久保建英」と漢字が記された、特製の黄色いユニフォームに袖を通した姿も披露した。

「これから自分の色に染めていけたらいいかな、と思います」

 右肩上がりの軌跡を描いたマジョルカでのプレーで、ヨーロッパを驚かせた昨シーズンはすでに過去のこと。レアル・マドリードへ復帰するだけでなく、その先に誰が見ても「すごい選手になる」と壮大な夢を描く久保が、攻撃力を証明してさらなるステップアップを果たすための「最高の選択肢」と位置づけた、ビジャレアルでの新たな挑戦が12日の新チーム始動とともにさっそく幕を開ける。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/845fb4f4ba0b2a44cd9ccf0ea37fbde7ed669d6e

 

1:名無しさん@さかまと!

マジョルカでは久保くんは突出しすぎていて、周りも久保くんを活かしきれず久保くんも周りを活かしきれていなかった感がありました。
ビジャレアルなら周囲から活かされ周囲を活かすプレイができることでしょう。
水を得た魚のように縦横無尽に活躍する久保くんを見てみたい。
そして1年後の今頃にはさらなるステップアップを実現していることを願っています。

 

2:名無しさん@さかまと!

本当に来シーズンが楽しみです。
マジョルカではスタッツでも確かな記録を残していますが、不利な状況から個人技で状況を打開することが多く、どうしても不利な態勢に追い込まれフィニッシュの精度はあまりフォーカスされていませんでした。
これからはむしろ有利な状況をどれだけ作り、
簡単にフィニッシュに持ち込んで得点を生み出せるかが求められる中で、更に成長していくことでしょう。
バモス!タケ!

 

3:名無しさん@さかまと!

体付きが大分変わりましたね。
マジョルカとは違う乗り越えないと
いけないハードルは出てくるだろうけど、
久保ならなんとかやってくれるでしょう。
リーガ1年目を越える成績を残してほしい。

 

4:名無しさん@さかまと!

レアルに採用されるまでのステップアップの場としては最高じゃないですかね。マヨルカは周りの影響もあって目立ったと思うが、ここで抜け出れば一気に先が開けてくる。
新たな日本サッカーの未来も、彼とともに期待したい!
(言い過ぎかなw)

 

5:名無しさん@さかまと!

マジョルカでのプレーと同じ事してたらステップアップにはならない、、、、もっと違う質を磨いて披露できなければ、ステップアップは出来ないね。
以前、チリ代表のマティアス・フェルナンデスという南米最優秀選手にもなったトリッキーでドリブルの上手い選手がビジャレアルにいたが、ポジションが少し低めになったらプレースタイルが徐々に地味になり始めたばかりか、凡百の選手とあまり変わらなくなってしまった、、、、。
久保にはその辺を上手くやる、というかそつなくこなして欲しい。

 

6:名無しさん@さかまと!

いつ話がひっくり返るかと思ってたけど、ようやくここまで来たね
右サイドのライバルは凄いしどういう使い方をされるかわからないけど、来月からの活躍が楽しみだ

 

7:名無しさん@さかまと!

どういう育て方をすれば19歳にしてここまで成熟した大人の考え方が出来るようになるんだろう。
久保くんの凄いところはテクニック?それは当たり前にすごいけどやっぱりこのブレない芯の通った頭の良さだと思うし必ずまたステップアップしてくれると思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

「思ったよりも早く馴染めそうかな、と」
早速久保の第一の武器が唸りをあげてそうだな、本当に素晴らしいヒューマンスキルだと思う。
何はともあれまた楽しみなシーズンがもう来月に迫ってる。

 

9:名無しさん@さかまと!

スペースあるところで活躍する選手は沢山いても
久保みたいに狭いスペースでも威力を発揮する選手は少ないので重宝されると思いますけどね
自分ビジャレアルに詳しくないので分かりませんが
久保に欲しいタイミングで縦パス入れれる選手
ダイレクトのリターンが望める選手
この部分がスムーズなら間違いない選手だと思いますけどね

 

10:名無しさん@さかまと!

小柄だけど体幹周りの筋肉だいぶついてて凄い
シャキリほどではなくともフィジカル強くなればゴリゴリのドリブラーになれそう
ビジャレアルでも頑張って!!

 

11:名無しさん@さかまと!

このチームが最終目標でも驚かないのに、久保くんにはここが途中経過なんですよね(゜ロ゜)
がんばれー!!

 

12:名無しさん@さかまと!

改めて最新の姿を見ると体格がゴツくなってる。
あのテクニックにフィジカルが備わったらすごいことになりそうだ。

 

13:名無しさん@さかまと!

「人口わずか5万人の小さな町ビジャレアルが沸き立った。約2万5000人を収容する本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカ」
町の人口の半分を収容できるスタジアム って考えるとなんか凄いな。

 

14:名無しさん@さかまと!

受け答えが、19歳とは思えないくらい、しっかりしている

 

15:名無しさん@さかまと!

早くレアルでプレー出来ると良いですね。

 

16:名無しさん@さかまと!

分厚くなったな

 

17:名無しさん@さかまと!

楽しみしかない。

 

18:名無しさん@さかまと!

なんか可愛らしいな。

 

19:名無しさん@さかまと!

回りが良ければやりやすいから。
パス回し、楽しんで。

 

20:名無しさん@さかまと!

楽しみ過ぎる!

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.