特集・コラム・インタビュー

「あの子は下を向かなかった」城彰二を指導したスペイン人監督が、久保建英の強靭なメンタリティーを高く評価!

記事の内容

新天地については「ウーデゴーを見本にすべき」と指南

2019-2020シーズンに衝撃のラ・リーガデビューを果たした久保建英。所属するマジョルカは2部降格の憂き目を見たが、久保自身は現地でも高く評価されている。

 かつてマジョルカやアトレティコ・マドリーなどの監督を歴任し、バジャドリーの監督時代には元日本代表FWの城彰二を指導したグレゴリオ・マンサーノ氏は、久保のデビューシーズンをどう見たのか。

 現在発売中の「ワールドサッカーダイジェスト」で、ラ・リーガのシーズンベストプレーヤーを選出する座談会に参加した同監督に、“番外編”として久保についての意見を聞いた。

「圧倒的なボールスキルを持っていて、とにかくドリブルが上手い。そして、まだ若いが華のあるプレーをする選手だね」

 そう切り出したマンサーノ氏は、加えて久保の持つその強靭なメンタリティーも高く評価する。

「今シーズンのマジョルカのように、つねに降格の恐怖に怯えながら戦わなければいけないチームでは、選手は伸び伸びとプレーできないものだ。開始1分から、焦燥感に駆られながらプレーしなければならないからね。そして、そういうチームの若手に起きうる状況は次のふたつ。下を向くか、上を向くかだ。あの子(久保)は、その状況でも決して落ち込まず、下を向かなかった。とてもポジティブなメンタリティーを持っている証拠だよ」

 また、さらなる成長を遂げるためには、環境を変えるべきだとも言う。具体的なクラブ名は挙げなかったが、「リーグ内で高い競争力を持つチームが理想」だと言う。

「まずは残留に苦しむことのないチームに入り、自分の居場所を確保し、そこで1シーズンをフルに戦うことが大切だろう。見本にすべきは、久保同様、マドリーが保有権を持っているマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダMF)。今シーズンの彼のように、久保には大きく羽ばたいて欲しいものだね」

 複数の有力クラブが移籍先候補に挙がるが、久保はどのクラブを新天地に選ぶのか。マンサーノ氏もその動向に注目している。

取材●山本美智子
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ba822a6d02661eff0fb43d837f14be76086ca9fa

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.