【試合】前評判・結果・戦評

久保建英「天と地ほどの差がある」

記事の内容

◇26日 U―24国際親善試合 日本0―1アルゼンチン(味スタ)

 日本は強豪・アルゼンチンを相手に0―1で惜敗。試合後にMF久保建英(19)がオンライン取材に応じ、1点差での敗戦に悔しさをにじませた。

 「どちらにもいい時間帯がある中、決められたチームと決められていないチームには天と地ほどの差がある」。久保建はチャンスをつくりながら決めきれなかったこと悔しさを吐露。決定力の差が、強豪国との最大の差であると話した。

 試合終盤、利き足とは逆の右足で放ったボレーには「右足とか左足とか関係なく、あそこをポッと決められる選手が生き残っていく。自分もこのチームで生き残っていきたかったら、ああいうところで欲しい1点を取れる選手になるのが課題」と、結果を出し切れなかった地団駄を踏んだ。

 中2日で迎える、同じ相手と再戦の課題に挙げたのは、結果の2文字。「内容はあまり悪くなかったけど、残るのは結果。最後のところで決めきるというのがスポーツなので。決めないと勝てないし決められたら負ける」。次戦でこの借りを返すべく、久保建が闘志を燃やした。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

骨のあるホンモノのチームと強化試合ができて良かったね。
A代表もこっちに相手してもらった方が強化になったのでは。

 

2:名無しさん@さかまと!

アナウンサーが、日本善戦しました!っていう方向に持っていこうとしたのをバッサリ切り捨てた中村憲剛、
毎試合中村憲剛に来ていただきたい!(褒めるところはしっかり褒めますしね。)

 

3:名無しさん@さかまと!

久保本人が1番よくわかっている。生き残るだけではなく、トップまで駆け上がって欲しい。その為にはフィニッシュの精度を上げる事。

 

4:名無しさん@さかまと!

現地で観てましたが、三好のアピールがチームを停滞させてた。

 

5:名無しさん@さかまと!

「右足とか左足とか関係なく、あそこをポッと決められる選手が生き残っていく。
自分もこのチームで生き残っていきたかったら、ああいうところで欲しい1点を取れる選手になるのが課題」
とんでもない世界でしのぎを削っている人でないと出てこない言葉だよな。
久保選手、今後は陰ながら応援させてもらいます。

 

6:名無しさん@さかまと!

三好選手が気持ち強すぎて空回りしてた印象。プレッシャーのかかる瞬間にいかに冷静に周りを使うかが課題。世界との差を感じました。

 

7:名無しさん@さかまと!

アルゼンチンの守備が予想以上に組織的で高い位置から厳しいプレスに来てたのでなかなか難しい試合やったと思うし内容はまずまずでは。
その中でも日本の時間帯もあって後ろから上手くワンタッチツータッチで繋いで
フィニッシュまで持っていこうという場面もあったけど結局ファイナルサードで崩しきれんかったかな。
兎に角強くて良い相手ともう一回できるというのは良い経験になるので次はどう修正して崩すのかそこ注目でしょう。

 

8:名無しさん@さかまと!

昨日の試合に比べたら、はるかに意味の深い一戦だったよ。
現時点での欠点、改善すべき点を明確にした、いわゆる「腹の足しになる」内容だった。
富安は今日出したかったなぁ。
そうすりゃ、歯も無事だったし、ゴールも防げた(かも)。

 

9:名無しさん@さかまと!

サッカー解説者も昔ながらのニワカモノではなく、今回みたいに本当にサッカーを知ってる人が解説者として呼ばれた方が、
日本サッカーの発展にプラスになるよ。サッカー球児達もテレビの前で見てるだろうし。
なので選手のプレイに対して適切なコメントを生中継でしてほしい。

 

10:名無しさん@さかまと!

下手でもいいからゴールって結果がほしい。ゴン中山や岡崎の素晴らしいところはサポーターを魅了するテクは無いが、ボールをゴールに叩き込んだ!
とにかく結果にだけこだわってほしい!

 

11:名無しさん@さかまと!

チーム全体として、技術はそこそこあるのにリスクを負わない…そんな印象でした。
強い縦パス、ゼロ。
後半も初っ端はロングボール入れて見たものの、そのあとロングボール一度だけ。
90分の闘い方が単調なので相手も守りやすいと思います。
監督の戦術なのか個人の力量なのか…29日は是非チャレンジして欲しいです。

 

12:名無しさん@さかまと!

久保は周りがレベル合わなすぎて出したい時に出せない、欲しい時に来ないって感じだったな
三苫は次に期待
旗手は一番良かったと思う
板倉にはがっかり
中山だけは謎、本当に何がいいのかわからない。

 

13:名無しさん@さかまと!

フィジカルの違いも大きいですね。アルゼンチンのインサイドハーフは上手いだけじゃなくて強かった。
軽いディフェンスが通じず何度もサイドを深くえぐられてましたね。
日本のサッカーも線の細いテクニシャンばっかり優遇してたらあんな選手は中々出てこないのでは?色々考えさせられます

 

14:名無しさん@さかまと!

三苫は海外行く前に通用しないことを気付いて良かったと思う。
久保は決定力ないけどやっぱ頭1つ出てるね。

 

15:名無しさん@さかまと!

惜しいシュートが何本か日本にも・・・
「惜しい」のだが・・・
日本サッカー、それ以上でもそれ以下でもない・・・
とにかく「惜しい」ただそれだけのチームである。
「惜しい」チームと、「結果を出せる」チームは、久保の言う通り・・・
天と地ほどの差があるという結論で正しい。
つまり「惜しい」のは、「惜しい」のではなく、「0点」なのである。
サッカーとはそういう球技であり、世界を舞台に闘うとはそういうことである。

 

16:名無しさん@さかまと!

三苫騒がれてるけど,久保の方が明らかに格上だったね。 やっぱり海外勢は凄いな。

 

17:名無しさん@さかまと!

TV観戦だったけど、1-0以上に力の差を感じたな。
決定力云々以前に全体にいいようにあしらわられてると言うか、怖くないプレーしかしてない、させてもらえないような…
まあTVだとボール周辺しか分からないんだけどね。

 

18:名無しさん@さかまと!

アルゼンチンは、速い強い統率取れてるで付け入る隙なかったな。
ただ、持ち過ぎの三好、自分の間に持って行けなかった三苫など、
もう少し何とか出来たような気もする。慣れの部分は大きいな。

 

19:名無しさん@さかまと!

それほどの差なんだよな。
スポーツの世界って。
アルゼンチンは確実に勝ち切るために舵を切っただけ。
点数以上に差がある。

 

20:名無しさん@さかまと!

何にも言えないね。アルゼンチンはたった一回のチャンスで決められたけど、日本は複数回あったチャンスを決められなかった。
前日のA代表の試合より内容がよかっただけにもったいなかった。29日にやり返さないとな。

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.