【試合】前評判・結果・戦評

久保建英は「居場所」を獲得しつつある。 最前線で戦術的に適応

記事の内容

 9月2日、ビジャレアルはプレシーズン4戦目となるリーガ1部レアル・ソシエダとの試合を行ない、2-0と完勝している。

 この試合、久保建英は上々のプレーを見せている。この日はトップ下(もしくは2トップの一角)で先発出場。下がってボールを受け、巧みにテンポを作って、決定的なラストパスを出す。ドリブルの切れ味も鋭く、脅威を与えていた。

 なにより、戦術的な適応を示している。

 開始1分、ビジャレアルは相手を押し込む形でプレスをかける。久保はその最前線で圧力をかけ、相手のパスミスを誘発。このショートカウンターが、フランシス・コクランのミドルシュートによる先制弾につながった。

 また、28分には波状攻撃で押し込む。相手ディフェンスが慌ててクリアしかけたボールを、久保がブロックする形になって、裏へこぼれた。これにモイ・ゴメスが反応してPKを誘い、パコ・アルカセルが2点目を決めた。

 2020-21シーズンの開幕に向け、久保はウナイ・エメリ新監督が率いるチームにフィットしつつある。

 実はここまでのプレシーズン3試合では、久保の現状を不安視する声も出始めていた。

「Discreto」(地味な、控えめな)

 スペイン大手スポーツ紙『アス』などは、そんな表現を使っている。2部カルタヘナ戦はトップ下で後半から出場、2部テネリフェ戦は右サイドで先発出場、そして1部バレンシア戦は67分から左サイドで出場だった。唯一、先発したテネリフェ戦はチームが敗れ、バレンシア戦では出場時間が短く、各ポジションの「2番手」の印象も与えた。

 しかし、心配は無用だろう。

 そもそも、ビジャレアルは昨シーズン5位になったチームで、主力メンバーは残っている。バレンシアから移籍してきたダニエル・パレホのようなキャリアを積み重ねてきた選手は別にして、昨季から在籍する選手がファーストオプションなのは当然である。監督が代わっても、選手間のコンビネーションは確立されたものがあるのだ。

 そんな状況にもかかわらず、マジョルカから来た久保は新チームで居場所を見つけつつある。

レアル・ソシエダ戦の久保は、トップ下で先発しているが、中央だけでなく、積極的にサイドにも流れていた。サムエル・チュクウェゼ、モイ・ゴメスともポジション交換。パスを呼び込んでいたし、連係も見せていた。

 そして、前半終了間際のプレーは白眉だった。自陣の深い位置で味方がボールを奪い返した後、相手ディフェンダーと並走しながらボールを受け、一度キープと見せかけて相手を誘い込んで入れ替わる。そして追走してきたもうひとりのディフェンダーをスピードで置き去りにし、必死にユニフォームをつかんだ相手にイエローカードを出させた。

 後半途中に、チュクウェゼが交代で下がってからは、右サイドでプレー。裏に走り込んだフェル・ニーニョに対し、得意の左足で鮮やかなラストパスを送って見せ、非凡な技術を示した。また、直後にはドリブルの駆け引きでファウルを誘発し、FKを獲得している。

 81分に交代で退くまで、久保はチームの中で機能していた。

「エメリは、(レアル・ソシエダ戦で)真実のチームを手にした」

 スペイン大手スポーツ紙『マルカ』は、この日のビジャレアルを高く評価している。戦術家エメリの色が濃く見えた試合と言えるだろう。

 もっとも、これもプレシーズンマッチのひとつに過ぎない。相手のレアル・ソシエダは、ミケル・オジャルサバル、ミケル・メリーノ、ディエゴ・ジョレンテ、ダビド・シルバなど主力が代表招集やコロナ感染で欠場。後半は、Bチームに近い陣容だった。ビジャレアルも、エースのジェラール・モレノやパウ・トーレスがスペイン代表に呼ばれていた。

 あくまでも、本番前の前哨戦だ。

「(新しい監督が来て)変化を懸念する声もあるが、新たなアイデアを融合させるために、トレーニングを重ねている。そのためのプレシーズンで、3週間は、戦術を理解しながら、ミスを修正しているところだよ」(ジェラール・モレノ)

 久保は、プレシーズンの変化の中で着実に力を見せつつある。ひとつのポジションにはこだわらない。昨シーズンまで在籍していた主力、サンティ・カソルラに近い役割になるのだろうか。トップ下を中心に、攻撃的なポジションならどこでもやってのけることになるはずだ。

 そして、左利きの指揮官エメリはレフティーを好むところがある。久保の利点を引き出す算段を整えているはずだ。その答えが出た時には、久保が"変化するビジャレアルの象徴"となるのかもしれない。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuk

引用元:

 

1:名無しさん@さかまと!

ソシエダ戦はチームに溶け込めてた。
右とトップ下の序列が二番目なのが現状だが、今年はELもあり試合数も多いので出番が必ず回ってくる。パレホ、コクランもいるし、ビジャレアル今年とても楽しみだな。

 

2:名無しさん@さかまと!

プレシーズンということもあり、今は戦術的な部分を刷り込ませている段階と感じた。戦術的にプレスをかけたり、空きスペースに走りこんだりと、前線はレギュラーメンバーも不在で、アピールして出場機会を得たい選手達が戦術的というよりも感覚的にプレーする選手が多い中で、久保選手はより戦術的なプレーに終始していたように感じた。マヨルカの時もFC東京の時も、チーム全体を把握した後に、久保選手の全身全霊のプレーがスタートしたように、バリバリの久保建英が見れるのは、まだ先になるような気がする。

 

3:名無しさん@さかまと!

たった3試合でもう場所が見つかってるなら異常な速さだよ
久保の天才的な才能としか言えない
普通に考えてビジャレアルのようなクラブに19歳、
まだリーガで1年の経験しかない選手が
たった数試合でスタメンになれるぐらいフィットしてバリバリ活躍できるわけがない
新加入のベテランのコクランやパレホでさえプレシーズン地味で、
まだフィットしてないしミスも多い
次世代スターと評価の高い久保には
スーパーな活躍を期待してしまうんのだろうけど、メッシではないから。
ただスペインではさすがに日本と違い冷静で誰も心配してない
今日の試合も得点に直接絡まなかったが、久保の貢献度、質の高さに
評価は高く、みなが今季の久保が楽しみと言っていた
日本は久保しか見てないニワカが、ミスが多いとかいって
久保が一番よくなかったかのように言ってるが
現実にはチームの中でもミスは少なく、むこうではトップクラスに評価されてる

 

4:名無しさん@さかまと!

シーズン終盤のサイドからのドリブルほど派手な目立ち方は素人目からするとあまりなかったように思えたけど、チームに順応してきているのはわかった。
パスが来なければちゃんと要求してたし。
気付いたらシーズン中盤になる頃にはチームを牽引してそう!と期待してしまう!!

 

5:名無しさん@さかまと!

この日のビジャレアルはプレスや相手ボールになってからの寄せが良かった。久保君もそれに溶け込んでいたように見えた。
言葉の壁も無いし、戦術を理解して動けてる点は大きなアピールになったと思う

 

6:名無しさん@さかまと!

新加入同士のパレホと上手くやって行けそう。
ディフェンスはマジョルカで散々やったから、その点良さが出てた。

 

7:名無しさん@さかまと!

彼はメンタルも含め頼もしい、やってくれるんじゃないかな!

 

8:名無しさん@さかまと!

壁があれはあるほど成長しそうな感じ。
賢いんだろうなー。

 

9:名無しさん@さかまと!

適応はやっ!

 

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.