移籍・契約関連情報

「マドリーの宝の未来は…」久保建英、来季もレンタルが確実!? 気になる新天地は“2クラブ”に絞られた?

記事の内容

「マドリーはクボが徹底的に鍛えあげられることを望んでいる」

 2019-20シーズンのラ・リーガが終わりを迎え、各クラブの新シーズンに向けた動きが加速している。

 そんななかで、俄然注目を集めているのが、レアル・マドリーに籍を置いている久保建英の去就だ。

 今シーズン、レンタル先のマジョルカで躍動した久保は、1年目のラ・リーガで32試合に出場して4ゴール・4アシストをマーク。とりわけ中断前後のパフォーマンスは圧巻で、各国メディアから賛辞を贈られる内容だった。

 堂々たるシーズンを送った久保だが、やはり来シーズンもマドリーには居場所はないと考えられている。EU圏外選手枠の問題もあって、保有元への復帰が困難となっているためだ。

 実際、マドリードに拠点を置き、マドリーの贔屓紙としても知られる『Marca』も、久保のレンタル続行を報じている。同クラブが今夏に移籍市場における放出候補を紹介した記事内で、ハメス・ロドリゲス、ガレス・ベイル、マリアーノ・ディアス、ルカ・ヨビッチをリストアップしたうえで、日本代表MFもチームに残れないとした。

「マドリーの未来の宝であるマーティン・ウーデーゴーとタケフサ・クボは、少なくとも、あと1シーズンは完全復帰を待つ必要がある。とくに日本人の場合は、セルヒオ・レギロン(セビージャ)のように外で修業を積む必要がある」

 では、有力な候補はどこになるのか? 『Marca』と同様にマドリードに拠点を構える全国紙『AS』は、以前から噂されているレアル・ソシエダとレアル・ベティスの名前を挙げた。

 同紙は、「マドリーはクボが新天地で徹底的に鍛え上げられることを望んでいる」と伝えたうえで、前述の2クラブが有力候補となる理由を綴っている。

「マドリーは今夏に貸し出したウーデゴーをたった1年間で大きく成長させたサン・セバスティアン(ソシエダの本拠地)での育成方法を気に入っており、ソシエダも日本人を気に入っている。一方でベティスは、元マドリーの指揮官であるマヌエル・ペジェグリーニが新監督に就任し、クボが好むチームのスタイルであることが、移籍先候補として有力視される」

 ミランやパリ・サンジェルマン、セルティックなどスペイン国外の名門クラブからの関心も取り沙汰されている19歳は、果たして何色のユニホームを着て、新シーズンを迎えるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2a51f89c46da74d4fdeea72944834aea8de21c6e

 

1:名無しさん@さかまと!

前から育成に定評あるし、イマノールのもとで良いサッカーしてるし、ELも出れるし、ソシエダに行ってほしけどな

 

2:名無しさん@さかまと!

この2択ならソシエダかなぁ。ベティスはサポーター熱いし個人的には好きなチームだけど、浮き沈み激しいからなぁ今季も15位だし。

 

3:名無しさん@さかまと!

1年目は「18歳の日本人」とみられてて衝撃も大きく
歓迎ムードだったでしょうね

でも次のシーズンはこのままいくと名前が知れ渡って2年目の結果は
かなりシビアな目線で見られるでしょうね

始まる前から言葉にしたくないのでこのへんにしておきますが
プレッシャーを考えるとELに出れるソシエダも
少しハードルが上がるので方向性がよさそうなベティス
が良いかなって気がします

他にもスペインの中位くらいのチームは
いい経験になりそうな気がします

 

4:名無しさん@さかまと!

ソシエダは理想的なクラブだが、レアルからの育成レンタル選手をスタメンに二人も入れるのはクラブのシステムとして歪過ぎる。

 

5:名無しさん@さかまと!

ロドリゴをレンタルに出して
久保くんをレアルに戻せばいい。
その方が成長が早い。

バルサでどう見ても久保くん以下のレベルの
リキプッチがなんだかんだ試合に出て
だんだん良い選手に育ってるのが見てとれる

ジダンの元でやるべき。

 

6:名無しさん@さかまと!

バスクダービーとアンダルシアダービー。久保くんはどちらのチームでも大活躍、地元の英雄になりそう。
ベティスのホアキンと一緒のところみたいなあ。

 

7:名無しさん@さかまと!

金額的には物凄いお買い得物件。大半のクラブがレンタルして欲しいんじゃない?

 

8:名無しさん@さかまと!

最新トランスファーで37億になった。
日本人一位、アジア人2位。

 

9:名無しさん@さかまと!

ここは信頼のソシエダに預けるのが
モアベターだと思うわ

 

10:名無しさん@さかまと!

別に2択じゃないと思うが
セビージャやアトレティコのオファーの話もあったし

久保はもう適応期間は終わって、来季は確固たる結果を出すためにも
自分のクオリティを存分に発揮できるレベルの高いクラブ
安定して強いクラブ、最低EL出場のクラブに行かないとだめ

ベティスは安定せず選手の扱いもわるく
様々な危険要素が多いので避けたほうがいい

グラナダもほとんどの歴史で2部以下だった弱小クラブ
今季はプリメーラ7位と飛躍したけれど来季も維持できるかは正直難しいと思う
圧倒的に上位クラブと比べて経験が少なすぎる
こういうクラブに経験が少ない久保を入れてまたマジョルカのように
一人頼られ責任背負わされそうで、これもリスクが高い

やはりソシエダ、ビジャレアル、セルビア、アトレティコ
このレベルに入れば取りあえず自分のことだけに集中できる環境だと思う

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-, , , ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.