特集・コラム・インタビュー

バルサが逃した“BIG FISH久保建英”大海に放たれた才能と「悔恨」

記事の内容

 逃した魚は大きかったのかも知れない。

 マジョルカで残したインパクトは絶大だった。久保建英の評価はスペインをはじめヨーロッパで日に日に高まっている。その久保の才能を最初に見つけたのはバルセロナであった。

■久保の第一発見者

 10歳でスペインに渡り、ラ・マシア(バルセロナの育成寮)で育った久保。当時、バルセロナはジョゼップ・グアルディオラ監督の下で黄金期を謳歌していた。リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、ピッチ上で躍動するアイドルたちに憧れない少年はいなかった。

 だが2014年に状況が一変する。18歳未満の外国人選手獲得と登録に違反があったとされ、FIFAからバルセロナに処分が下される。詳細には、バルセロナがFIFAの移籍条項第19条の未成年者の国際移籍を禁止する規定に違反したというものだ。

 FIFAが問題視したのは2009年から2013年の期間のバルセロナの育成年代の選手獲得・登録だった。当時、バルセロナのカンテラの10選手が被害を被る形で公式戦に出場できなくなった。そのうちの一人が、久保だった。「なぜプレーできないのか分からなかった」と久保自身が語っている時期である。

 2015年3月に、久保は日本への帰国を余儀なくされる。それでも、FC東京に入り、日本代表に選出されるまでに成長した。だがプロ契約が可能になる18歳を迎えた久保を獲得したのはーーバルセロナではなく、マドリーだった。「タケが求めているのは勝利だけ」とスペイン『バングアルディア』に話すのは久保を"発見"したオスカル・エルナンデスだ。

「私が初めてタケを見たのはバルサのスクールでダイレクターを務めていた時です。福岡のサッカーキャンプに来ていました。1週間、120人の子供を見ましたが、彼はずば抜けていた。2010年4月にタケの情報をクラブに送りました。バルサのプロフィールを100%満たしている選手だと添えて」とオスカルが回想する。

 ただ、オスカルに全員が同意したわけではない。「日本人選手を獲りたいと言われて、最初は冗談かと思った」と育成部門で働いていたアルベルト・プッチは笑いながらも正直に告白している。ただ、オスカル曰く、実際に久保を見たバルセロナのコーチングスタッフは「一日で納得した」という。

■プロフィール100%

 バルセロナのプロフィールを100%満たす選手。その久保を、なぜバルセロナは確保しなかったのか。もっと言えば、バルセロナは久保を逃してしまったのだ。昨年夏、久保の再獲得に動いていたのは周知の事実である。

「タケはバルセロナに戻るというアイデアに刺激を受けていました。しかし、代理人を変えたこととレアル・マドリーのプロジェクトがシチュエーションを変えてしまった」とはオスカルの弁だ。久保はその頃に代理人をアルトゥーロ・カナレス氏からロベルト佃氏に変更したといわれている。

 皮肉にも、今季のバルセロナはリーガエスパニョーラの優勝こそ逃したものの、リキ・プッチとアンス・ファティという期待のカンテラーノが象徴的に活躍した。

 ファティとは、カンテラ時代にチームメートだった。だが、ファティはバルセロナの選手に、久保はマドリーの選手になった。

 久保はバルセロナに戻りたがっていたーー。第一発見者のオスカルの言葉がリフレインする。ボタンのかけ違いが、数奇な運命を呼び起こした。それでも物語は続く。そして、どんな続編でさえフットボールの世界では除外されない。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c486d9dee5211c8f6bc7ef4e696d9027e795134d

 

1:名無しさん@さかまと!

結局バルサが久保を軽く見ていただけの話。
どうせうちにくるからとりあえず契約しとけばいいと。
もしこれがメッシだったらそんな粗末な契約はしない。
バルトメウの怠慢です。

 

2:名無しさん@さかまと!

バルサが甘く見ていただけのこと。日本人だから偏見もあったのかな。
同じ才能、実力でブラジル人かアルゼンチン人だったらもっと真摯に向き合ってたと思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

おかげでバルサのメソッドを持ったレアルの選手というハイブリッドなサッカーが生まれるかもしれないからね。
ストレートにバルサを体現できる選手としてバルサのトップでやるより面白い存在。

 

4:名無しさん@さかまと!

今でも日本人の工作員を使って、必死で久保選手のイメージの低下を目論んでいますからね
久保選手がバルサを避けたのは、バルサBで2年間塩漬けされることに納得しなかっただけで、
お金でレアルを選んではいないなんて皆分かっていますから
レアルもレアルBの予定だったのに、久保選手の意向にそってマジョルカへレンタル移籍をしてくれていますから
どちらが1選手として大切に思ってくれているか一目瞭然です

 

5:名無しさん@さかまと!

1年で30億、来年以降更に飛躍するかもしれない10代の選手の価値を見抜けなかったバルサが悪い。
同じ条件ならバルサを選んだと思う。
逃した魚は大きかったとバルサに後悔させて欲しい。

 

6:名無しさん@さかまと!

バルサとしては「うちの選手が戻ってくる」
という意識しかなかったんじゃないかな。
客観的に見ればまだ十代で日本代表の有望選手がフリーだったわけで
選手としての久保のポテンシャルを見誤ったことに加え、
他のクラブも獲得に動くということを軽視していたと言わざるを得ない。

 

7:名無しさん@さかまと!

向うから来るさ、だって俺らはバルサだもん。
と、胡坐をかいたからさ。
日本でも昔はあったでしょ、野球は巨人。それと一緒の考え方だよ。
結局逃した魚は大きすぎて、チームが食われかねない状況になってしまうって事だろうね。
でも久保選手にとっては非常に良い選択だったんじゃないのかな?

 

8:名無しさん@さかまと!

逆に言えば、レアルは大金を払ってでも獲得したかった事から、レアルの方が久保の才能を見抜いていたのかもね。
会長がレアル戦のときに怪我だけは絶対させるなと言ってたみたいだし、なんか日本人としてこういうのうはちょっとうれしいよね。

 

9:名無しさん@さかまと!

元々が15歳で帰国を余儀なくされたとはいえ 超難関のバルサ育成のラ マシアに入り
各カテゴリーの代表に選抜された大会でのMVPも選ばれた事もあり
言わば世界のエリート それが久保建英

 

10:名無しさん@さかまと!

下らない慣習と小さな金をケチって大きな魚を逃した。
たった1年で久保の市場価値は3000万ユーロ
久保だけでなく、エリック・ガルシア、ベルナベらもシティに流出させてるし、今のバルサフロントは本当に無能

 

11:名無しさん@さかまと!

バルサは久保はどうせ戻ってくるだろうという甘えや慢心があったってことだよ。
投資対象として正当に評価したのはレアル。
バルサは自分のとこのイズムを完璧に備えた天才を逃したマヌケ。
致命的。

 

12:名無しさん@さかまと!

ただ、現時点では、いずれ脅威になるであろう、という才能を
悔やんでいるのであって、まだそれほど大した成果はあげていない。
いずれ真にバルサを悔しがらせるような、大活躍を見せて欲しい。

 

13:名無しさん@さかまと!

レアルに戻って、バルサと対戦し、久保にやられたという試合が、観れる事を待ち望んでるぜ。

 

14:名無しさん@さかまと!

バルサは完全に失敗している。育成中心でチームの黄金期を作ってきたのに…。
久保とファティーなんて、考えたらワクワクするようなコンビなのに。
まぁ、久保はロドリゴとヴィニシウスと組んでレアルの黄金期を作ってほしいね。
本当の試練はここからだよ。

 

15:名無しさん@さかまと!

レアルは久保選手を評価した給与で提示したのに対し、バルサはなめくさった給与で提示したらしいですね。
バルサに行っても、どうせBで試合に出てたろうし、今みたいな評価になってないでしょう。
結果的に、現状ではレアル移籍でよかった。

 

16:名無しさん@さかまと!

バルサは久保選手にカンテラ出身者への流儀を当て嵌めたわけだけど、
その認識が甘く、ひいてはJリーグをなめてたということ。
いい気味だね。
この先10年、バルサを困らせて欲しい。

 

17:名無しさん@さかまと!

確かに久保選手のプレーからバルサの匂いが凄くするし、バルサの水が合うように思いますが、
今はバルサの遺伝子を持ちながら、マドリーで堂々とプレーする姿が少しずつ近づいてくるのを楽しみに観ています。

 

18:名無しさん@さかまと!

バルサは結果的にFC東京やJリーグのサッカーをアマチュアと同等と評価したのです。久保君、悲しかっただろうね。

 

19:名無しさん@さかまと!

バルサにとって久保選手のイメージはカンテラの頃と変わってなかったんだろうな。
Jでの活躍や成長曲線を無視してたから、例えばファティより好待遇なんて決断できなかったんだろう。

 

20:名無しさん@さかまと!

手元でずっと見ていたら、ありのままの実力で評価したのだろうけれども、
一旦日本に戻ったからね。見方に「日本人選手」というバイアスがかかってしまったのだろう。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.