特集・コラム・インタビュー

エスクデロ父「小林悠の決定力に脱帽です!」

記事の内容

 実兄のピチは、あのディエゴ・マラドーナと共にワールドユース東京大会(1979年)で世界一となった右ウイング。息子は、栃木SC所属のエスクデロ競飛王。自身は、元アルゼンチンユース代表&ビーチサッカーアルゼンチン代表であるセルヒオ・エスクデロ。

 昨年末から、川越市のフットサル場で自らスクールを始め、この程、埼玉県のジュニアユース、トリコロールFCのコーチとなった彼に、7月22日に行われたベガルタ仙台×川崎フロンターレについて聞いた。

 このところ僕はFC東京を褒めてきましたが、昨日の川崎フロンターレの試合ぶりは圧巻でした。前半終了時点で0-2とリードされていたのに、ひっくり返して勝利を収めましたね。

 決定的な仕事をした小林悠には脱帽です。彼がピッチに立って、川崎Fは見違えるチームになりました。

 小林は2得点1アシストと、素晴らしいパフォーマンスでした。チームの調子もいいのですが、小林がピッチにいるだけで川崎Fの選手は安心しますね。背番号11につなげば、絶対に何かやってくれるという信頼感があります。

 小林は、あまり体は大きくありませんが、ヘッドも強いし、右足でも左足でもゴール出来ます。ベガルタ戦の最後のボレーシュートは、とても美しかったです。

 家長昭博の冷静なゲームメイクとキラーパスも効いています。家長も小林もベテランならではの精神的強さを見せますね。彼らに加え、もうしばらくしたら、中村憲剛も復帰するでしょう。中村リーダシップと存在感が、川崎Fに計り知れないプラスを生むのは言うまでもありません。川崎FとFC東京からは目が離せませんよ。

 各チーム、FWに強い外国人を置く傾向にありますが、そういった選手たちを相手に小林がどのくらいシュートを決め続けるかも今季の見所の一つだと僕は思います。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20200724-00189617/

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.