特集・コラム・インタビュー

超ストイック川口能活が「彼は僕以上」と認めた唯一の選手を告白「一番驚いたのは…」

記事の内容

超ストイックで知られた守護神が明かす食のエピソード

 サッカー元日本代表GKの川口能活さんが5月14日に行われる第2回「スポーツ×食 オンラインセミナー~世界と戦うアスリートだけが知っている 明日から『食』でもっと強くなる方法~」にゲストとして出演する。ワールドカップ(W杯)4大会に出場し、43歳まで現役生活25年を送った“炎の守護神”。食に関して超ストイックで知られた名GKはイベントに先立って「THE ANSWER」の取材に応じ、食にまつわる秘蔵エピソードを明かした。

 ◇ ◇ ◇

 現役時代は1日5度体重計に乗り、体重管理を徹底するなど、食とコンディション作りに高い意識を持っていた川口さん。

「マイアミの奇跡」と言われたアトランタ五輪、黄金期を築いた横浜マリノス(現横浜F・マリノス)、W杯に4度出場した日本代表など、25年にわたる現役生活で数々のトップ選手とプレーしてきた。その中で、一人だけ自分よりもストイックだったと思う選手がいる。

「僕より唯一、もっとストイックにやっていたのは中澤佑二選手かな。彼は僕以上でした」

 日本代表で長く同僚だった中澤といえば、W杯に2大会出場。リーグ戦178試合連続フルタイム出場という前人未到の記録を残した鉄人として知られるが、食の意識も際立っていた。揚げ物も酒も一切摂らず、現役生活20年間、唐揚げを食べたことがなかったことは有名な話。

 川口さんはこう証言する。

「普段はどうか分かりませんが、一番驚いたのは食事会場で飲み物はウーロン茶しか飲んでいなかったこと。それでよく脱水にならないなと思いましたが、本人なりの強いこだわりを感じました。僕が合宿でオレンジジュース、低脂肪牛乳を飲んでいても、僕が見た範囲では中澤選手はオレンジジュースも牛乳も飲まない。自分で決めたことを貫く、僕以上にストイックな男でした」

 川口さんは海外でのプレーも経験した。26歳からイングランド2部のポーツマス、28歳からデンマーク1部のノアシェランに在籍。欧州の食文化と海外選手の意識もキャリアにおいて、気づきになったという。

「チームから出される食事は考えられていた。それを忠実に取っていたけど、日常生活はそうじゃなかった。もともとビールが好きで、必ず食事にお酒が入っていた。でも、彼らは食べなくても体ができ上がっていた。彼らがもっと栄養学を勉強すれば、もっとすごい体になっていたと思います」

 ただ、こう付け加え、日本代表の思い出も明かした。

「まず、欧州トップクラスの選手はすごくシビアな食事を取っていると思います。マンチェスター・シティのグアルディオラ監督もかなり厳しく食事について指導していると聞いたことがあります。それでいえば、日本代表のトルシエ監督もかなり厳しかったですね。

 一番に言っていたのは『豚肉は取るな』と。今は研究が進んでビタミンB1が疲労回復に良いとされているけど、当時はそういう認識ではなかったので。ホテルのビュッフェ形式の朝食からチェックしていて『ソーセージは絶対食べるな』とも言っていましたね」

 現在はU-24の五輪代表のGKコーチを務めるなど、次世代のタレントの育成に尽力している川口さん。多くのトップ選手と過ごし、長年のキャリアで培った経験は、逸材たちにとって貴重な財産となる。

 

1:名無しさん@さかまと!

あのヨルダン戦は忘れられない。まさに鬼神の如く立ち塞がった神セーブ。
PKを止める時の川口は何となくわかるんだよね。
変な意味じゃなく目が座ってる感じがして、ああ、止めそうだなって感じる。

2:名無しさん@さかまと!

運動生理学も栄養学もその時代時代で効果がどんどん裏返る。
大事なのは身体の声を信じて、体験を重ねて自分に合ったものを見つける事かな。

 

3:名無しさん@さかまと!

中澤は10代の頃はプロになるレベルの同世代とは背中も見えないほどの差だったと思うんだけど、あっという間に抜き去って頂点まで行ってしまったよね。
理由は色々あるんだろうけど、やはり成長期に身体を大きくするためにするべきことをしていたのも大きいんでしょうね。
サッカーに限らずだけど、「成長したい」「コンディションを維持したい」とはよく言うけど、そのために一番重要な食事と睡眠って思いのほか軽視されてますよね。

 

4:名無しさん@さかまと!

中澤は、サッカー選手全員がライバルだから連絡先は誰も知らないし、チームの飲み会も欠席するスーパーストイック。
高校時代も、厳しすぎて同級生の友達ゼロって本人がテレビで言ってた笑

 

5:名無しさん@さかまと!

フィジカルお化けの日本史上最高のプレーヤーである中田英寿さんは基本少食で、
スーツケースいっぱいにカップラーメンを入れて
お菓子大好き、野菜一切食わない偏食家。
内村航平やイチローなど偏食家は多い。
マラソンの川内は逆にマラソンランナーでは異例の大食漢。
結局体はそれぞれ。自分がベストと思える食事がベストなんじゃ無いか思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

中澤は夜もサッカー関係の仕事がなければ10時までには寝るようにしてたんですよね。
高校時代の通学は、毎日隣町にある自宅から三郷工業高校への道のりをランニングしてた、と直の後輩だった人が言っていた。

 

7:名無しさん@さかまと!

栄養についてのこだわりはトレーニングの内容に匹敵する価値を持っていると思います。
本質的に競技レベルの差は別次元かもしれませんが、
アスリートにとってフィジカルコンディショニングは競技に直結してブロとしての自覚が問われる部分です。
日本人の世界との体格差を埋めるには意識せねばならない重要な要素で中澤選手の名前をきくと聞くと納得します。

 

8:名無しさん@さかまと!

汗をかく仕事で水だけを補給するのはダメ。同時にNaも補給しないと低Na血漿になる。
意識レベル低下→死ぬこともあり得る。
水だけでなく電解質補給を意識してほしい

 

9:名無しさん@さかまと!

食事管理はある程度は必要だろうけど、ストレスになるほどし過ぎなくてもとは思う。
長谷部も普通に食べたい物食べると言っていたし、それでも大きな怪我は少ない。

 

10:名無しさん@さかまと!

日本歴代のキーパーで一番PK止めてた気がします!
あの頃は、ワクワク感半端なかったな!
今の日本代表にも期待したい!
俊輔と遠藤がフリーキックを蹴る前とか
ワクワクが凄かったな!

 

11:名無しさん@さかまと!

磐田の福西が中澤をからかって目の前で焼き肉を食べたのは有名な話。
中澤本人はかなり根に持ってたみたいです。

 

12:名無しさん@さかまと!

食ってもちろん大事なんだろうけど、時代によって食べていいもの悪いものが変わるから難しいよね。
ストイックに守る選手もいればストレスになるからそこまで拘らない選手もいる。

 

13:名無しさん@さかまと!

プレミアリーグも試合後にビールが出てたと
ベンゲルがアーセナルに入った時に
書かれてるもんね。
最近でこそ栄養学は当たり前だけど
前は結構いい加減だったんだろうね。

 

14:名無しさん@さかまと!

側から見たら、すごいストイックと言う事も本人にしたら逆にそうしないとストレスというのはあるのかと!
自分に合ったやり方が1番大事かと!

 

15:名無しさん@さかまと!

ジーコがアントラーズ来て一番ビックリしたのが、選手の技術の低さより食生活の意識の低さだって言ってたよね

 

16:名無しさん@さかまと!

自分も学生時代トレーニングして食事制限してた時もあったけど
プロ生活ずっとそうやってすんのはスゴすぎやわ!
ストイックすぎ!!

 

17:名無しさん@さかまと!

大舞台ほど凄いのが川口だった。
しびれるよね

 

18:名無しさん@さかまと!

俺の中ではよっちゃんがやっぱ日本人歴代ナンバーワンゴールキーパーなんだよな。
2番目が楢さん、3番目が永嗣、4番目が権ちゃん、5番目が周作、6番目がシゲさん…

 

19:名無しさん@さかまと!

中田ヒデはお菓子ばっかり食べててスゴい体になるんだからよく分からないよね。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.