特集・コラム・インタビュー

【インタビュー】スイス1部グラスホッパーMF川辺駿「スイスリーグはステップアップするには良いリーグ、もっと日本人に来て欲しい」

記事の内容

川辺駿、Jリーグ→欧州初挑戦の訳 「想像以上」だったスイスで実感…日本と「違いすぎる」点とは?

 欧州トップリーグへどのようにたどり着くかは人それぞれであり、さまざまなところに可能性がある。イングランドやスペイン、ドイツといったトップリーグの2部からスタートする選手もいれば、オランダやベルギー、オーストリアというリーグでステップアップのきっかけを探す選手もいる。そうやって世界中の選手がしのぎを削っている。

 日本の中でも「ヨーロッパ移籍なら5大リーグ(イングランド、ドイツ、スペイン、イタリア、フランス)へ行かなきゃ意味がない」と言う声も少なからずあるが、ステップアップリーグでプレーすることで得られるものは決して少なくはない。

 2021年7月にサンフレッチェ広島からスイス1部の名門グラスホッパーに移籍し、22年1月にプレミアリーグのウォルバーハンプトンと契約を結んだMF川辺駿もそのことに同意する。(取材・文=中野吉之伴/全4回の2回目)

   ◇   ◇   ◇

「ポジティブな点はいろいろあると思います。個人的なことで言えば、まずヨーロッパクラブのスカウトに見られる人数、頻度が違いすぎるんです。自分が半年でウルブス(ウォルバーハンプトン)と契約できたのもそうやって観られる場所にいたからだと思います。ウルブスがグラスホッパーと提携しているというような関係性もこっちにはある。それだけではなく、スイス国内でも見られるし、スイスと隣接している国からは、日本でやっているよりは間違いなく見てもらえる。『どこどこのスタジアムに、どこどこのスカウトが来てたよ』という情報も入ってきますね」

 スカウティングに関しては、最近はオンラインで世界各国の試合映像が手に入るため、遠くの国の選手情報も得ようと思えば得られる。ただ、物理的な距離感というのはまだまだ大きく、ヨーロッパの方が注目はやはりされやすい。ヨーロッパの大きなマーケットに入っていれば、活躍すれば見に来てもらえて、「オッケーだったら取ろう」と移籍話がスピーディーに進む。

「日本だと活躍しているけども、こっちのネットワークにひっかからないというのがあるかなと。それがこっちに来た一番の理由でもありますね。こっちの土俵に立つというか、こっちに来てどれだけできるかを示して、上がっていくのが必要だった。なかなか日本人がドイツのビッグクラブへというのは簡単ではないと思う。もちろんあるとは思いますけど、こういう道も重要かなと」

環境が整っているスイス「ここから上にいくという意味では、いい場所」

 同じくグラスホッパーでプレーするDF瀬古歩夢も同じような思いを持ってスイスへ渡った。オファーを受けて悩むこともなかったそうだ。

「即答でしたね。一番仲のいい鈴木冬一がスイスでやっていたのもあった。セレッソ大阪でやってきて、自分の中で環境変えなきゃいけない時期と分かっていた。すぐ『行きます!』と」

 コンフォートな環境から抜け出して自分と向き合うこと。さらなるレベルアップを願うなら、どこかで新しく厳しい環境に飛び込んでいくことが必要になる。

「日本も素晴らしいですけど、言葉も通じないところに飛び込んでいかなきゃいけないなって。日本でずっとプレーしていたらいけないなって。こっちにきて大事な部分でマンツーマンなので、やりがいを感じている。それを求めてこっちにきたので」(瀬古)

 欧州では守備においてマンツーマンでの対応が非常に重要にされる。もちろんチームとしてゾーンやボール・オリエンテッドな守備戦術はあるが、終始カバーがある状況なわけではない。そこで止められない、運べない選手は活躍の場を失っていく。自分のところでマークを外されたらピンチの責任はすべて自分という環境がそこにはある。

「おっしゃるとおりで、今のサッカーはフィジカル、スピードが主流になってきている。日本とまた違ったサッカーを自分の頭に入れ込めば、これから先、何があっても対応できるようになると思う」(瀬古)

 トップリーグではないから意味がない、ということではない。レベルも決して低いわけではない。川辺はスイスリーグに好感を持っている。

「結構いいんじゃないですか。もっと注目されていいと思います。みんなが知ってるようなバーゼルとかヤングボーイズとかはもちろんCL(UEFAチャンピオンズリーグ)やEL(ヨーロッパリーグ)に出てます。だから日本人がもっと来られるように、自分が活躍して、毎シーズン誰かがスイスでプレーするようになってほしいと思います。4大、5大リーグの注目度やレベルの高さではないかもしれないですけど、若い選手も多くて、ここだったらブンデスリーガが近いので、そこへステップアップしたり、フランスやイタリアも近い。ここから上にいくという意味では、いい場所だなと思っています」

 また、初めての海外挑戦となるとサッカー以外にも普段の生活からもカルチャーショックを受けることが少なくないが、ことスイスに関しては馴染みやすさもある。練習環境などは相当整っており、治安も悪くない。

「きれいなんだろうなぁってイメージだったんですけど、でも想像以上にきれいなのと、あと安全というか、怖さは全然ないですね。道路とかもきれいだし。夜でも1人で普通に歩ける。不自由は全然ないですね」(川辺)

 サッカーに集中して取り組める環境があり、そこから先へのステップアップも自分次第で拓けてくる。そんな移籍先の選び方もどんどん考えられるようになったら、素敵なのではないだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/172b662ea2e57f488d0bceaaa3baf8a00e999c05

 

1:名無しさん@さかまと!

選手達が海外移籍を希望するのは、より高みを望むから。それ以外に理由はない。 特にフットボールの世界では欧州が抜きん出ている。 そこで成功を収められるか否かは本人次第。たとえ成功しなかったとしても、チャレンジした時点で彼等は勝者だと思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

記事に書かれてる通りヨーロッパでやるメリットはスカウト網にかかることが一番でかいよね。Jリーグでも試合を見てもらうことはできるけどスカウト側の事情としてJリーグと売りたいチームとのリーグの物差しがまだ曖昧なことが大きいと思う。特に守備的な選手はJで活躍しても五大リーグでやれるかはいまいちわからない。

 

3:名無しさん@さかまと!

川辺選手の言う通りで5大リーグのスカウトに見られる機会が多くなるのが一番高いメリットだと思います。そう思うと、いきなりブンデスの名門であるドルトムント、シャルケや、イタリアのチェゼーナのスカウトの目に留まった香川選手や内田さんや長友選手は相当な実力と運が備わってたんでしょう。当時は今よりもさらに日本人への注目度は低かったはずだから。

 

4:名無しさん@さかまと!

スイスって治安はよさそうな感じだね。 牧歌的で田舎だけどのんびりしてそうだし でも物価高そうでその辺りはどうなんだろうね

 

5:名無しさん@さかまと!

たしかに南野ももともとザルツブルクで欧州5大リーグでないところから いきなりリバプール行ったしね 川辺もスイスから速攻プレミアだから こういう成功モデル見たら後続く選手も当然出ていくだろうね そのためにもプレミアで活躍だね

 

6:名無しさん@さかまと!

今どき5大リーグに行かないと意味がないなんてファンが居るとは思えないね 5大リーグから外れていようがまた1部リーグではなくても「欧州」という括りの中でサッカーをやることの意味合いは極めて大きいと思う

 

7:名無しさん@さかまと!

日本からどんどん出て、逆にたくさんきてもらう。全体感で言えばいい事だと思います。 該当クラブのサポーターにとっては複雑(選手には頑張って欲しいけどクラブの今後はちょっと心配)でしょうけどね。

 

8:名無しさん@さかまと!

Jリーグは環境が緩すぎるからね。より成長したければ欧州へ行くしかないよ。それが一番のメリットじゃないかな。

 

9:名無しさん@さかまと!

やはりJでやるより見てもらえる機会は格段に違うでしょうから、欧州でやるのはいいですよね。

 

10:名無しさん@さかまと!

スイスは良さげやね。物価も高いけど選手ならなんとかなるでしょう。

 

11:名無しさん@さかまと!

まーサッカー選手は欧州に行ってなんぼの時代 若い選手は どんどん海外に挑戦してほしい

 

12:名無しさん@さかまと!

ポルトガルとかベルギーとか 契約が単純じゃなく、才能を潰される国もあるし 安易にヨーロッパじゃ無いとは思うけどね。

 


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.