ニュース

【鹿島】内田篤人にコーチ就任を打診か?岩政新監督、今日初陣もコーチ組閣が間に合わず…

記事の内容

鹿島でまた”ドタバタ”?!岩政新監督が今日初陣もコーチ組閣が間に合わない

 鹿島アントラーズの岩政大樹新監督(40)が13日、初采配を振るう14日のアビスパ福岡戦(県立カシマサッカースタジアム)へ向けてオンラインでメディアに対応した。レネ・ヴァイラー前監督(48)の電撃解任に伴い、コーチから昇格する形で就任したのが8日。人選を一任されていた組閣が間に合わず、コーチとフィジカルコーチが不在のまま臨む初陣へ、監督代行として5試合を戦った開幕直後と同じ体制で乗り切ると力を込めた。

 緊張と興奮とが交錯する福岡との初陣へ向けて、前日に設けられたオンライン対応。組閣の進ちょく状況を問われた岩政新監督は、まだ終えていないと明かした。
「明日は現状のままですね。最初に一緒にやったメンバーで、という感じです」
 サンフレッチェ広島に0-2で敗れ、直近のリーグ戦5試合で3分け2敗と失速してから一夜明けた7日に、就任1年目のヴァイラー前監督が電撃解任。ドラガン・ムルジャコーチ、マヌエル・クレクラーフィジカルコーチとの契約も同時に解除された。
 今シーズンから古巣・鹿島へ9年ぶりに復帰し、コーチとしてヴァイラー前監督を支えていた岩政氏の新監督就任が発表されたのが翌8日。つまり現状ではヴァイラー体制で2人いたコーチ、そしてフィジカルコーチが不在となっている。
 後任のコーチングスタッフの人選について、鹿島の吉岡宗重フットボールダイレクターは「岩政監督がやりやすい環境を整える必要がある」という理由で新指揮官に一任した。9日にオンライン形式で行われた就任会見で、岩政監督はこう語っていた。
「スタッフに関しては陣容が足りないので、当然ですけどリクエストというか、ここは任せていただけているので、早急に呼んでいる人物もいます。来年も続投させてもらえることがあれば、こういう人物がほしいということもすでに伝えました」
 会見後に自身のツイッター(@_PITCHLEVEL)を更新した岩政監督は、自身を支えるコーチングスタッフの顔ぶれについて、さらに具体的に言及している。
「おそらくこれまでの組閣とはだいぶ違うものとなります。私はコーチングスタッフは多様な人材を集めるべきだと考えています。私に足りない経験や視点を補ってくれる人たち。そして、私に『それは違うんじゃないか』と言える人たち。学び合える集団に」
 もっとも、就任会見でもツイッターでも、岩政監督はコーチングスタッフの組閣に関して「段階を追って補充していきます」と断りを入れている。
 自身をして「まさかこれほど早くとは」と驚かせた監督就任。心のなかで「いつか鹿島で一緒に」と考えてきた人物も、いま現在は別の仕事に就いている。おそらく初陣までに組閣は間に合わないと見越していたからこそ、岩政監督は福岡戦前日の取材対応で「タイミング的にはすごく難しい」と言い、こう続けた。

「日本がシーズン中ですし、ヨーロッパのシーズンも始まった後なので。僕が呼びたいと思った人物はほぼ来てくれそうな状況ではありますけど、(チームへの)合流はもう少し先になると思います。なので、楽しみにしていただければと思います」
 7月に入って失速し、白星から遠ざかったとはいえ、ヴァイラー前監督が解任された時点で鹿島は4位だった。ゆえにサッカー界では驚きをもって受け止められ、大きな波紋も広げた指揮官交代後の初陣をコーチ不在の体制で迎える。周囲から見れば“ドタバタ劇”に映る状況でも、実際に指揮を執る岩政監督は泰然自若としている。
 理由は今年の序盤に特異な経験を積み重ねた約2ヵ月間にある。
 新型コロナウイルス禍で外国人の新規入国が制限されていた影響で、ムルジャコーチのチーム合流は3月9日、ヴァイラー監督とクレクラーフィジカルコーチの合流は同15日と、2月19日のJ1リーグ開幕よりも大幅に遅れてしまった。
 1月11日に始動し、24日からは宮崎市内でキャンプに突入した鹿島の指揮を執った岩政コーチは、そのまま監督代行として公式戦5試合で采配を振るった。特にリーグ戦で3勝1敗の結果を残し、暫定3位でヴァイラー前監督にバトンを託すまでの期間は、岩政監督のなかで「すごく手応えがあった」と位置づけられている。
「いろいろな勝ち方を含めて、自分のなかですごく多様な経験ができたので」
 JクラブのなかでもJ1の規模になると、コーチングスタッフも多岐にわたる。
今シーズンの鹿島はムルジャ、岩政両コーチに加えて、中村幸聖アシスタントコーチ、クレクラーフィジカルコーチ、佐藤洋平GKコーチ、曽ヶ端準GKアシスタントコーチ、有江卓テクニカルスタッフがヴァイラー体制を支えた。
 2人体制のコーチは大宮アルディージャや湘南ベルマーレでFWとしてプレーし、セルビア代表にも名を連ねたムルジャ氏が攻撃面を担当。高さと強さを兼ね備えたセンターバックとして、2007シーズンから達成された鹿島の前人未到のリーグ戦3連覇に貢献し、ワールドカップ南アフリカ大会に出場した岩政氏が守備面を担当した。
 さらにストレングスコーチ、フィジオセラピスト、アスレティックトレーナー、通訳、主務、副務、チームドクターで構成されるスタッフ、そして選手たちを含めた全体をマネジメントし、最終的な決断を下してチームを勝利に導くのが監督の仕事となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/916b7fa6a50e43b9ada46f48cd8d663feccc0b83

 

1:名無しさん@さかまと!

コーチ組閣と言えば、昨年の東京五輪後、U-24メキシコ代表コーチだった西村亮太さんと岩政さんの対談を『フットボール批評』で構成しました。その内容が印象に残っています。
西村さんによれば、メキシコのロサーノ監督は「自分のコーチングスタッフは自分より優れたものを持っている人でなければダメ」「自分より優れた人をスタッフに選ばないと、自分が止まってしまうから」と語っていたそうで、岩政さんも関心を示していました。
日本ではコーチ=下積みというか、自分より経験やキャリアが少ない人が就くケースが多い印象ですが、おそらく岩政さんはそうした従来の組閣ではなく、専門性が高い、自身が学び続けられるスタッフ構成を望んでいるのではと思います。

 

2:名無しさん@さかまと!

緻密な戦術サッカーをやるにしても、柔軟性のあるサッカーをやるにしても、まずはフロントがそれぞれのスタイルに合った優勝争いに食い込めるだけのメンバーを継続して整えることができるかどうかが問題。

 

3:名無しさん@さかまと!

鹿島の吉岡FDは「停滞感のある攻撃戦術を解決できる人」としてレネバイラーを監督に選んだと話していますが、観客から見ればツートップに頼り過ぎで多様性は感じませんでした。
案の定、上田が抜けたら他の方法でカバーすることはできなかった。監督にしたら、この戦力では選択肢がないと言うことになり、エレケ獲得を要請した。
吉岡FDらはそれに応えてつつ、現有戦力の選手評価の違いを最大の理由として解任している。
さて、岩政監督がメリットをとって専門性のあるコーチを招聘し、彼らが実践する方法について、鹿島フロントはどこまで容認し口出しするだろうか。

 

4:名無しさん@さかまと!

鹿島のフロントは、これまでの対応が完璧だとは思わないが、かなりベターな選択をしていると思う。岩政監督には頑張ってもらいたい。
こうして、好きなチームについての様々な記事を読んでいると、Jのサポーターをしていて本当に良かったと思う。
フロントが常に完璧な選択をして、結果的に資金力に比例する結果しか出ないチームやリーグを見ていても、さほど面白くないからね。

 

5:名無しさん@さかまと!

岩政監督就任後、マスコミの取り扱いは非常に期待値が高いものになっているように思える。

 

6:名無しさん@さかまと!

今日の試合、何を表現してくるか楽しみ

 

7:名無しさん@さかまと!

あと1週間あの体制でやったらチームが空中分解するかもしれない、くらいのタイミングだったと思うので、コーチ陣が間に合わないのは仕方がないかな。

 

8:名無しさん@さかまと!

本件フロントに最大の責任があるのは間違いないが、これでいちいちクビを切っていたら今回の反省は何の蓄積もされず、その辺の木端クラブと同じになってしまう。
猛省はもちろん必要。フロントを替えるのではなく、フロントに変わってもらわないと。

 

9:名無しさん@さかまと!

これは岩政の責任でもなんでもないでしょ。

 

10:名無しさん@さかまと!

鈴木満さんの晩期から明らかにおかしくなっていた。
そもそもの要因は伝統に縛られすぎて、それを美化してきたこと。成功体験が忘れられず次のステップにいけなかったことだと思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

岩政がどうこうということでなく、ジーコのコネに頼りすぎて自ら世界を広げてこなかった古い体質のフロントこそ大問題。

 

12:名無しさん@さかまと!

岩政さんに「それは違うんじゃないか」と言える人で内田篤人と小笠原満男が思いついたんだけど、サプライズ期待したい。

 

13:名無しさん@さかまと!

別にドタバタではないだろ。
逆に解任が決まって、たった1週間程度で岩政監督の希望するコーチ陣揃えられたら、レネ解任前から水面下で進めてたとしか思えないからね。
1週間で焦って希望のコーチ陣揃えられないくらいだったら、じっくり揃えていってください。

 

14:名無しさん@さかまと!

これだけ動いたあとで更に勝てない様なら経営陣の失体になるね
岩政監督もこんなプレッシャーの中で本来の力発揮できるのかな?

 

15:名無しさん@さかまと!

別にドタバタってほどじゃなく、想定内。ウッチー誘ってるんだろうけど、早くコーチ、監督を経験し、森保と代表監督を代わってほしい。

 

16:名無しさん@さかまと!

サッとOBやユースから引き上げてって応急処置ってのが普通だろうけど、コーチは岩政がこだわりたいと言ってた部分もあるし、楽しみに待ちたい。

 

17:名無しさん@さかまと!

岩政さんが監督になる頃には絶対篤人がコーチで鹿島を支えてくれるだろうって思ってたけどまさかこれほどはやくなるとは。
いまは篤人は忙しくて無理だろうからコーチ陣どうなるのか。

 

18:名無しさん@さかまと!

鹿島をタイトル取り続けられるチームとして存続させるための人選だからしょうがない。
じっくり後悔しないように鹿島を勝たせたいと思ってくれるスタッフを揃えてください。

 

19:名無しさん@さかまと!

「間に合わない」んじゃなく、しっかり人選を進めていくってことでしょ。先日交代したばかりでどうしろっての。誰でも彼でも形ばかりのコーチを就けりゃいいってわけじゃない。

 

20:名無しさん@さかまと!

チームも、こういう若くて有望な指導者を
大事に育てて欲しい。


-ニュース
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.