ニュース

【朗報】フランクフルトMF鎌田大地の契約延長問題が合意へ、難航の理由は代理人の意向

記事の内容

契約延長交渉が難航しているフランクフルトの日本代表MF鎌田大地(24)だが、どうやら決着がついたようだ。

2018-19シーズンにシント=トロイデンでの武者修行で結果を残した鎌田は、2019-20シーズンはフランクフルトに復帰。開幕から出場機会を得ると、攻撃陣の一角として機能。特に中断期間明けは出色の出来をみせ、ブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグでも10試合で6ゴール2アシストを記録した。

チームを率いるアディ・ヒュッター監督も鎌田への信頼を見せる一方で、鎌田とフランクフルトの契約は2021年6月までとなっており、契約延長について交渉が続けられている。

これまで条件面の問題などが影響し交渉が難航していたが、ドイツ『ビルト』によると、数週間にわたるポーカーが終わり、合意に近づいているとのことだ。

『ビルト』によると、今回交渉が難航した理由は2人の代理人の意見が異なったことだという。トーマス・クロート氏は、最初から鎌田に対してフランクフルトへ残ることを勧めていたものの、ロベルト佃氏は他クラブからのオファーを待っていたとされ、フランクフルトの提示条件をためらっていたようだ。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

ロベルト佃って常にクラブと揉めてばっかりだよね。
日本と欧州両方コネクションがあるからってだけで代理人やってるんだろうけど、日本から欧州に行く選手が増えた今、選手本人たちもちゃんと代理人を選んだ方がいいように思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

そもそも2人体制が謎だけど。ロベルト佃は何がしたいんだ。
選手の意向を聞いた上なのか、どうなのか。もし鎌田が要請してたなら自惚れてるとも言える。
こいつくらいしか有名な代理人がいないのも問題だよね…監督、代理人として有能な日本人が出てきたらだいぶ変わる。

 

3:名無しさん@さかまと!

今オフに移籍の意思があったかどうかは別にして、選手の評価を知るために少し待ったをかけるくらいは当たり前だと思います
実際に他クラブからのコンタクトがあったのか、もっと具体的な話が来ていたのかどうか、みたいなことを選手と共有して現在の評価や今後のキャリアを考えていくのも代理人の大事な役目なのではないかと
鎌田が引退までフランクフルト一筋って意思を固めてるなら必要ないけどさすがにそんなこともないだろうし

 

4:名無しさん@さかまと!

交渉するに当たり、選手本人にヘイトが向かない為の嫌われ役を担うのも代理人の役目
これが代理人の独断なら批判されるべきだし、解雇すべきたが、
さすがにそうじゃないだろう
選手本人の意向を汲み取り、それでいてヘイトは自分に向かうようにしてる
むしろ有能だろ

 

5:名無しさん@さかまと!

汚れ役になって選手を着実にステップアップさせてる日系の代理人ってロベルト佃だけだろ
鎌田、久保、長友、岡崎、柴崎みんないける範囲で一番いいとこいってる

 

6:名無しさん@さかまと!

何かしら折り合いのつかない条件があって難航するのかと思ったら…。オファーが入ってたから契約延長渋るとか代理人としてどうなん?移籍市場じゃよくあることなんかなぁ?

 

7:名無しさん@さかまと!

代理人が自己の利益に走って選手をダメにするケースが多い気がする。

 

8:名無しさん@さかまと!

代理人がハードルになるってどういうこと?
詳しく分かんないけど

 

9:名無しさん@さかまと!

ロベルト佃が金儲けしようとゴネてただけ

 

10:名無しさん@さかまと!

佃オリジナルさっさとやめろ!
揉め事作って選手の邪魔をするな!

 

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.