【試合】前評判・結果・戦評

鎌田大地、セルビア戦のチームメイトに不満「前から必死にプレスして奪った後に、ダラダラ攻撃する意味がわからない」

記事の内容

「リスクを避け過ぎ」攻守に存在感の鎌田大地、前半の課題は「何のために前からプレスに行っているかわからない」

日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)が、セルビア代表戦を振り返った。

11日、キリンチャレンジカップ2021の日本代表vsセルビア代表の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で日本が勝利した。

前半はセルビアの堅い守備の前になかなかチャンスを作れなかった日本。一方で、相手にもチャンスを作らせず、0-0のまま後半へと入る。

すると立ち上がり3分、右CKから鎌田がクロスを入れると、ニアで谷口彰悟(川崎フロンターレ)がフリック。これをファーサイドで伊東純也(ヘンク)が蹴り込み、日本が先制。その後は追加点のチャンスもありながらもゴールを奪えず、1-0で勝利を収めた。

国際親善試合ながら、今回のシリーズで最も力のある相手であるセルビアに前半は苦しめられた日本。

鎌田は「前半からもっとしっかりプレーをしようとするべきだったと思いますし、後半はうまく修正できたと思います」とコメント。

しかし、「良いチームではあると思いますが、世界のトップと比べるともっと普通にできないとダメだと思います」と語り、前半からしっかりと戦える必要があったとした。

また「今日の前半は全然納得いくゲームではなかったし、少しレベルが上がったチームに対して勇敢にボールをつけたり運んだりしないといけない」と、消極的なプレーが多かったとし、

「ボールを取った瞬間もっと早くファーストボールを前につけないと。もっと早くつければビッグチャンスになると思う」と、高い位置でボールを奪った後のプレーが足りないとした。

その点では「ボールを取って落ち着いてしまうとスピーディーな攻撃ができないので、まだまだそこはチームとして向上しないといけないし、要求しないといけないです」と、改善が必要だと語った。

後半はチャンスも作れ、試合内容も改善したが変えた点については

「特に変えてはいないですが、選手のみんなの意識が変わりましたし、DFからボランチにうまくつけたり、ボランチが前を向いてボールを捌けていたかなと。そこは意識が前半から変わったと思います」と、選手個々の意識が変化したとコメント。

「セットプレーでうまく点を取れて、2点目がオフサイドかはわからないですが、良い展開が作れました」と振り返り、

「前半ああいった試合をすると後半体力が持たないと思いました。前半はもっと良くすべきだったと思います」と後半の内容を評価しながらも、前半の闘いぶりを改善しないといけないと語った。

これまでも何度も、早いタイミングや相手を背負っていても前につけて欲しいと語っていた鎌田。この試合では前半特にそのシーンがなかったが

「今のサッカーの主流というか、現代フットボールは前から良いプレスをして、できるだけ時間をかけずにゴールを取るのが主流です」と語り、

「あれだけ前から良いプレスをかけて、良い奪い方をして、攻撃したいと前から守備に行っているので、あれで前から行ってボールを取ってから落ち着くと、何のために前からプレスに行っているかわからないです」

と高い位置でボールを奪う事を今一度考えるべきだと語った。

また「ヨーロッパではインターセプトの瞬間を意識して、チームとしてこうするというのを常にミーティングだったりで選手に意識させていて、あそこで1トップに良いボールが入れば、2列目の選手が前を向いてスプリントができます」とコメント。

「僕につけろというわけではなく、前線の選手に対してつけることで後半はチャンスになっていたので、後半は目指しているサッカーができたと思います」とし、後半のようなサッカーを前半からトライするべきだったと振り返った。

前半が良くなかった理由については「距離感は悪くなく、(南野)拓実くんもよく間に顔を出してくれて、良い関係性ができていました」と距離感が問題ではないとのこと。

「後半と違うのは、ボランチがどうこうというよりは、みんながリスクを避け過ぎていて、後半になると僕に当てて僕がボランチを使ったり、縦に入れることで相手を難しくできていたので、前半からもっとするべきだった」と、リスクを冒さないプレーが多すぎたと分析。

「後ろや横にパスを出すとプレスがどんどんハマっていってしまうので、プレーする勇気が足りなかったと思う」と、メンタリティとして強い相手でも恐れずにパスを出して相手が嫌がる事をすべきだと語った。

 

1:名無しさん@さかまと!

まさにその通り。強豪チームほど縦への意識が強い。鎌田のワンタッチパスについてこれる人少ないよね。
特にそういう面は、5大リーグプレーヤーとその他との差はあると思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

まさにその通りだと思います。バックパス、横パスが多過ぎた。
ボランチに限らず、植田も対人は強いけど、自分のパスに対する自信の無さがプレーの選択に出てる。

 

3:名無しさん@さかまと!

現地にいたイニエスタからすれば、なんで山口蛍じゃなくて橋本使ってるんだ?と思ったと思う。

 

4:名無しさん@さかまと!

適当に出してんのかと思うぐらい、橋本のパスがずれてた。田中碧はオリンピックが終わればすぐにA代表で定着できると思う。

 

5:名無しさん@さかまと!

遠藤航が鈴木啓太からのインタビューで
ボランチに必要なのはチャレンジするメンタル、デュエルで勝つ方法はビビらないことと言ってて、なるほどなーって思ったけど、
改めて眠くなる退屈な試合と、そうでないワクワクする試合との別れ目ってこの辺なんだなって
今日の試合みてそして鎌田の話を聞いて思いましたね

 

6:名無しさん@さかまと!

ボランチ、特に橋本からのパス出しが慎重というか、怖がってばかりいた。
自信なさげなもんだからたまに出す橋本のパスはとんでもないプレゼントパス。
独りでは何にもできないし、やる勇気もない。何のために来たんだ。

 

7:名無しさん@さかまと!

昔中田ヒデも言ってたなぁ。
あの時メディアは中田の縦パスを「キラーパス」なんて言ってたけど、ボールを奪ったらまず前を見てパスを出すなんて当たり前の事だよね。

 

8:名無しさん@さかまと!

やっぱり後ろの質なんだろうね。相手5バックの時には質のいいボールがバイタルエリアに複数欲しいかな。質が悪けりゃ、取られ続けて自信なくすし。

 

9:名無しさん@さかまと!

表現の仕方が当時の代表選手経ちに合わなかったのかもしれませんが、
ハリルホジッチさんの言っていた「縦に速く」という事をここでの鎌田くんも言ってますね。
当時のハリルホジッチさんのW杯予選を考えても6年くらい経って、
やっと中の攻撃の選手から「縦への意識・その速さ」が足りない旨の発言が…

 

10:名無しさん@さかまと!

何より驚いたのは鎌田のサッカーに対する言語化能力
サッカーでもっとも重要な一つ
的確に何がダメでこうしないとイケなかったのかわかりやすい
将来言い指導者になるかも

 

11:名無しさん@さかまと!

確かに…
プレスに行って引っ掛かけて、縦パスが入れば決定的なチャンスになるにも関わらず
バックパスって…
鎌田がイラつくのも分かる。

 

12:名無しさん@さかまと!

鎌田の試合後の分析好きです。
納得感あるし、せっかくボール奪取したのに攻めまでのテンポが遅くて下げざるを得なかったりするシーンが確かに目立ちました。
もう少しワンタッチプレイなどで、前線に早く繋げられるような、ワンチャンス生かせる連携をみたいですね。

 

13:名無しさん@さかまと!

すごくシンプルで分かりやすい。
一番大事なことを正確に分かりやすく伝える。
恐らく海外のチームでも、繰り返し学んでいることだからこそ、
自信を持って伝えることができるんだと思う。

 

14:名無しさん@さかまと!

全くその通り。
日本は縦パスに対してリスクと捉えて、リスクのない横パスに終始してしまうことが多い。
リスクと捉えるより入れることで相手を押し込めて後手に回せるはずなのに。
確かに入れた瞬間は数的不利だし囲まれる危険性があるからそれを避けたいと思う意味はわかるが、それでは有効な攻撃はなかなかできない。

 

15:名無しさん@さかまと!

分析力、伝える力、改めて感心しました。
監督さんも見習って下さい。

 

16:名無しさん@さかまと!

頼もしいね鎌田。

 

17:名無しさん@さかまと!

橋本はミスにビビッてるのか半端なプレーしてて酷かった。
ボール奪取して相手のDFラインが揃ってない場面でも横横の展開が多かったし。
裏への意識が強すぎたせいか縦パスの回数も精度もチグハグだった。自信と遊び心が欲しい。

 

18:名無しさん@さかまと!

力のある選手がこういうコメントを出してくれるのはありがたい。
鎌田は凄いと囃し立てるのではなく鎌田くらい出来て当たり前というメンタリティにならないといけない。

 

19:名無しさん@さかまと!

数試合続いて見ての感想。徐々に代表での存在感が大きくなってる。
やっぱり上手いと思う。そしてプレーで示しているので、言葉に説得力ある。

 

20:名無しさん@さかまと!

確かに。センターバック・ボランチからの供給が無さすぎるとは見てて思った。
橋本は潰せるが、攻撃のスイッチを入れる部分では役不足。
守田も自分は出ていけるが、スイッチを入れる役としては不十分。こうなると、やはり田中なのかな。
少し前までは遠藤 長谷部のボランチだったが、よくよく考えるととてもバランスの取れたダブルボランチだったなと思うな。

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.